老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白鱗の銃槍、猛る

ラームです(ぺこり)

スノウギア=ドライブ。
自分がこのガンランスを特に気に入っているという事を、先日の記事に記しました。

その思いに偽りはありませんし、
間違いなくガンランスでは一番持ち出す回数の多い武器です。

しかしながら、難敵にそれで挑む事が多いか?と問われると、答えはNoです。

古龍には覇弓や祖龍弓、超絶一門。
キリンには散弾。

定番の武器と戦術を持ち出して討伐してしまう事が多いのです。

無論、これらを用いた戦術を批判するわけではありません。
難敵を比較的容易に下し、その素材を手に入れる事ができるのであれば、
基本的に『過程』ではなく『結果』を求める“狩人”としては正しい事なのだと考えています。

しかしながら、ふと自分はそれで良いのだろうかと考えました。

スノウギア=ドライブを好きだと言いながらその運用を練磨もせず、強敵に挑む事をしない。

攻撃力が足りないから。
属性が有効ではないから。

では、このガンランスは最上位クラスのガンランスに及ばずとも、
決して遠からざる能力を秘めていると記したのは誰だったか。

それは他ならぬ自分です。
ならば証明しなければなりません。

ただ愛着のある武器の性能を証明するためだけに狩りを行う。
この行動は、本質的には“狩人”のそれではないのかもしれません。

しかし今はこの事は置いておきましょう。

前置きが長くなりました。
それではスノウギア=ドライブで黒龍に挑んだ、その記録を記したいと思います。


挑む相手は黒龍ミラボレアス。
クエストは配信クエスト『シュレイドの伝説』です。

通常の集会所クエストの黒龍と違い撃退が無いため、50分で体力を削りきらねばなりません。
(その分、体力は集会所の半分くらいですが)



【装備と食事】

対鎧竜装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:剣聖のピアス
胴:ザザミUメイル(強壁珠×2)
腕:金剛・覇【篭手】(強壁珠×1)
腰:ザザミUフォールド(強壁珠×2)
脚:暁丸・覇【具足】(鉄壁珠×1)

スキル:ガード強化・ガード性能+1・心眼

食事:リュウノテール+シモフリトマト(体力UP&攻撃力UP)


完全に懐に入り込んで、属性と砲撃で弱点を保護している甲殻の破壊を狙うための装備です。
通常は対グラビモスや、対バサルモスに持ち出されるのですが……。



【準備したアイテム】

<ポーチ1>
・大タル×10
・爆薬×10
・大タル爆弾×3
・カクサンデメキン×10
・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・秘薬×2

<ポーチ2>
・大タル爆弾G×2
・砥石×20
・鬼人薬グレート×2
・モドリ玉
・空き
・空き
・空き
・空き

<ポーチ3>
・力の爪
・力の護符
・守りの爪
・守りの護符
・調合書1
・調合書2
・調合書3
・調合書4

火力、手数の不足を爆弾で補おうという目論見です。



【基本戦術】

クエストがスタートしたらモドリ玉でキャンプへ。
支給品を手に入れたら南側出口から出て、高台に陣取って迫ってきた黒龍の顔に攻撃を行います。
注意すべきはホバリングからのブレス攻撃ですが、ガードで受け止めます。(ガード強化がなければガード不可)
体力を削られるので、ダメージが危険域に達したらキャンプで回復します。

もし上記の戦術が上手く行かなかった場合、下に降りて戦闘を行います。
基本は脚ハメ狙いで体力を削りにかかり、ホバリングからの着地時に顔に攻撃を加えます。

黒龍がエリアを移動する着地時には爆弾を設置し、竜撃砲か砲撃で起爆します。



【狩猟記録】

暗雲立ち込めるシュレイド城に到着。
まずはモドリ玉を投げて、キャンプに移動します。

応急薬、携帯食料、携帯砥石、支給用大タル爆弾を取り出したら南側の出口から出て、いよいよ交戦開始です。

這いずりで近付いてきた黒龍の顔にスノウギアの銃剣部を突き込んでいきます。

と、黒龍が飛び上がりました。
さて、ここからのブレスでどれだけ削られますか……。

(シュゴー、ガキーン)

(シュゴー、ガキーン)

(シュゴー、ガキーン)

最大値の3分の1程度まで減らされました(死)
キャンプに戻ればすぐ回復はできますが、一回飛び上がるたびにこれをやられていては……。

と、いって飛び上がるたびにキャンプ避難をしていては、時間が足りなくなりそうな気がします。
(自動マーキングがあれば話は別なのでしょうけれども)

それでも止める決心がつかずに高台で戦闘をしていると、ガード方向を誤ってブレスが直撃。
一発で力尽きてしまうラーム。

キャンプで態勢を立て直し、再度同じ方法で挑んでみます。
今度はガードせずに、ブレスを避けようとしますが……またも直撃。
やはり一撃で力尽きてしまいました。ここまでで10分針です。

リタしても良いところですが、このまま帰るのも癪なので最後まで戦う事にしました。
今度は高台は使わず、下に降りて戦います。

しかし正直、またダメかなと思いました。

実は、このクエストは今日3回目です。
下に降りての戦闘は、前々回の挑戦時に同じ戦術を展開していますが、
その時は這いずりやホバリングからのブレスを避け損ねて失敗していました。
(ちなみに初回は正面からの殴り合いで、飛び上がり際のブレスにやられています)
高台での戦闘は良い方法を模索しての事で、実は今回は半ば様子見です。

せめて立ち回りの感覚を掴めればと思い、戦闘を続けます。

しかし、さすがに3回目という事もあってか、黒龍の動きが随分読めるようになってきます。
這いずり、ジャンプブレスの前兆、飛び上がってからの行動、振り向きからの行動……。
時折足踏みに削られる事はありますが、大きなダメージを受ける事が無くなりました。

こうなれば、基本的に後脚に張り付いてのハメで戦う事もあって中々力尽きる気がしません。
尻尾の付け根、弾かれない部位を集中的に狙い、それ以外の部位に当たったら砲撃を追加で入れます。

また、黒龍のエリアチェンジには爆弾と竜撃砲をしっかり合わせてダメージを稼いでいきます。

25分針頃に眼と胸殻の破壊を確認。
戦闘が順調に推移している事もあり、「いけるかも?」と思い出したのはこの辺りです。

しかし、黒龍もそう簡単に倒れる相手ではありませんでした。
城門に挟み込まれ、撃龍槍を撃ち込まれてもなお、ラームを圧殺しようと迫ってきます。

咆哮からのジャンプブレス、ホバリングの尻尾で弾き飛ばしておいてからのブレスなど、
危ない場面が何度もありました。
(この2回は辛うじて間に合ったガードで凌いでいます。奇しくもスキルが役に立った事になります)

何とか難を切り抜けつつ戦いますが、残り10分を過ぎ、残り5分を過ぎても黒龍は倒れません。

ついに爆弾も底をつきましたが、
ここまでやったのならば最後まで諦めずに突きと砲撃を叩き込むだけです。

黒龍の着地の隙に竜撃砲を一発。時間的に最後の竜撃砲です。
大きく怯んだ黒龍に、ここが勝負所と若干無理目の態勢にも関わらず銃剣を突き込む事数度。

黒き龍沈む時

ついに黒龍が断末魔と共に崩れ落ちました。

かくして討伐成功。
クリアタイムは48:33(残り時間01:27)でした。

死闘の果て



【反省会】

何とか討伐できました!

序盤~中盤にかけて割とグダグダな展開だったにも関わらず、ギリギリで討伐できた……
という事は戦術を詰めて行けばもう少し余裕を持って討伐する事もできそうです。

高台を使った戦術も上手くやれば効果的なダメージが望めるかもしれませんし、
脚ハメで行くのならば、上手く弾かれない部位にもっと攻撃を突き込めるように修練の余地があると思います。



展開はグダグダでしたが(死)、それでもまずは満足です。
どうにかスノウギアに最終強化版としての意地を発揮させる事ができたかと。

まだまだ紅龍や祖龍、果ては未だ見ぬ強敵が控えていますが……
これからも、こうやってこの武器への信頼を深めていければと思います。

さて、随分長くなりました。
それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/26(土) 03:53:43|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<教官への道・集会所☆5『激闘!蒼の火竜』(クロオビソード編) | ホーム | 教官への道・番外編>>

コメント

感無量

こんにちはー。

たまげました!これはすごい!
っていうかガンランス-黒龍を3回目でスノウギアで突破ってことですか?うーむ、うーむ。

しかも高台は飛んだらキャンプ、というのを使ってないのですね。ほんとに試行段階での討伐ですね、これは。

いや、ガンランス、スノウギアの潜在的な力を見せ付けられました。それを引き出したラームさんの決意もしかと見せていただきました。

「武器への思いのなせる技」あたし自身が騒いでおきながら、自分はまだまだ甘く見てるかもしれません。
感無量です。お見事でした!
  1. 2008/01/26(土) 17:35:29 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

お疲れ様です、そしておめでとうございます、シュガシュガです。

ラームさんの愛銃槍にたくした想い、こちらにもズッシリと届きました!

『このガンランスは最上位クラスのガンランスに及ばずとも、決して遠からざる能力を秘めていると記したのは誰だったか。それは他ならぬ自分です。ならば証明しなければなりません。』

まさにその通りであると思います。
武器の性能を引き出すのはハンター自身であるということを再認識しました。
ラーム様が前に仰られたとおり、ラーム様が担ぐスノウギアは同じくラーム様が担ぐ覇弓より「強い」はず。

この記事を見て熱くならないハンターがいるだろうか、いやいるはずがない(笑 というくらい私も滾って参りました。と、これは自分のとこで書くとして。

本当にお疲れ様でした。
次に狩りに出るときには、スノウギアを感謝を持って砥いであげてくださいね。

それでは!



  1. 2008/01/26(土) 18:48:43 |
  2. URL |
  3. シュガシュガ #-
  4. [ 編集]

これはこれは……

凄い……ガンスで黒龍と戦うことが僕には考えられないのに、炎でも龍でもなく、全く効かない(と思う)氷のスノウギアですが。
う~む、これはやられた。
僕はえ~と好きな武器は……なんだろう?(爆
ラームさんみたく深い思い入れがある武器はないと思います。
え~と、ペイルカイザーと、ウォーバッシュとブラッドフルート、あとはゲキリュウノツガイですかね。好きな武器といえば。
とりあえず、黒龍とガチで戦ってやろうと思います。配信ではなく、集会所ですが。
えーと、とりあえず龍属性のペイルカイザーで。
レウス150討伐といい、やることいっぱいだなぁ。

では、また何れ。
  1. 2008/01/26(土) 21:25:52 |
  2. URL |
  3. サキムラ #Yp5sk9Hc
  4. [ 編集]

力示すモノ、力振るう者>HUNTER's LOGさん

いらっしゃいませ!こんにちはー(ぺこり)


スマートな勝利とはいきませんでしたが(笑)、どうにか達成できました。
それまでに黒龍戦でガンランスを用いた事は無かったので、武器種的にも3戦目での突破となりますね。

試行段階での……と仰られたとおり、途中までは本当に様子見のノリだったのです。
それが何故かうまく行くのですから、本当に不思議なものです。
黒龍相手に10分で2落ちでしたら、いつもならリタイアしてもおかしくない流れですし……。
とにかく攻略のためのきっかけを、どんな小さなものでもいいから掴みたい、という足掻きが功を奏したのかもしれません。

今回、スノウギアは黒龍を退け得る力を示してくれました。
もし自分がその力を引き出す事が出来たのだとしたら、それは本当に嬉しい事です。

しかしながら今回の討伐に挑む気になったのも、
多くの狩人の皆様の日々の記録や考察からモンハンに対する活力を頂いたおかげだと思っています。
最も新しい具体的な例を挙げますと、HUNTER's LOGさんが成し遂げられたボーンシューターvsアカム。
あの試みにはすごく影響を受けていると思います(笑)

「ボーンシューターは絶対応えてくれるんだ」

ボーンアカム達成後、自分のコメントに対してのお返事に書かれていた言葉です。
武器をただ好きだと言うのではなくて、難敵に対してもその力を信じ、十分に引き出すための努力をする。
まさに今回の挑戦のきっかけとなったのは、この言葉でした。本当にありがとうございました。


スノウギアは応えてくれました。
いつかこの白鱗の銃槍を『相棒』と呼ぶに相応しい狩人になれるよう、これからも精進して行きたいと思います。

今回もコメントを頂きありがとうございました。またいつでもどうぞ!
  1. 2008/01/27(日) 09:57:10 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

『強い』武器を求めて>シュガシュガさん

いらっしゃいませ!そしてありがとうございます(ぺこり)

前半のグダグダっぷりから考えますと、むしろスノウギアの性能に助けられた感じの討伐となってしまいました。
しかしそれでも、その性能を引き出す事が今回はなんとか出来たのかなと思います。

武器の性能を引き出すのはハンター自身……まさに、その通りですね。

スノウギアは今回その性能、『強さ』を示してくれました。
ならば自分はその『強さ』をより十分に、安定して引き出すために練磨を重ねて行こうと思います。
まだまだ道は遠そうですが(笑)


で、熱くなって来られましたかー!
こちらを読んで頂いていらっしゃる方たちに、少しでもモンハンに対する活力を分けられれば……
というのがこのブログを記し始めた理由の一つでもありますので、とても嬉しく思います。

しかしこの間の魔王戦も相当なものでしたのに……どうぞ、睡眠時間だけは十分確保されてくださいませ(笑)

それにしてもスノウギアにはしばらくは足を向けて寝られなさそうです。
お言葉通り、感謝の意を込めつつしっかり磨きを入れておきたいと思います。

今回もコメントを頂きありがとうございました。それでは、またいつでもどうぞ!
  1. 2008/01/27(日) 09:58:02 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

愛属性が通じたみたいです(笑)>サキムラさん

いらっしゃいませ!(ぺこり)

ガンランス対黒龍、やってみて思いましたのは、意外と戦闘そのものの相性は良いのではないかな?という事でした。
硬い部位でも砲撃(肉質無視+火ダメージ)である程度のダメージを通す事が出来ますし、竜撃砲を叩き込む隙もあります。
氷属性は……はい、あまり通りません(笑)、一応火の次には効くのですが、概ね10%程度ですね。

大きな問題は双剣や弓と比べると手数や弱点部位への攻撃能力で遅れをとってしまう点でしょうか。
これを何とかカバーできれば、焦らなくてもいい時間で討伐する事が出来るかも……と、思っているのですが。


サキムラさん、武器の趣味が中々渋いですねぇ……ウォーバッシュとか特に。

ペイルカイザーで挑まれますか。
大剣での黒龍への立ち回りは自分にはちょっと分からないのですが、着地際の顔への溜め斬りなどは良く効きそうですね。
ぜひ、(モンハンの世界での)今を生きる飛竜と狩人の力を、蘇った伝説に叩き込んでやってください(笑)

本魔黒でのレウス150匹目の討伐のご報告も、期待しております!(コラ)

今回もコメントを頂きありがとうございました。それでは、またいつでもどうぞ!
  1. 2008/01/27(日) 09:58:41 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/72-7914abc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。