老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

順調に、というかグダグダな感じで進行しております教官チャレンジ。
今回は集会所☆5『絶対強者』編の最後となります。

得物は機械槍ぽい外観が人気(?)のクロオビランス。
ランスといえば高い貫通力とガード性能が魅力の玄人好みのする武器ですが……
同時に自分が最も不得手とする武器です。
Gの終盤で少し使ってはいましたが、Dosでは完全に手付かず。

予行演習も終始武器の性能に頼りきりの討伐でしたし、どうなる事やら。




持ち物は前回のクロオビハンマー編とほぼ変わりありませんが、今回は強走薬G×5を追加しています。
これは事前に仲間内で唯一の本職ランサーに対ティガ指南を受けたところ、
「強走薬を飲んで戦うといいですよ」と言われたので持ち込んでみました。
確かにティガのガード崩し(ガード時のスタミナ削り)は半端無いので、強走状態ですと安定してガードができそうです。

しかしよく考えてみたら今回クロオビ装備でガード性能+のスキルはついていないのです。
ティガの攻撃にいちいち大きくノックバックさせられ、ガリガリ体力を削られます。
ぬは、あまり意味がねぇ……。

しかし何といっても本職ランサーの言葉です。
役に立つかもしれないとポーチに強走薬Gを詰め込んで、雪山へ出発。

今回はエリア6でティガに遭遇。
ペイントして、ブランゴ掃除にエリア8へ……行こうとする途中、ガウシカにどつかれました。
よろけているラームに、ティガが鬼の突進で追い討ち。

あぁ、今回も初っ端からダメな感じが炸裂です(死)
しかしまだまだ狩猟はこれからよ、という事でブランゴを掃除し、エリア6へ戻ります。

と、ここで恐るべき光景に遭遇します。
最初に自分を突き飛ばしたティガはそのままエリア8方面の出口に陣取っていたわけですが、
そこへ3匹のガウシカが猛突撃、ガスガスと体力を削っているではありませんか(爆)

ジェットストリームアタック!

(ガウシカはエリアから逃げようとしているのですが、
 上手く逃げられずにエリア出口付近をしばらく突進しながらウロウロする事が多いのですね)

ドスガウシカとかがいて、こういう集団戦闘を仕掛けられたら嫌だなぁと思っているうちにティガがこちらに気付いて咆哮。
しばらくこちらに気付かないまま振り向きを繰り返していたティガに削られていたのか、
ガウシカが二匹吹き飛んで死んでしまいます。

心の中で勇敢なガウシカたちに(先程の恨みは置いておいて)敬礼をしつつ、いよいよ戦闘開始です。

まずは尻尾切りから。
慣れないランスの動きに四苦八苦しながら、2回移動した後のエリア6で切断に成功。
ここからは弱点を狙って行きたい……のですが、上手く行きません。

突進後の後脚に突き込もうとして振り向きの判定に邪魔され、
大剣とハンマーで使った「振り向き時、頭への攻撃→右回避」も試してみますが
あまり上手くいかず、大抵撥ねられてしまいます。
しかも回転攻撃と咆哮の攻撃判定を見切りきれず、ガードしているにもかかわらず吹き飛ばされまくります。

……と、いう感じで気が付けば開始5分針経過で応急薬が底をつきました(死)
ここで本職の言葉を思い出して、強走薬Gを投入。
突進への追撃やガードからの突進離脱が割と容易になり、さすがは本職だと感心しつつ
振り向きに早めの突進を重ねての戦法をメインとしてダメージを与えていきます。
(この辺り、本職さんからすれば失笑ものでしょうね(泣)

しかし突進フィニッシュ突き以外は割とダメージが低いわけでして、こればかりで戦っていても埒があきません。
仕方が無いので怒り突入時に閃光玉を使用し、怒り時間を減らしつつ後脚にダメージを与える事に。
もちろん、回転攻撃には重々気を付けます。

四苦八苦しながらも戦闘を続けていたラームですが、
20分針あたりで怒りティガの壁滑り突進を見切れずに吹き飛ばされ、
さらに起き上がりに咆哮を重ねられてそのガード方向を見誤るというミスをやらかします。

……残り数ミリの体力ではガードが成功してても一緒でしたか?(泣)

キャンプで残り1個になっていた秘薬を飲み、山頂方面へ。
この頃になると一撃で怒るようになっているティガですが、今回の怒りが解けると足を引きずりました。

時計は30分針。
巣穴ではあまり戦闘したくないので、ここで3個目の閃光玉を投げて体力を削っておきます。
さらに目眩から覚めて逃げようとするティガにここぞとばかりに突進……の途端に切れ味が落ちて弾かれました(爆)
もうちょっともってくれてもいいじゃん!と理不尽な怒りを胸に巣穴へ。

マーキングでティガが眠ったのを確認してからギアノスを掃除して、花火の時間です。

ティガ爆死

かくして狩猟成功。
クリアタイムは32:55(残り17:05)でした。



狩猟は成功ですが、かなり不満の残る内容になってしまいました。

回復系の消費も、

・いにしえの秘薬(クエスト開始時に使用)×1
・秘薬×2
・応急薬(支給品)×9
・回復薬×8
・回復薬G×4
・薬草×1

となっており、グダグダだった片手剣に迫る勢いです。
ダメージも頻繁に受けていますし、これでは上位のティガは難しいでしょう。
もっと経験を積まねば話になりません。
まずはランスで村クエストを一周してくる事にしましょう(爆)


……と、いうところで今回はこの辺で失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

それでは、皆様も良い狩りを!
  1. 2007/11/02(金) 19:39:56|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狩人の道標・『HUNTER's LOG on PORTABLE』 | ホーム | 教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビハンマー編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/7-4249d56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。