老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビハンマー編)

ラームです(ぺこり)

ヘビィでのアカム戦が面白くなってきて、教官チャレンジの進行がおろそかになってしまっていました><;
この試みを途中で投げ出す気はさらさらないのですが、油断するとすぐ日が空いてしまいます。

そういうわけで、今日はクロオビハンマーで黒グラビモスに挑みます。
原種編ではグラビモスとは割と相性がいいように思えたクロオビハンマーですが……さて。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・落とし穴
・シビレ罠
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・ペイントボール×10
・砥石×20
・こんがり肉×10
・クーラードリンク×5

他の近接武器での持ち込みに比べて、特に大きな差はありません。



【基本戦術】

熱線放射の隙に合わせ、胸殻に溜め3スタンプを叩き込んでいきます。
スタンプ後は回避に繋げて高温ガスの範囲から離脱します。

怒り時はこの離脱が間に合わないと思われるので、胸殻は捨てて翼に対してスタンプを当てます。

咆哮に対しては腹下方向へ飛び込み、硬直からの熱線放射だけはくらわないように。
もし余裕があれば黒グラの左脚前に転がり、咆哮時の踏み込みで硬直をキャンセルします。



【狩猟記録】

今回も火山にやってきました。
支給品から薬・食料・爆弾を持ち出し、クーラードリンクを飲んだらさっそく大空洞(4)へ。

いきなり大音量の咆哮。
発覚時の咆哮はモーションが非常に長いので追撃を受ける事はありませんが、びっくりしますね(笑)
ともかく、狩猟開始です。

まずは落とし穴に落とし、支給用大タル爆弾を投入します。
が、ここでさっそくミス。
今回の爆弾はペイントボールを投げて起爆しているのですが、
爆風が及ぶ範囲を見誤ったラーム、思い切り巻き込まれて吹き飛んでしまいます(死)

半分ほどに減った体力を慌てて回復。
余計な回復薬消費と落とし穴時間の浪費。痛い……痛すぎます(泣)

気を取り直して戦闘を続けます。
シビレ罠は次のエリアで使う事にして、ここから基本戦術を展開。
熱線を吐き出す黒グラの胸殻を横から叩いていきます。
時々離脱に失敗して高温ガスの直撃を受けながらも順調に攻撃を叩き込んでいきます。

しかしここでお待ちかねの痛恨のミス(滅)。
手元が狂い、スタンプ後の回避がなんと黒グラの顔方向へ……。
黒グラは今まさに熱線を吐いている最中です。当然熱線直撃。
少し体力が減っていた事もあり、キャンプ送りとあいなりました。

……まだ針が動いてないんですけど orz

気を取り直して準備を整え、再度大空洞(4)へ侵入。
短い交戦(といっても黒グラが熱線を吐いていただけでしたが)の後、黒グラは溶岩の洞窟(5)へ。

追撃をしたいところですが、おそらくここは複数回戦場になるはずなのでファンゴを片付けておきます。
エリアチェンジの再湧きのついでに、中央空洞(3)のメラルーも排除。
両エリアの掃討が終わった頃に黒グラのマーキングもエリア中央にゆっくりと移動を開始。
こちらも溶岩の洞窟(5)へ向かいます。

溶岩の洞窟の交戦では先手の一撃で胸殻を破壊。思ったより早く壊れました。
そういえば胸への攻撃は弾かれていませんし、なかなか効いてはいるようです。

ここでの戦闘から胸へのスタンプを横(黒グラの翼の下)からではなく、
正面(黒グラの首の横)から叩き込むようにしてみました。
これが正解で、非怒り時であれば横(外側)に回避する事により
高温ガスの噴射圏内から割と余裕を持って離脱できるようになっています。
(翼に引っかかって離脱に失敗する事もありましたが……)

胸を割った後はシビレ罠から大タル爆弾Gを使用。
続けて大タル爆弾も投入しますが、まだ腹甲殻は割れません。

この後は基本戦術のみで押し込んでいきます。
しばらくして黒グラは大空洞(4)へ移動。

二回目の大空洞の戦闘では大きなピンチがありました。
例によって熱線を吐き出す黒グラの首横から胸めがけてスタンプを振り下ろそうとした時の位置取りが悪く、
(この時はほぼ顔の横でした)
熱線放射終了間際の首振りによって熱線がぶれて、ラームに当たってしまいます。

吹き飛んだラームに再度照準を合わせる黒グラ。起きハメよろしく熱線を放射します。
はっきり言って二落ち目を覚悟しました(死)

が、リバーサル回転回避でどうにか回避に成功。
黒グラの熱線放射が終了間際で細くなっていた事にも助けられました。
吹き飛ぶタイミングが遅かったのが幸いしたのかもしれません。

急ぎ体勢を立て直し、より慎重に基本戦術を実行していきます。
と、ここで腹甲殻の破壊に成功。
これでダメージが通りやすくなりますが、ここから怒りが頻発。
怒り時に腹へ攻撃を仕掛けるのは危険ですので、翼を叩くぐらいしかできません。
しかも怒った黒グラは走る事が多くなる(様な気がする)ため、攻撃のチャンスが少なくなってしまいます。

この後黒グラは溶岩の洞窟(5)→大空洞(4)と移動しますが、この間はさらに慎重に攻撃を行いました。
高温ガスの回避が間に合わなさそうなタイミングの時は攻撃を行わず、怒り時の熱線放射には翼への攻撃を徹底。

時間としては割と早く腹までの破壊に成功していますし、
クロオビハンマーは毎回予想以上の攻撃力を発揮してくれています。
特に焦る必要もないかな、と思ったわけです。

そして最後の大空洞(4)での戦闘中、怒りが切れた隙を見計らって渾身のスタンプ。

破鎧の黒帯槌

かくして狩猟成功。
クリアタイムは26:11(残り時間23:49)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

時間はまずまずですが、これはクロオビハンマーに補ってもらったような形ですね。
序盤に随分ダメージを受けてしまったなぁ……という印象です。
また、パターンを掴んだ中盤にも不用意な位置取りでピンチを招いています。

ガードができないハンマーでは、吹き飛ばされる事がキャンプ送りに直結する事もままあります。
被弾に対する意識をもう少し高めるようにしましょう。

きっと他の武器での立ち回りにも活きてくるはずです。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/09(水) 08:23:26|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビソード編) | ホーム | 黄金の月、爆弾の鬼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/59-cbd7fc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。