老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『王の領域』(クロオビブレイド編)

ラームです(ぺこり)

今回も教官チャレンジの顛末を記していきます。
さて、もうすっかり見慣れてしまったクロオビ装備ですが……実はこのセットにはマイナススキルが付いてきます。

それはズバリ『地図無効』。
これは「この装備を手にいれた貴様ならば、もはや地図は己の頭の中に入っているはずだぞ!」という、
教官からのメッセージなのでしょうか。

うーむ、そう考えるとマイナススキルというよりは一種の名誉の証のような気がしてきます(爆)
実害もさほどないスキルですし(笑)

と、脱線はこのくらいにして。今回は大剣・クロオビブレイドでのチャレンジです。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・ペイントボール×10
・砥石×20
・こんがり肉×10

片手剣の時と変わりありません。どれくらいタイムに差が出るでしょうか。



【基本戦術】

攻撃の機会はリオレウスの着地時、地上でのブレス射出時です。
着地時には溜め斬り(最大)を尻尾が残っていればそちらへ、すでに切断できていれば頭へ叩き込みます。
頭に溜め斬り(最大)が入ればまず怯むので、その隙に離脱。
地上でのブレス時は真横から頭へ武器出し攻撃を入れて、そのまま前転回避で離脱します。



【狩猟記録】

さて、今回も(下位なので当然ですが)キャンプからのスタートです。
応急薬・携帯食料・携帯砥石・ペイントボール・支給用閃光玉を支給品ボックスから取り出し、
一路森丘トンネル(9)に向かいます。

森丘トンネルのメラルーを全て巣に追い返したところでレウスが登場。
まずはペイントボールを投げつけて……と、マーキングには成功しましたが、レウスはすぐに逃げてしまいました(死)

展望広場(3)に逃げたレウスを追いかけます。
またすぐに逃げられても困るので、ここで支給用閃光玉を一つ使用します。
目が眩み、怯んだレウス。さぁ攻撃開始……が、いきなりレウス咆哮。

あの、まだ一撃も入れていないんですが?(死)

それまで未発覚状態だったので、今頃発覚の咆哮をしたのでしょうか……謎です。
ともかく攻撃を開始します。

目眩中のレウスには迂闊に接近すると酷い事になる可能性があるので、レウスの行動を見極めてから攻撃を加えます。
(唸りなら頭へ二撃ほど。回転尻尾なら尻尾が通過した後に斬り込むなど)

やがて閃光の効果も切れ、通常戦闘に移行。
レウスの着地際に数発、溜め斬りを頭に入れただけであっという間に頭殻を破壊しています。
まったくもって恐ろしい火力です。その分頻繁に怒りますが。

しばらくの戦闘の後、喉が渇いたレウスが水飲み場(10)へ移動。追走して戦闘を継続します。
が、ここでの戦闘時間はそれほどでもなく、レウスはすぐに飛び去ってしまいました。

レウスを追いかけた先は巣穴入口(4)。
すぐに飛んで行くかな?と思いましたが、エリアに入ったラームに猛然と襲いかかってきます。
リオレウスはやる気のようです。

さすがにこの辺りで尻尾の切断を意識し、集中して尻尾を狙って斬り飛ばしておきます。
その後は基本戦術通りに戦闘を展開。リオレウスの体力を削っていきます。

特に危ない場面も無く、時間切れでレウスが展望広場(3)へ。
追いかけて戦う事数分、レウスが脚を引き摺りました。時計は15分針。
溜め斬りを頭にガンガン叩き込んでいたのでそろそろかとは思いましたが……やはり速いです。

巣穴入口(4)に舞い戻ってきたレウスに残りの支給用閃光玉を使って拘束。追い込みをかけます。
閃光が切れて飛び立つレウス。今回はあえてすぐには追いかけずに、巣穴への入口で少し待ちました。

巣穴(5)に入ると、すでにレウスは寝息を立てています。
まずは邪魔なランポスとチャチャブーを掃討。次に頭へ溜め斬り(最大)でレウスに起きてもらいました。
と、いきなりの怒り咆哮。硬直したラームにレウスが怒髪天を衝く勢いで突進。

……体力が最大値の5分の1程度になりました。今更ながらとんでもない攻撃力です(死)

内心若干焦りつつ、表面上冷静に体勢を立て直します(誰も見てませんが……)

しかしこの後は劇的な逆転も起きず。
地上ブレスを横目に見ながらの武器出し攻撃でレウス撃沈。

火竜を断つ

かくして狩猟成功。
クリアタイムは20:42(残り時間29:18)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

立ち回りなどは特に問題なかったように思いますが、
怒りのタイミングを見極める事ができず、咆哮で数回硬直させられています。
硬直は短いとはいえ、この後の突進はレウスの攻撃力と相まってかなりの脅威です。
ソロプレイでもありますし、何とか怒りのタイミングを掴みたいところです。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/14(月) 08:56:22|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒鱗を穿つ矢 | ホーム | 共に狩場を往くモノたち・スノウギア=ドライブ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/63-7f99f7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。