老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビハンマー編)

ラームです(ぺこり)

今回はハンマーというよりはアクスじゃないか、
という武骨なデザインが素敵なクロオビハンマーでのチャレンジを振り返ります。

さて、このクロオビハンマーは自分にとってのグッドデザイン賞(ハンマー部門)1位である武器です。
(2位は正式採用機械槌、3位はウォーバッシュ)
よって思い入れはあるのですが、そもそもティガにハンマーで挑んだ事が少ないので自信はありません(爆)

例によって予行演習はやってきたのですが……さて。




今回の持ち込みアイテムは以下の通りです。

・回復薬×10
・回復薬G×10
・ホットドリンク×5
・秘薬×2
・いにしえの秘薬
・力の護符&爪
・守りの護符&爪
・こんがり肉×10
・特産キノコキムチ×5
・ペイントボール×20
・閃光玉×5
・大タル爆弾G×2
・砥石×10
・薬草×10

ひっそりと入っている特産キノコキムチが、近接戦闘に対する自信の無さを窺わせますね。

若干の不安を胸に雪山へ出発。
キャンプに到着し、支給品一式をポーチに詰め込んで山頂に向かいます。

今回もエリア6でティガを捕捉。
こちらに気付かずに歩くティガにペイントボールを投げつけますが……まだ完全にはこちらに気付きません。

ここで欲が出たラーム、少しでもダメージを……と考え、ティガの後脚に攻撃を敢行します。
が、直後に戦闘状態に入ったティガがいきなり咆哮。
ダメージ範囲内にいたため吹き飛ばされ、さらに起き上がりに突進を重ねられてしまいます。
ティガが怒っていなかったのでどうにか力尽きるのだけはまぬがれましたが、
ほうほうのていでエリア7に逃げ込む羽目になりました。
やはり人間欲をかいてはかえって損をするようです(死)

思い切り出鼻を挫かれた形になりましたが、回復してから気を取り直してエリア8の山頂へ。
いつも通りブランゴを片付けてから再びエリア6へ進入して、戦闘再開です。

今回の基本戦術は、大剣と同じく振り向く頭に合わせてのスタンプ(レバー入力なしの溜め3攻撃)→右方向への回避です。
しかし大剣と違って攻撃がヒットしても必ず怯むわけではないので、少し早めに溜めの解放を行って回避を優先します。

なお、怒り時には大剣の時とは違って基本手を出さず、ジャンプ攻撃からの確定行動を待って攻撃を行います。

以上のような感じで交戦しますが、
回避を優先しているためにスタンプが前脚に当たったり、あるいは外れたりとなかなか思わしくありません。
と、いって確実に頭に入るように攻撃すると回避が間に合わなくなって危険です。
この辺りはもっと経験を積む必要がありそうですね。

さて、そうこうしているうちにティガとの交戦中にホットドリンクが切れました。
カチカチとカーソルを合わせて、ティガも突進始めでタイミングよし。ポチっとな……うぉぉぉいっ!?

ここで痛恨(?)の大チョンボ。
ホットドリンクのかわりにレッドオイル……ではなく、秘薬を飲んでしまいます。
ちなみにいにしえの秘薬は開始時に飲んでいますし、体力はほぼ満タンでした……うぅ(泣)

ショックで若干動きがおかしくなりながらも、再度気を取り直して戦闘を続行。
咆哮をまともに受けるもティガがそのまま威嚇に入るなど、運にも助けられつつ体力を削っていきます。

と、やはり回避重視だったせいか大剣よりも遅い、25分針でティガが足を引きずりました。
巣穴まで追いかけますが、この時はギアノスの掃除に少し手間取ってしまいます。
大タル爆弾Gでは仕留め切れず、このチャレンジでは初めて巣穴での交戦状態に。
ティガは特に壁滑りが怖い相手でもあり、
こういう狭い場所ではやりあいたくない相手ですが……是非もなし、といったところ。

怒りっぱなしのティガの攻撃をどうにかかわしていましたが、手が滑ってこっちの回転攻撃(レバー入れ溜め解放)が発動。

マズい!と思いつつも腹をくくり、こうなればホームラン……!

を、出す前に回転攻撃でティガ轟沈しました(爆)

ティガ轟沈

(↑携帯での撮影です。画質が悪くて申し訳ないです(泣)

かくして狩猟成功。
クリアタイムは31:09(残り18:51)でした。



気になる回復アイテムの消費は、

・いにしえの秘薬(クエスト開始時に使用)×1
・秘薬(操作ミスで消費)×1
・応急薬(支給品)×9
・回復薬×5
・薬草×3

うーむ、回避を重視した割にはさほど消費が軽減されていないような。
大技と連続攻撃はあまりもらわなかったので、回復薬Gの消費が無いのが救いでしょうか。
どのみちもう少し精進の必要がありそうです。

それにしても操作ミスでアイテムの消費とか……
まだ下位なので何とかなる範囲でしょうが、上位でこれをやったらシャレになりません(死)
気をつけねば。

と、いうところで今回はこの辺で失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

それでは、皆様も良い狩りを!
  1. 2007/11/02(金) 05:27:59|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビランス編) | ホーム | 教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビボウガン編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/6-b8b4f04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。