老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・番外編

ラームです(ぺこり)

ゆっくりしたペースながら、教官チャレンジもいよいよ上位に近付いてきました。

上位のチャレンジにはクロオビS防具一式とタツジン系武器で挑むつもりなのですが、
よく考えてみたらクロオビSの腰と脚、そしてタツジン系武器はまだ作っていません。

そこで昨夜は、まずクロオビSを揃えてしまうべく訓練所に顔を出す事にしました。


武器屋でクロオビS(腰・脚)作成に足りないコインを教えてもらうと、

・ドスガレコイン×12
・ガノスコイン×12
・ディアブロコイン×12

この三種のコインが足りないようです。

ど・れ・に・し・よ・う・か・な・か・り・の・か・み・さ・ま・の……

狩猟の神様の啓示が下り、まずはディアブロスから挑む事になりました。

久し振りに訓練所の門をくぐると、暑苦懐かしい教官の顔。
多少はこの人に近付けているのだろうかと思いつつ、闘技訓練に臨みます。

「腕力が跳ね上がる装備を準備しておいた!砲撃と斬撃の力でもって暴君を屈服させてみせろ!」

押忍、お願いします!

使用武器はホワイトガンランス。
スキルは攻撃力UP【大】、体力+20、はらへり倍加【大】の訓練に挑みます。

コインを集めるには角を壊してしまうのが良さそうなので(破壊報酬がコイン×2)、
高台も使って砲撃や竜撃砲で手早く折ってしまおうという心算です。

この訓練では、闘技場に入ると狩人がディアブロスの背面を取っている形で始まります。
まずは挨拶代わりの竜撃砲を一発お見舞いしてから、尻尾の切断にかかります。
……しかしよく考えたら、別に尻尾は切らなくても良かったかもしれません。
尻尾が高台に届くようになりますので、高台を使う場合の危険度は少し上がりますが。

上手い具合に尻尾が切れたら高台に登り、砲撃戦へ。

突き上げは正面方向にガードしていれば防げますが、
突進は角がある間は角刺しの震動が発生するので、注意が必要です。
向かってくるディアブロスに対して真横を見せるようなガード態勢で待ち構え、
突進と震動の両方を防ぎつつ、タイミングを見計らって砲撃を行います。
(失敗する事もありますが、態勢を立て直す時間は十分にあるので問題ありません)

と、砲撃の撃ち過ぎで斬れ味が橙ゲージに。
高台の上での砥ぎは危険なので、一旦降りてからタイミングを見て研いでおきます。

それからしばらく、3回目の竜撃砲を撃ち込んで少々のところで討伐に成功しました。
タイムは確認し忘れてしまいましたが、5分針を過ぎて少しした頃だったかと思います。

このような感じで連戦を行いましたが、
同じ戦法ではあまりにも味気がないので平地縛りで戦ったり、武器を変えて挑んだり……。

大威震角竜制覇

訓練とはいえ、角竜との戦いを存分に堪能しているうちにコインが必要数集まりました。


残りはドスガレオスとガノトトス。
この二種は特別訓練となり、通常の狩猟地で訓練を行う事になります。

まずはドスガレオスから。

チェーンブリッツ(ライトボウガン)で出陣。さすがにもう問題のある相手ではありません。
徹甲榴弾でドスガレオスを地上に叩き出して討伐しつつ、順調にコインを稼ぎます。

砂竜を討つ

途中クリアタイムを更新出来たりもして、なかなか実りある訓練でした。


いい加減、通常の狩猟に行きたいと思う心と戦いつつ訓練続行。次の相手はガノトトスです。
この訓練は主にイャンクック砲(ヘビィボウガン)で挑みました。スキルは体力+10と連射です。

肝心の訓練自体は相性の良い武器で行っている事もあり、特に苦労する事も無く。
連射の反動と、クック砲のリロードの遅さにだけ気をつけてガノトトスの討伐数を伸ばしていきます。

が、ここでの真の敵は他にいました。それは……教官その人です(爆)

ガノトトス一匹に対して一枚と言う、割高レートでのコイン授与が続きます。
背ビレを破壊できれば報酬が増えるのですが、なかなか上手く行かず(破壊前にガノトトスが力尽きてしまう)。

水に生き、水に死す

結局、今日の訓練では一番多い回数をこなす事になってしまいました。


かくして、どうにかこうにかクロオビSがフルセット揃いました。

馬子にも衣装?

渋みを増した色合いが、上位の風格を漂わせます。

これで格好だけは一人前の教官になりましたし、いつでも上位に……
あ、そういえば武器がまだそのままでした><;

クロオビ系武器はP2ndGの事を考えて残しておきたいですし、
そうなるとまたクロオビ系武器をもう一つずつ作り、さらに強化しなければなりません。

……やれやれ、訓練所から巣立てる日はまだまだ先になりそうです。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/25(金) 22:06:44|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白鱗の銃槍、猛る | ホーム | 共に狩場を往くモノたち・ハイドラバイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/71-a87bd9bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。