老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビソード編)

ラームです(ぺこり)

今回は下位グラビモス亜種最終戦、クロオビソードでの狩猟を記します。

いつもは先鋒を務めるクロオビソードですが、今回は大将戦での登場です。
毎度残り数分でのクエスト成功ですので、なんとか余裕を持ってクリアしたいところ。
どこを斬っても弾かれるという事はないので、気分的には少し楽ですが……。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・落とし穴
・シビレ罠
・小タル爆弾×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・ペイントボール×10
・砥石×20
・こんがり肉×10
・クーラードリンク×5



【基本戦術】

熱線放射の隙に胸殻を攻撃(ジャンプ斬り→斬り上げ)していきます。
攻撃後は回避×2を行い、高温ガスの攻撃圏内から離脱します。

離脱成功例

ただし、黒グラの怒り時は胸には斬り込まず、翼に対して攻撃を行います。(離脱が間に合わないため)



【狩猟記録】

火山に到着。
まずは忘れずに支給品ボックスから応急薬、携帯食料、携帯砥石、支給用大タル爆弾を取り出します。

準備を済ませ、大空洞(4)に進入。黒グラと接敵します。
まずは落とし穴に嵌めて、支給用大タル爆弾と大タル爆弾Gを連続で投入。
穴から出てきた黒グラが怒りの咆哮を上げますが、ここはしっかりガードに成功。
怒りが収まるまでは翼を斬りつけ、その後は胸殻と尻尾を適度に分散しながら狙います。

約5分経過して、中央空洞(3)に向かった黒グラを追走します。
残りの爆弾を投入する前に胸殻を破壊しておきたかったので、ここでは基本戦術を展開します。
(時々尻尾を狙いました)
このエリアで尻尾の切断と胸殻の破壊に成功しますが、ここまでの被弾が割と多い事が気になります。

熱線放射の隙に胸めがけてジャンプ斬りで飛び込むわけですが、
この時早めに飛び込んだために黒グラが振り下ろした頭の判定に当たってしまう事が結構頻繁に起きています。
怒り時でなければ追撃を受ける事もなく、ダメージもそれほどではないのですが……
こちらの攻撃機会がまるまる一回(下手をすれば二回)は潰されてしまうので、あまりよろしくありません。

といって黒グラが熱線を吐き始めてからでは高温ガスからの離脱に間に合わないので、
この辺りの飛び込みのタイミングを図るのに今回は苦労しています。
(結局、このクエスト中は結構当たってしまいました;)

胸殻の破壊後、まずはシビレ罠の設置から大タル爆弾を投入。
ここからは基本戦術のみが頼りです。

この後黒グラはドーナツ溶岩帯(7)→溶岩の洞窟(5)→大空洞(4)と火山を広く使って移動。
この間、今までの近接戦の経験のおかげか大技の直撃をくらう事はなかったのですが、
前述の頭や尻尾などに微妙に削られて応急薬が底をついています。

弾かれこそしないものの非常に薄い手応えに不安を覚えつつ攻撃していると、
次の中央空洞(3)での戦闘中にようやく腹甲殻を破壊。30分針の事でした。

ここからは少し方針を変えて、腹下での手数を増やします。
高温ガスは怖いのですが、あわよくば怯みで潰そうという算段です。
回転尻尾攻撃を始めた時やタックルのガードに成功した時はさらにまとわりつき、続けて腹を攻撃。
しかし怒り時に同じ事をやっていては薬がいくらあっても足りないので、怒り時は今まで通り翼を狙っています。

続いて三度大空洞(4)での戦闘。
怒りの頻発&溶岩流の中からの熱線連続放射が多く、思うようにダメージを与えられません。
多少無理をしながら攻撃を敢行しますが、ここでもまだ脚は引き摺らず。
ここで残り10分のアナウンス。ぬぅ、またしても……(泣)

そうこうしているうちに中央空洞(3)に戦場が移行。
ここでようやく黒グラの脚引き摺りを確認しました。
一気に仕留めるべく斬り込みますが、黒グラもさるもの。ここではついに倒れませんでした。

脚を引き摺ってドーナツ溶岩帯(7)に逃げた黒グラを追撃。
残り5分のアナウンスから少ししてようやく討伐に成功しました。

ブラインド・アタック

↑何が何やら(爆)

かくしてどうにかこうにか狩猟成功。
クリアタイムは46:17(残り時間03:43)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

う、むー……やっぱり結構な時間がかかってしまいました。
討伐自体は成功していますが、もう少し余裕を持って達成したいところです。

腹甲殻までの破壊完了時間がキモなのは間違いなさそうなので、
やはり罠爆弾調合持ち込みしかないでしょうか……。
また、斬り込みのタイミングの確定も必須となりそうです。



クロオビソードでの狩猟が毎回割とギリギリなのは、
自分の腕前の問題だという事が証明されたような感じですね(死)

P1stよりは多少弱体化はしている片手剣ですが、それでも十分なスペックを持っているはず。
まだ自分には十分に活かしきれていないようです。


さて、色々と課題を残しつつも今回はこの辺りで失礼致します。
次回からは『王の領域』森丘でリオレウスの狩猟に挑んでいきます。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/10(木) 10:24:43|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『王の領域』(クロオビソード編) | ホーム | 教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビハンマー編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/60-300e9821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。