老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『王の領域』(クロオビソード編)

ラームです(ぺこり)

どうにかこうにか黒グラも撃破。引き続き教官チャレンジを記していこうかと思います。
なんとかP2ndGの予約を入れるまでには上位に……(爆)

さて、今回からは『王の領域』森丘でリオレウスの狩猟に臨みます。
自分が狩人を始めたMHGの村クエストでは一つの山場となるリオレウス討伐クエスト、
これと基本的に同じシチュエーションなわけで、何か懐かしいような感じもします。

こちらも経験をいくらか積んで今では遅れを取る事の方が少なくなりましたが、
高い攻撃力と攻撃チャンスの少なさは健在のリオレウス。
未だ自分にとっては難敵の一角である事に変わりはありません。心して挑みます。

装備は片手剣・クロオビソード。
それでは今回の狩猟を振り返ります。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・ペイントボール×10
・砥石×20
・こんがり肉×10

今回はあえて罠・爆弾なしで挑んでみる事にしました。
これがどう影響しますか……。



【基本戦術】

こちらの主な攻撃の機会はリオレウスの着地時、地上でのブレス射出時です。
この時に頭、もしくは尻尾がまだ残っていれば切断を狙います。着地時はジャンプ斬りから斬り上げに繋げて離脱。
ブレス時は斬り上げからさらに斬り下ろし→回転斬りに繋げて離脱します。(いずれも状況を見て手数を調整)

噛みつきや回転尻尾攻撃、突進の追走時にも余裕があれば攻撃を行いますが、
今回は怒り時に手を出す事は控えました。



【狩猟記録】

森丘のキャンプに到着。
支給品ボックスから応急薬、携帯砥石、ペイントボール、支給用閃光玉を取り出してから出発です。

向かった先は森丘トンネル(9)。うろうろしているメラルーたちにご退場願いつつ、ここでレウスを待ちます。
咆哮と共にレウス到着。
まずは着地に合わせてペイントボールを……発覚咆哮キャンセル突進で、思いきりはねられてしまいました(滅)
体勢を立て直しつつ、レウスをエリア北側の少し広くなっている場所に誘導して戦います。

今回は罠や爆弾がないので、最初から基本戦術を展開。
基本頭を狙いつつ、あからさまなチャンスには尻尾を狙っていきます。

しばらくしてレウスが戦線離脱。マーキングが向かう先は水飲み場(10)です。

水飲み場ではこちらの先制の一撃で戦闘再開。
逃げられるかな、と思いましたがレウスの機嫌が悪かったのかそのまま戦闘が続きます。
戦闘に巻き込まれて力尽きるモスたちに若干罪悪感を覚えつつ戦闘していると、レウスが再び飛び立ちました。
続いて滑空音。エリアを離脱する模様です。

マーキングを追走した先は巣穴入口(4)。ここで尻尾の切断に成功します。
と、攻撃を欲張りすぎて怒り突進が直撃。体力をおよそ3分の2ほど持っていかれました。
想像はしていましたが、やはりかなりのダメージです。体力の回復をおろそかにしないよう、改めて肝に銘じます。
ここではレウスが結構踏みとどまりましたが、やがてしびれを切らして離脱。
展望広場(3)→ランポスの狩場(2)を経由して森丘断崖(6)へ移動しました。

ちなみにラームも同じ経路を使って追走していますが、
後から思うに巣穴(5)を経由してランポスやチャチャブーを片付けておくべきだったように思います。

森丘断崖ではレウスが発狂モードに入る事が広く知られています。
予測不可の行動(といっても慣れればある程度読めてきますが)が厄介なので、
ここで支給用閃光玉を一個使って動きを封じて攻撃を行いました。
レウスが目眩から回復してからは少し遠巻きに様子を見つつ、明らかなチャンスにだけ攻撃を仕掛けます。

やがてレウスは再び巣穴入口(4)へ。
断崖を登って追走するのは現実的ではないので、ランポスの狩場(2)→展望広場(3)を経由して追走。

巣穴入口に侵入するなりレウスが凄まじい勢いで突進してきます。
これをするりとかわすと、直後に飛び上がったレウスはそのまま展望広場に向けて飛んで行ってしまいました。
当て逃げか……!(当たってませんが(爆)

展望広場に降り立とうとするレウスに一つ残っていた支給用閃光玉を使い、体力を削ります。
ここから先は真っ向勝負。突進をくらわないように位置取りに気をつけつつ、地道に攻撃していきます。

この後巣穴入口(4)に移動したレウス、少し交戦すると脚を引き摺りました。
せめて目覚まし爆弾くらい持ってきておくべきだったかなぁと思いつつ巣穴(5)へ進入します。

ここでランポスの一群とチャチャブーに遭遇。チャチャブー最初から出ているんですね……(死)
すぐに飛んできたレウスも混ざっての乱戦となります。

レウスの突進をかわしながらどうにかランポスとチャチャを掃討。しかし割と時間を食ってしまいます。
この後はサシで戦闘できたものの、これが響いたのかレウスはついに休眠を諦めて飛び去りました。
ですがもう脚は引き摺っていますので、すぐに戻ってくるだろうとなぞの頭骨などを採取しながら待つ事にします。

が、マーキングを見ていると……巣穴入口(4)に降り立ったレウス、すぐに展望広場(3)に移動しています(爆)
初めて見た移動パターンです。直後にマーキングも効果が消失。
一瞬どうしようかと思いますが、脚を引き摺っている以上は巣穴に戻ってくるはずなので、待機を継続。

間もなく、滑空音と咆哮が聞こえてきます。
岩陰に隠れてレウスが眠るまで待ち、目覚めの一撃から追い込みをかけます。

さすがに消耗しきっていたのか、ほどなくレウス轟沈。

リオレウス撃破

かくして狩猟成功。クリアタイムは35:15(残り14:45)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

立ち回りはほぼ問題なかった……と思いますが、結構時間がかかっています。
落とし穴や爆弾を用いればもう少し短縮ができそうです。

それと、巣穴の小型モンスターたちは先に掃討しておいた方がよさそうです。
次からはタイミングを見て掃討しておくようにしましょう。

とはいえ、黒グラや黒ディアよりは格段に楽でした(爆)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/11(金) 22:09:05|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<共に狩場を往くモノたち・スノウギア=ドライブ | ホーム | 教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビソード編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/61-ae63bbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。