老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『激闘!蒼の火竜』(クロオビソード編)

ラームです(ぺこり)

ようやく下位も最終盤に差しかかってきたものの寄り道ばかりの教官チャレンジ、
少しずつでもしっかり歩みを進めて行きたいと思います。

今回からは☆5『激闘!蒼の火竜』に挑んでいきます。
狩猟目標は蒼レウス。原種と比較するとその硬い甲殻とスピードが特徴です。
頻繁に飛び上がるので、弱点に攻撃を入れる機会は多くなるはずですが……。

今日の得物は片手剣、クロオビソードです。
それでは狩猟を振り返ります。




【準備したアイテム・持って行く支給品】

<ポーチ1>
・薬草×10
・応急薬(支給品)×9
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・携帯食料(支給品)×8
・こんがり肉×10
・携帯砥石×4
・砥石×20

<ポーチ2>
・ペイントボール×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・支給用閃光玉(支給品)×2
・閃光玉×5
・落とし穴
・空き
・空き

<ポーチ3>
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・空き
・空き
・空き
・空き


原種では閃光玉、爆弾、罠の持ち込みを制限して戦いましたが、今回は逆に思い切り持ち込んでみます。
この差がどのように出るでしょうか。



【基本戦術】

原種と同じく、主な攻撃の機会はリオレウスの着地時、地上でのブレス射出時です。
この時に頭、もしくは尻尾がまだ残っていれば切断を狙います。着地時はジャンプ斬りから斬り上げに繋げて離脱。
ブレス時は斬り上げからさらに斬り下ろし→回転斬りに繋げて離脱します。(いずれも状況を見て手数を調整)

噛みつきや回転尻尾攻撃、突進の追走時にも余裕があれば攻撃を行いますが、
怒り時に手を出す事は控えます。



【狩猟記録】

森丘のキャンプに到着。
まずは支給品ボックスから必要な物を取り出してから、蒼レウスがやってくるであろう森丘トンネル(9)に急ぎます。

邪魔をされないようにメラルーたちには退場願い、蒼レウスの到着を待つ事しばし。
遠くからでもそれとわかる咆哮が響きます。
蒼レウスの着地点に落とし穴を仕掛けて、未発覚状態での拘束を狙います。

着地まであと3……2……1……今!(ズドーン)

まずは大タル爆弾をセットし、ペイントボールでマーキングついでに起爆。
次に腹めがけて斬り込み、ひたすら攻撃を繰り返します。

やがて落とし穴から飛び上がった蒼レウス、着地するなり怒り咆哮を発しますが、
タイミングの分かっている咆哮ならば対処のしようはいくらでもあります。
ここではしっかりとガードして、本格的に交戦を開始。

今回はなるべく蒼レウスの動きを封じながら戦おうと決めていました。
怒り時は着地際に無理せず尻尾を狙い、怒りが解けたのを見計らってから閃光玉を支給品から順に投入していきます。

しばらくここで戦闘を続けていると、蒼レウスが展望広場(3)を経由して水飲み場(10)へ。
降り立った蒼レウスに攻撃を仕掛けて水飲みを妨害しつつ、戦闘に持ち込みます。
エリアの外周は繁みのせいで視界が悪いので、極力エリア中央での戦闘を心がけます。

モスたちを巻き込みつつ戦闘を続ける事数分、蒼レウスが空に飛び立ちました。行先は巣穴入口(4)です。

巣穴入口での戦闘で尻尾の切断に成功しました。
ここからは立て続けに残った大タル爆弾と閃光玉を投入し、一気に攻め込みます。
(なお、大タル爆弾Gは巣穴で使用するために温存しています)
あわよくば一気に瀕死まで持って行こうと思っていましたが、狩猟というものはなかなか狩人の思い通りには行きません。

怒り狂った蒼レウスがラームめがけて突進。
しっかり避けて……と思いきや、急ブレーキからの方向転換、そして再度の突進。
体力を大きく減らされてしまいます。そうでした、蒼レウスにはこれがありました><;

そして頻繁に飛び上がる蒼レウス。
着地時の攻撃タイミングは増えるのですが、空中で3連ブレスを多用する事もあり攻撃できない時間が多くなってしまいます。

さらにはおまけとばかりに悠々と巣穴入口の上空を旋回し始める蒼レウス。
なんだかもう、怒るというよりは感心してしまいます。時間稼ぎにかけてはこの空の王者の右に出る者はありません(爆)

旋回からの急襲。しかし巣穴方面の段差下に隠れているラームには攻撃が当たりません。
そのまま着地した蒼レウスですがランディングが気に入らなかったのか、そのまま展望広場(3)へ飛び去ってしまいました。
やはり上手くいかないものだなぁ、と思いつつ追走します。

この頃には閃光玉も尽きていますので、小細工なしの戦闘となります。
蒼レウスは前述したように頻繁に飛び上がりますので、その着地際に頭を攻撃していきますが、
突進のダメージが半端無いのでバクチを討つような真似はできません。
回復薬には随分余裕がありますが、慎重に体力を削っていきます。

しかしここでもついに瀕死まで追い込む事ができません。
置き土産に風圧でラームを足止めしつつ、蒼レウスは再び巣穴入口(4)へ。
それでも体力は随分削っているはず……と信じて追撃します。

巣穴入口での戦闘中、蒼レウスがようやく脚を引きずりました。
が、怒り状態のせいか巣穴に戻ろうとしません。

ならば、とこちらが先に巣穴に入ります。
チャチャブーとランポスを先に片付けて、蒼レウスが眠るのを隠れて待とうという算段です。
が、ここでチャチャブーに思いがけず手間取り、チャチャブーの撃退には成功したものの、
遅れて巣穴にやって来た蒼レウスに気付かれてしまいました。やむなく一度巣穴から退散します。

少し時間を置いてから巣穴に進入。蒼レウスは……眠っています。
ランポスを気付かれないように始末して、奥の手の大タル爆弾Gを仕掛けペイントボールで起爆。

さあ、これでどうだ!……跳ね起きるなり怒声を発する蒼レウス。まだ余力があるようです。

若干グダグダ気味になりながら最後の追い込みをかけます。
しかしここからも思ったよりも時間がかかり、
蒼レウスが力尽きたのは、そろそろ一度移動するかな……という頃合でした。

蒼火竜撃破

かくして狩猟成功。クリアタイムは28:30(残り時間21:30)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

原種と亜種ですので比較になるかどうかは微妙なのですが、
閃光、罠、爆弾を使わなかった時との差は6~7分となりました。

レウスがよりタフであろう亜種である事を鑑みても、
アイテム類が火竜の狩猟に及ぼす効果がかなり大きい事が再確認できる結果です。

それにしても毎回、自分のクロオビソードでの討伐は割と時間がかかっています。
本職の方は、やはり攻め方が違ったりするのでしょうか。うーん。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/28(月) 08:39:43|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『激闘!蒼の火竜』(クロオビブレイド編) | ホーム | 白鱗の銃槍、猛る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/73-7a072d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。