老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吹雪の山、銃槍二挺

ラームです(ぺこり)

今回はドンドルマでのお話を。
すでに夜遅く……と言うよりは朝早く(爆)、それまでご一緒していたアタッカーハーフの方々も引き揚げられた後の事。
二人残った自分と喧嘩師さんでガンスで何か行きましょうか、という事になりました。

何にするかなぁ……と大老殿で依頼のリストをぺらぺらとめくっておりましたらば、
目に入ってきたのは雪山クシャルのクエストでした。

そういえば鋼龍の宝玉が欲しかったなと思い出しましたが、
本場のdos古龍を二人がかりとはいえ発展途上期のガンランスで撃破できるかどうか……。
この際超絶でも担ぐかな?と思いつつクシャル戦を提案してみる事に。
ありがたい事に喧嘩師さんには快諾を頂き、
さらにその時の会話をちょっと覚えてないのですが、流れ的にガンランス二挺で赴く事になりました(爆)

自分は弾かれるのが嫌でしたので見切り+1&ガード+1の装備にハードヒッター、
喧嘩師さんは龍風圧無効を試してみたいとの事で、ディアSをメインとした装備に龍木ノ槍【金剛】です。
クシャルは状態異常には非常に弱いので、
毒麻痺の揃い踏みであるいはなんとかなるかな……と出発前は思っておりました。

[吹雪の山、銃槍二挺]の続きを読む
  1. 2008/11/06(木) 14:58:36|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

数は無くとも、人は在る

ラームです(ぺこり)

先日ドンドルマに赴いた時、『捨駒南爪と素敵な弾丸生活』のりむさんとご一緒する機会がありました。
例によって自分はガンランスを担いでレイア戦などでウハウハしていたのですが、
その途中で竜撃砲を発射した直後、弾丸が自身にヒットして反動がキャンセルされるという現象が。

まさか……と思ったのですが、他には考えられません。りむさんの「装填補助」ならぬ「発射補助」でした。
その後も適宜、時には散弾で「発射補助」をして頂き、大変快適な竜撃砲生活を満喫させて頂きました。

竜撃砲が強力な攻撃であり、またすっかり慣れてしまったとはいえ、
やはり攻撃直後の空白時間はもどかしく感じてしまうものです。
(ソロでやる時は、撃った後の余韻が好きだったりもするのですが……(笑)
それを反動で後ずさる距離も含めてキャンセルして頂き、すぐさま次の行動に移れるというのは非常に有難く感じました。

惜しむらくは、狩猟効率的にはあまり良くない影響を与えているだろうという事でしょうか。
dosのガンランスの攻撃力は周知の通り、非常に低い。
高い瞬間攻撃力を持つ竜撃砲でさえ当時は威力がズバ抜けて高いというわけではなく、
発射に要する前後の時間を考えれば効率が悪い部類に入ります。
その武器を自由に動かすために弱点狙撃によって高いダメージを叩き出すヘビィの攻撃時間をあててしまうのは、
効率面で見れば良くないと言わざるを得ません。
ガンランスの攻撃性能と竜撃砲の反動の両方が高くなっているP2Gであれば、
もう少しその手間に見合う働きができるのでしょうけれども……。

ですが自分の感想を言わせていただくならば、本当に楽しかったです(笑)
以前記した「装填補助」が砲手と装填手であるならば、「発射補助」は数人で巨大な砲を支えている感覚でしょうか。
また回復弾同様に「あ、見ていてもらってるんだな」という、背中への安心感がわき上がってきます。
これもまた「支援」の一つの形であるのでしょう。


上記の「発射補助」の件も含めて、複数人数での狩猟というものから様々な物を得たドンドルマの一日でありました。

過疎地と呼ばれるドンドルマ。
しかし彼の地には未だ新たな発見や驚きがあり、そして何より魅力的な狩人たちが狩場を駆けています。

自分が彼の地に向かう事に意味を見出し得なくなるのは、まだまだずっと先のようです(笑)


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/11/03(月) 20:05:26|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

その問いかけに応えよ

ラームです(ぺこり)

当方は強走薬グレートが素で欲しいような状態になって参りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
しかしこの忙しさもあと少しのはず。これが終わったらドンドルマに行って回復弾撃ってもらうんだ……。

そんな死亡フラグを縦3でへし折りつつ、今回は某所で拾ってきましたモンハンバトンでもやってみようかと思います。
ちなみにdosメインのバトンのようです。

[その問いかけに応えよ]の続きを読む
  1. 2008/09/08(月) 11:05:27|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道は続く

ラームです(ぺこり)

昨夜は少々頭痛がしており、また故あって気分が沈んでいました。
少しでも気分を紛らわそうと思い、薬を飲んで頭痛を鎮めてから温暖期のドンドルマへ。

フレンドリストはあまり点灯していない様子。
上がっておられる“喧嘩師”さんもご友人とクエストに出かけていらしたので、
あまり良い調子ではないし今日はソロでいいかな……と準備をしてクック狩猟に出かける事に。

クエスト自体は大過なく成功に終わり、首尾よく地獄耳を入手。
街に戻ってシールド仕様の超クック砲でも作ろうかなどと考えていますと、喧嘩師さんがご友人と一緒にご来訪。
ご友人の方が竜玉が欲しいのに出ない、という事で雪山の赤フルに行きましょうと提案してみます。
準備中にさふぃさんもいらっしゃって、丁度4人のPTとなりました。

[道は続く]の続きを読む
  1. 2008/08/08(金) 19:38:17|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銃槍運用を考える・dos

ラームです(ぺこり)

今回は非常に今更ながら、dosにおけるPT戦でのガンランス運用について少し考えてみようかと思います。
銃槍記の方に記しても良いのですが、あちらですとプレイヤー用語をちょっと使いにくいので。

念のため、これから記していく事柄はラームの個人的な考えである事をご了承ください。
また、これはラームの自身に対する指針であって他のプレイヤーに押し付けるものでは決してありません。


それでは、まずはガンランスの“役割”について。



・PT戦におけるガンランスの役割

 ガンランスは攻撃能力が低いと言わざるを得ない。
 通常攻撃によるダメージにはマイナス補正がかかっており、かつ攻撃属性が付加されている上位武器は存在しない。
 また砲撃・竜撃砲も共にコスト(消費する切れ味・攻撃に要する時間)に見合う威力があるとは言い難い。
 短い攻撃機会を十二分に活かせるようなダメージを叩き出す事は難しい武器種であり、
 他武器種を用いる剣士が他にいる状況では弱点部位への攻撃に固執すべきではない。

 一方でガードやステップを活かした目標至近での攻撃継続能力は水準以上、
 そして砲撃を用いた非弱点部位への攻撃能力は(十分ではないものの)水準に達していると言える。

 以上の特徴を踏まえてガンランスがPT戦において基本的に担うべき役割は、
 他武器種を担当する剣士が狙わない第二・第三の弱点部位へ砲撃を交えた至近攻撃を行ない、
 かつそれを可能な限り間隔を置かずに継続。総合的なダメージの底上げを図る事だと考える。
 また、これによって目標の対近接攻撃を誘発して遠距離武器を担当するガンナーの優位を維持する。

 ただし状況によっては以上の“役割”のみに囚われず、弱点に有効打を加える事も視野に入れる。



・役割を実行するに当たって

 他武器種の攻撃を阻害しない事を最優先とする。
 近接武器と遠距離武器では弱点も異なるため、仲間の位置と攻撃手段を常に意識する。
 機会があれば他武器種も積極的に用いて、攻撃手段や射線を実体験を通じて習得する事が望ましい。
 (他武器種における攻撃不可能タイミングを見極める上でも有効である)

 目標への接近は味方にも注意を払う。
 考慮すべきは味方剣士の接近経路、及びガンナーの位置取りとその射線である。
 特に視界外にいる事が多いガンナーに対しては気を配るべき。

 なお、接近時には基本的に武器出し攻撃である踏み込み斬り上げを用い、
 接近後の主な攻撃手段は上方(ガード)突きとする。
 砲撃は折を見て攻撃の繋ぎとして撃ち込むが、明らかな硬部位に対しては連発での撃ち込みも考える。

 竜撃砲については、それを撃ち込める程の隙は味方にとっても大きな攻撃機会である。
 これを無視して自己満足のみを求め、竜撃砲を撃つべきではない。
 それを安易に行なえば通常時の攻撃能力が低い事もあり、武器種の存在意義自体を疑われる事になるだろう。
 特に体の小さい目標に対しては使用を控え、麻痺・転倒時は仲間の位置に留意して硬部位に撃つ。
 剣士が自分を含めて三名以上の場合は転倒・麻痺時においても使用を避ける。

 ただし竜撃砲あればこそのガンランスでもある。
 状況によって他の味方剣士が接近できないタイミングは存在する。機を見逃さずに捉え、撃ち込む。
 この場合は目標からの反撃などは(次の一撃で力尽きるというような状況でなければ)度外視して良い。
 おそらくこの竜撃砲の決め方が、ガンランサーにとっては希少な各人の“技”を見せる機会である。要修練。



ふむ、とりあえずの指針はこんなところでしょうか。
今回はdosに限定して考えてみましたが、後のシリーズのガンランスにも多少なりとも通じるところがあるような。
後はこれをいかに実際の立ち回りに摺り合わせていけるか……精進あるのみですね。
もっと時間が欲しいです、本当に(滅)


今回は自分用のメモ的な意味合いが強い記事になりましたが、ご覧頂きましてありがとうございました。
宜しければまた次回もお付き合い頂ければ幸いです(ぺこり)

それでは本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/07/30(水) 07:19:46|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ 次のページ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。