老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒鱗を穿つ矢

ラームです(ぺこり)

ロー○ンなどのコンビニでもP2Gの予約開始ポスターを見かけるようになってきました。
いよいよカウントダウン開始、といった風情でしょうか。

今日は仕事から少し早めに上がり、ドンドルマ(Dos)へ赴きました。
イベントをチェックしてみると、今年初めての黒龍警報。
相方に「何か欲しいのないですか」と聞いてみると『黒龍の眼』が欲しいそうです。
自分も翼膜が欲しかったので、二人で挑む事になりました。


まずは一戦目。
こちらが高級耳栓&祖龍弓、相方は見切り匠&超絶一門です。
いつもはボウガンで挑む黒龍戦ですが、今回はちょっと趣を変えてみました。

シュレイド城に着くや否や黒龍降臨。
一撃必殺の攻撃力と相まって、いつ見ても圧迫感のあるモンスターです。

顔の破壊を手伝いながら翼膜を狙っていきますが……なかなか壊れません。
解析情報では10回の怯みを起こさないといけないそうなので、無理もありませんが。

そうこうしているうちに相方が這いずりに巻き込まれて力尽きてしまいました。
戻ってきた相方、何は無くともさっそく黒龍の足元に支給用爆弾を設置。
この爆弾魔、転んでも爆風で起き上がる勢いです。

わーぎゃーと黒龍との戦いを堪能し、25分針辺りで翼膜を破壊。
この頃にはもちろん眼まで壊れています。


自分:「翼壊れたっす!」

相方:「や ら な い か」


相方がやるといえば爆弾祭りしかありません(爆)

アッーという悲鳴を上げたかどうか。
爆弾地獄の最中、35分針あたりでさしもの黒龍も絶命。

相方は眼をゲット。こちらも通常報酬と破壊報酬で翼膜を二枚ゲット。
ホクホクとドンドルマへの帰途に着いたのでした。

黒い龍と白い弓

しかし翼膜、実に硬いです(死)
P2ndでは数回の怯みで壊れてしまうので、特にそう感じてしまいますね。
やはりコスト無視で弓よりガンですか……。
黒龍は今日まででいなくなってしまうそうなので、次回はまたしばらく先になりそうですが。

と、今日はこのような感じの狩りを数回やって散会。
帰り際にエリア検索をしてみると、まだ何人かの人がドンドルマで狩りをしている模様です。
超絶の方が多いところを見ると、やはり同じ相手と戦っているのでしょうか……(笑)

まだまだドスのドンドルマも大丈夫。心強く思いながらジャンボ村へ帰還しました。


さて、それでは今日は少し短いですがこの辺りで。

皆様も、どうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/15(火) 07:14:32|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『王の領域』(クロオビハンマー編) | ホーム | 教官への道・集会所☆5『王の領域』(クロオビブレイド編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/64-542c5930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。