老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『王の領域』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

この頃取り憑かれたように龍壊棍を振り回していましたラーム。
気がつけばナナの討伐数が龍壊棍を持ち出す前の倍になっていました(元々少なくはありましたが)。

これはいかんとひとまず龍壊棍を置き、クロオビ装備に身を包みます。

手には駿槍クロオビランス、往く先は悠久の地森丘、挑む相手は空の王者リオレウス。

それでは、いざ!


【準備したアイテム・持っていく支給品】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・ペイントボール×10
・砥石×20
・こんがり肉×10

(以下支給品)
・応急薬×9
・携帯食料×8
・ペイントボール×2
・支給用閃光玉×2

今回も基本的な持ち物のみです。
集会所下位は支給品が充実していますので、いい加減こんがり肉はいらないかもしれませんね。
一応保険という事で持っていきます(笑)



【基本戦術】

攻撃チャンスはホバリングからの降下時と地上でのブレス射出時です。
尻尾が切れるまでは尻尾へ、その後は頭へ攻撃を集中します。

ブレスへの攻撃は側面から近付いて武器出し攻撃から、
降下時は風圧に巻き込まれないように距離に気をつけながら1~2撃。
また、レウスの突進後にも余裕があれば腹か脚へ武器出し攻撃で追撃を敢行。
いずれも攻撃後はステップで間合いを取るか、軸をずらしてレウスの反撃に備えます。



【狩猟記録】

支給品を取り出したら、森丘トンネル(9)へ向かいます。
メラルーたちを退散させ、南の水場に降り立ったレウスにペイントボールをぶつけておきます。
ラームをじろりと睨みつけるなり、いきなり突進してくるレウス。狩猟開始です。

森丘トンネルはMHGやMHPでは大型モンスターとは極力交戦を避けるべき場所でしたが、
今回は注意こそ必要ですが何とか戦える場所です。
(カメラアングルが異様にプレイヤーに寄るのですね。反面、武器や狩人の撮影には適した場所でした)
狭い地形を逆手にとってレウスの突進を壁にぶつけつつ、尻尾に狙いを定めて攻撃していきます。

レウス相手に近距離を維持しながらの戦闘は突進やバックジャンプブレスの直撃で削られる事もあり、
今回はあまり得策とは言えなさそうです。一回の攻撃ごとに間合いを取りつつ戦闘を行います。

しばらくすると、レウスが水飲み場(10)へ移動。
こちらは旧キャンプ跡地(8)を経由して追跡します。

この辺りで尻尾を切ってしまいたいところでしたが、なかなか上手く行かず。
外周部の繁みに視線を遮られて怒り突進も一撃もらってしまいます。

よろよろと起き上がるラーム。
しかし、その背後にレウスとは別の不穏な影が……。

影の正体はレウスの風圧に巻き込まれたモス。
起き上がりに怒れる苔豚の突進を受けて赤ゲージが一気に削れます。
さらにラームをモスもろとも葬らんと猛然と迫るレウス。決死の覚悟でダイブし、何とか難を逃れます。
その後どうにか態勢を立て直しますが、その頃にはレウスは飛び去ってしまっていました。

モスから剥ぎ取ったアオキノコをポーチに詰め込みつつ(爆)、巣穴入口(4)へ向かったレウスを追いかけます。
まずは先手を取って支給閃光玉を使います。
目を回したレウスの尻尾に上突きを入れると、尻尾が切れ飛びました。ここからは基本頭を狙います。

目眩から回復したレウスはなかなかブレスを撃たず、縦横無尽にエリアを飛び回ります。
敵ながらなかなか良い動きです。
それでもホバリングからの降下時など、どうにか機会を見つけつつ攻撃を敢行。
回転尻尾に巻きこまれたりしながらも体力を削っていきます。

やがてレウスが展望広場(3)に移動。
追跡しますが、着地するや否や再び飛び立つレウス。向かう先は……出て来たばかりの巣穴入口です。

鬼ごっこは御免なので、レウスが着地しようとする隙に、残っていた支給用閃光玉を使って足止めします。
唸りに入ったら頭に3連、回転尻尾をスカして腹に2連……と、ここで一気に攻め込みます。
目眩から覚めてしばらく、脚を引き摺るレウス。

態勢を十分に整えてから追撃します。
巣穴(5)に入ったら、まずはチャチャブーとランポスを掃討。問題なく片付けます。

いよいよレウスとの決戦ですが、レウスはレイアと違ってこの段階でも割と体力が残っているはずです。
勢い込んで無茶な攻めをしないように心がけつつ仕留めにかかります。

が……攻めが慎重になったのが災いしてか、ついに1ラウンドでは決着がつきません。
レウスは巣穴から飛び去ってしまいました。
戻ってくるのは確実なので、しばし採集をしながら待ちます。……あ、なぞの頭骨。

戻ってきたレウスと、今度こそ決着をつけるべく交戦を開始します。
と、噛みつきをスカしつつ脚へガード突きを繰り出すと転倒するレウス。

この好機を逃さず頭に突きを叩き込むと、これがラームとレウスの勝敗を分ける一撃となりました。

勝敗を分かつ穂先

かくして狩猟成功。クリアタイムは26:21(残り時間23:39)でした。

今日のクエスト確認

(↑ストラップが映り込んでしまいました><;お見苦しいですがご容赦ください(泣)



【反省会】

一撃ずつは大剣やハンマーよりは軽くなってしまうので、
時間がかかってしまうかと思いましたが……思ったよりは苦労せずに狩猟を進める事ができました。

しかしながらランスの動きに慣れていないせいか、やはり余計な被弾が目立ちます。
森丘では薬草が採れるとはいえ無限でもありませんし、
何より回復している時間は攻撃の機会を丸々損失している事になります。
近距離戦はガンランスでもやっているはずなのですが……要修練です。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/23(水) 08:03:30|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<共に狩場を往くモノたち・ハイドラバイト | ホーム | 古龍のあとさき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/69-24aa047f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。