老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あの山を撃て

ラームです(ぺこり)

P2ndGの発売も徐々に近付いてきていますね。
オトモアイルーにも生命の粉塵や回復弾って効くのだろうか?
もしそうならサポートガンナーの腕も磨けるようになるのか?
などと想像をめぐらせては一人浮ついている毎日です。

そんな日々を送りながら、他の狩人の皆さんはどう過ごされているのかな……
と思い方々を巡回していますと、紅龍の素材を使うガンランスに関する記事を発見。
MHFですでに登場している武器で、素材に恥じぬ凶悪な性能のようです。

しかし例え反則級の武器だとしてもガンランス愛好者として、
もしP2ndGに実装される可能性があるのならば見逃せないところ。
一緒に掲載された必要素材を見てみると、
紅龍の素材に混じって老山龍の紅玉が2つも必要な様子。
自宅のアイテムボックスを覗くと、紅龍素材は割合ありますが老山龍の紅玉は一つもありません。

いや、分かってはいるんです……!
実装されるかどうかも怪しいですし、仮に実装されたとしても必要素材が全く違うという事も十分に考えられます(死)
が、ここしばらく老山龍と戦っていなかった事もあり、俄然やる気になるラーム。

そして、どうせやるならば……と手に取った得物は、銃槍スノウギア=ドライブでした。




挑む相手は集会所☆7『接近!ラオシャンロン』に現れる岩山龍です。

まずはディアブロUを基本とした風圧【大】無効、心眼、砥石使用高速化の装備で挑みました。
爆弾は大タル爆弾と大タル爆弾Gを持ち込み、ラオのエリア侵入時に当てる事に。
後は怪力の種を飲み、切断属性の弱点である腹を砲撃と竜撃砲を交えながらひたすら突いていきます。

しかし結果は撃退。
怒りの沈静化すら最終エリアに入ってからと、散々な有様でした。
それからさらに2戦、同じ装備で挑みますがやはり撃退に終わります。

明らかな火力不足を感じますが、立ち回りには少し慣れて来たので装備を替えて挑む事に。
以前紅龍を下した、ボマー、砲術王、心眼の装備で改めて挑みます。

およそ考えうる調合素材も全て(練金系を除いて)持ち込み、
腹を攻撃しにくくなる怒り時を狙って爆弾を投入しつつ岩山龍の体力を削っていきます。
やはり火力の差か、3番目の通路の後半で岩山龍が怒りにくい状態に。
バリスタの威力も砲術王で上がっているはずですし、これならば……!と勢い込んで砦前へ。

バリスタを採取分含めて全て撃ち込み、
岩山龍が立ち上がった時にはモドリ玉を使って撃龍槍を叩き込み、後は通常攻撃で削るだけです。

(必死だったのでよく覚えていませんが)おそらく残り6~7分頃に最終怒りの沈静化を確認。
この連戦では一番良いペースでしたが……突けども撃てどもこの岩山は崩れません。

そして空しく針は時を刻み続け……

タイムアップ

結果は撃退に終わってしまいました。
この後もう一戦やりましたが、やはり結果は同じでした。

考慮すべき点は、まず基本ダメージ=手数が足りていない事でしょうか。
移動中のラオの腹を攻撃する際はステップで間合いを調節していますが、
腹に押されて間合いを調節しなくても良い時があります。
これを見極める事と、砲撃による間合調節で手数を増していくしかないかもしれません。

後は砦前でのラオの行動への対処。
迷子モードの足踏みの動く先を見誤ると風圧を受けてしまう事があり、それが時間のロスに繋がっています。
迷子モードへの移行と動く先を素早く判断して、継続して腹を攻められるようにしなければ……。

もし技量を尽くしてダメならば火事場で基本火力を底上げするしかないですが、これは最後の手段です。
まずは非火事場で全力を尽くしてみる事にします。

今回はかなり歯応えがありそうですが、実に攻略し甲斐のある相手です。
この難攻不落の岩山に自分の技と知恵、そしてスノウギアの力を存分にぶつけてみようと思います。

崩れぬ山



あ、最後になりましたが……紅玉はこの挑戦中、部位破壊報酬で2つ出ました(爆)
途中から完全にラオ自体に目的が移行したのが良かったのでしょうか(笑)

さて、それでは今回はこれで失礼致します。

ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/02/08(金) 22:54:26|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白鱗の銃槍、吼える | ホーム | 乱れ舞う閃きの先に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/81-05947291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。