老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドンドルマ迎撃戦~炎王龍を暁に討て!(ついでに塵粉を回収せよ)~

ラームです(ぺこり)

毎回妙な時間に更新をしておりますが、決して自宅警備員ではございません(爆)
昼過ぎ~夕方から出勤→深夜に帰宅→モンハン→ブログを書くという流れになっているため、
このような時間帯での更新とあいなっているわけですね。

それはさておいて教官チャレンジの続き……
といきたいところですが、昨日はドンドルマ(MHDos)の方へ出かけておりました。

ターゲットは街に襲来した炎王龍テオ・テスカトル。
もう一年以上もDosをやっているのにまだ全然足りない(死)炎龍の塵粉を、倒しやすい街クエで入手するためです。




自分がオンラインに上がった頃には相方のハンターはすでにオフライン。
封龍剣【超絶一門】を担いでソロでの迎撃戦開始です。

しかし同じ街テオなのに、P2ndとDosでは比べてみると本当に色々違いますね。
違いを知っていたところで役に立つ事はなさそうですが、ちょっとまとめてみる事にしました。

【相違点1:小型モンスター】
 Dosではまさに雲霞の如くガブラス、イーオスが各エリアに配置されており(しかも再湧きする)、
 正直対古龍戦というよりは対小型モンスター戦の様相を呈する迎撃戦ですが、
 MHP2ndでは小型モンスターそのものが全く配置されていません。
 おかげで通路であるエリア1の採取なども余裕を持ってできます。
 自分はこのマップにベースキャンプ以外で採取できるところがあるとはついぞ知りませんでした(死)
 (知ったところでイーオスが続々湧いて来る場所でのんびり採取する気にはなりませんが)

【相違点2:テオの行動】
 Dosでは撃龍槍のあるエリア3で城壁の上にハンターが立っていれば飛んできて、
 中距離の粉塵爆破を行って城壁の下に戻っていくまでが確定行動のテオ。
 城壁への着地際は非常に無防備で、また下に戻っていく時は律儀にも撃龍槍の射程内を通ってくれます。
 ガブラスにさえ気を付ければ龍双剣に限らず、全くもってカモです。
 ところがP2ndでは城壁の上でも普通に暴れるようになり、そもそもあまり上に上って来なくなりました。
 一応バリスタが並ぶエリア2での壁を使ったハメのような事も出来ますが、
 Dosほど手軽(古龍を手軽と言っていいのだろうか……(笑)では無くなった感じです。

【相違点3:炎龍の塵粉】
 翼破壊報酬でDosでは19%、P2ndでは40%と出る確率が全く違います。
 さらにはP2ndでは基本報酬にも10%で入っていますし、防具の強化は鎧玉が使われる事もあって必要数も少ないですね。
 つまりDosのようにしゃかりきに連戦をやる必要があんまりないです。
 もう重鎧玉の調合とかに使えても良かったかもしれません。
 そこまでやるとDosへの皮肉っぽい雰囲気が漂うかもしれませんが……(爆)
 Dosでもこれなら塵粉オンラインとか言われなかっただろうにな、と思うとちょっと切ないです。
 (そもそも、見るからに関係のない武器防具に使いすぎなのが問題なわけですが)
 それにしてもP2ndからDosへアイテム移動とかできないものでしょうか……(マテ)

うーむ。
P2ndは後発ですからユーザーの声が取り入れられる利点があるとしても……いや、もう変えられないものは仕方がない。
あるもので楽しみましょう、それが一番(死)


と、そんなこんなでテオとランデブーしてきました。

支給品の打ち上げタル爆弾×5(あらかじめ5個買っておくと10個使えます)、
応急薬と携帯食料、携帯砥石をポーチに詰め込んでエリア3へ。
わらわらと群がってくるガブラスたちを打ち上げタル爆弾と音爆弾で撃墜して駆除しつつ、
(打ち上げタル爆弾は、爆弾本体を当てないようにすると撃墜しやすいです)
テオの着地際に乱舞、乱舞、乱舞の嵐。
切れ味が緑に落ちた時点でなるべく砥石を使い、角が壊れたら尻尾にも適度に攻撃して切断します。

この間もやはりガブラスにまとわり付かれるかと思いますが、
エリアに入って正面遠方にいるガブラスたちに気付かれた場合はエリアチェンジをして初期配置に戻してしまうのも手ですね。
ちなみに正面遠方を飛んでいる二匹以外は気付くのに任せて駆除してしまった方が後々楽かと思います。
(いずれも2~3回湧きで枯れます)
……なんだか対テオ戦なのか、対ガブラス戦なのかわからなくなってきました(爆)

上記のような感じでやっていると、大体15~20分でテオが物欲の前に次々と沈んでいきます。

御命頂戴仕るっ!

アステカの死神の心臓抜き取りを真似してみたり(爆)、

炎王龍、墜落死

撃龍槍フィニッシュを決めたり。


結果、6戦して塵粉は出ませんでした。
一年過ぎようが二年過ぎようが、物欲センサーは未だ健在な感じです。

ま、もう気長にやる事は決めていますので……ぼちぼち集めていきます。
Dosにて塵粉回収に励まれている皆様も、どうぞ気を楽にして作戦を続行されてください。
出る時は出ます!(笑)


さて、今回は何となくとりとめのない話になりましたが……この辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

それでは、皆様も良い狩りを!
  1. 2007/11/07(水) 09:35:34|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『轟竜ティガレックス』(クロオビソード編) | ホーム | 狩人の道標・『HUNTER's LOG on PORTABLE』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/9-24be6078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。