老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

覇を喰らう

ラームです(ぺこり)

今回はいきなりですが、反省からです。
先日グラビモスの尻尾が切れなかったと記事に書きましたが、
どうやらこれは尻尾の肉質が分かれている事が原因だったようです。

ディアブロスの尻尾が背中側(硬)と尻尾裏(弱)で肉質が分かれているのと同様のようで、
背中側ないし尻尾の先端に攻撃が当たった場合、
ランスの場合は打撃属性が優先されてしまい切断できないとの事。
ちょっと調べて分かった事でしたので、ランサーの方々に限らず常識なのでしょう……。
いかに自分が勉強不足か改めて身に沁みました。
この事を肝に銘じて、さらに精進して行きたいと思います。


さて、話は変わりまして。

年末年始にかけて、
当方の狩人としての道標の一つである『HUNTER's LOG on PORTABLE』様で意欲的な挑戦がなされていました。
『火事場なしボーンシューターでアカム討伐(もちろんソロ)』というもので、
HUNTER's LOGさんは激闘の末これを達成。
感動を覚えると共に、自分もヘビィでのアカム討伐に意欲が湧いてきました。

ヘビィでのアカム討伐はデュエルキャスト改で一回やってはいるのですが、
苦闘かつ非常にギリギリ(残り30秒程度)での達成だったために、
その後は「これなら楽なガンランスで行った方が……」となっていました。

そこへ一番最初に手に入るヘビィボウガンでのアカム討伐の記事。
割と軽くない衝撃を受けました。

ガンナーの端くれとして火事場なしボーンシューターのような偉業は無理だとしても、
最も愛着のあるヘビィで、せめて残り30分針前後で討伐できるようになりたい。

そんなせせこましい(笑)願いを達成するために、
今回のラームはアースイーターを背負って決戦場に向かいました。
以下、この狩猟の顛末を記したいと思います。


【装備と食事】

アースイーター(レベル5・パワーバレル)

頭:増弾のピアス
胴:ブラックスキン(抑反珠×2)
腕:不動・覇【篭手】(抑反珠×2)
腰:ブラックスケイル(無反珠×1)
脚:不動・覇【具足】(抑反珠×1)

スキル:反動軽減+2・装填数UP

ネコ飯:リュウノテール+シモフリトマト(攻撃力UP&体力UP)

拡散弾による攻撃を重視した、自分にとってのアースイーター用通常戦闘装備です。


※参考:初回ヘビィ討伐時※

武器はデュエルキャスト改(パワーバレル)、スキルは高級耳栓に見切りでした。
高級耳栓は必要ないとのアドバイスをHUNTER's LOGさんから頂き、納得。
どうも自分はアカムの咆哮に必要以上の恐怖を抱いてしまっていたようです。



【準備したアイテム】

・調合書1
・調合書2
・調合書3
・調合書4

・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・秘薬×2

・強走薬グレート×5
・クーラードリンク×5
・閃光玉×5
・モドリ玉

・カラの実×99
・ハリの実×99
・カラ骨【小】×50
・竜の爪×50

・LV2 通常弾×99
・LV3 通常弾×99
・LV1 貫通弾×60
・LV2 拡散弾×3

以上、24枠をフルに使いました。
およそ有効であろうものは全て持ち込んでいます。
強走薬グレートはどうしようか迷ったのですが、転がる回数が多くなりそうなので持ち込みました。



【基本戦術】

基本は決戦場北側の広場で戦闘を行います。
間合いが大きく離れている時の突進は適度な距離で閃光玉を投げ、足を止めます。

中距離~近距離ではアカムの振り向き始めに合わせて横方向に3~4回転して突進に備えます。
自分がヘビィでティガと戦う時の基本をスケールアップさせた感じですね。(ティガの時は2~3回転)
突進の回避後や尻尾振り、ソニックブラスト放射に合わせて攻撃を行います。
狙いは主に尻尾ですが、状況に合わせて。

咆哮にはそれが届かないギリギリの範囲、アカムの斜め前から射撃します。
なお、拡散弾は怒り時に撃ち込みます。
(自分の場合は背中に乗せる形ではなく、腹下に潜り込ませるように撃っています)

潜行された時は不測の事態に備えて武器をしまって走ります。


※参考:初回ヘビィ討伐時※

ガンランスでやるように、腹下に潜り込んでひたすら尻尾めがけて貫通弾を撃ち込んでいました。
倒れ込みは横に1回転して回避、咆哮はダメージ範囲内から離脱して射撃。
この時はほぼ完全にガンランスと同じ立ち回りになっていたと思います。
接近戦ですので、振り向きの脚や潜行の出始めでダメージを受ける事が多々ありました。



【狩猟記録】

決戦場に到着。アカムが姿を現しました。
今更ながらに前回の苦戦が思い出されますが、
今回は様々な狩人たちの戦いの知識がこちらに備わっています。
(本来は自身で蓄積すべき事ですが……;)
元より気を散らしていて勝てる相手ではありませんので、集中して臨みます。

まずは突進して来たアカムに閃光玉を一つ。
この隙に強走薬グレートとクーラードリンクを飲み込みます。
次いで北側にアカムを誘導し、ここから本格的に戦闘開始です。

まずは貫通弾を尻尾に撃ち込んでいきます。
的が非常に大きいので、スコープレスで撃ち込みます。
ディアと違って横にも太いので、LV1貫通弾だと横から撃っても全ヒットする事がありますね。

しばらくして怒りに入ったので、拡散弾を調合しながら撃ち込み。
ここからは基本戦術通り、通常時と怒り時で撃つ弾を切り替えながら戦闘を行います。

そして意外なほど順調に戦闘が推移。
前回はあれほど圧倒的に思えたアカムが、今回は手の中でくるくる回っているように思えます。
本当に、知識の力とは侮り難いものです……。

20分針の辺りまでに拡散弾を調合分含めて全て撃ち切りますが、ここで痛恨のミス。
アカムが南側に行った隙に通常弾を調合しようとしていた時、アカムの向きを見誤ってソニックブラストが直撃。
ガンナー装備では耐え切れるはずも無く一時撤退の憂き目に合います。

秘薬と残り一個になっていた強走薬グレート、
クーラードリンク(こちらはあと二個)を口に放り込んで再度出陣です。

……と、なぜか南側のエリア外、大岩の上で潜行を開始しているアカム。
呆気に取られて画像を残すのも忘れてしまいました(死)
頻繁に滑空するレウスとかではよく見る現象ですが、アカムでも起こるとは……。

とりあえず、こういう場合は最初に現れる場所に戻ってくるだろうと待ち伏せて、
出現と同時に尻尾めがけてLV2通常弾を撃ち込みます。

と、アカムが脚を引き摺りました。
しかしアカムは体力が多く、まだまだ油断はできません。
回避を最優先として基本戦術を実行しつつ、尻尾を狙っていきます。

そういえば、アカムの尻尾の肉質判定はどうなっているんでしょうか。
甲殻部分はやはり背中判定だとしたら、貫通弾で通すように狙った方が良さそうです。
ん、しかし良く考えてみると怒り時の背中の肉質は軟化するわけで……。
(70%カット→60%カット。尻尾は逆に硬化)
そうであれば、怒り時は甲殻部表面を通常弾で狙った方が良いのでしょうか?

……話が逸れました(汗)。この辺りはまた調べてみる事にして狩猟記録を続けます。

その後強走が切れ、スタミナを見ながらの戦闘になりました。
しかしこれは今後を考えれば強走なしで挑む時のスタミナの配分を体験でき、逆に良かったかもしれません。
マグマの噴射を2回ほど受けながらも、アカム本体からの直撃は受けずに戦闘を継続しています。

そして、前回は若干の絶望感をともないながら放った最後の一弾。
今回は随分余裕を持って放つ事ができました。

覇竜堕つ

かくして討伐成功。
クリアタイムは32:42(残り時間17:18)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

立ち回りは上手く行ったように思うのですが、ソニックブラストの直撃……これが本当に悔やまれます。
ただでさえ戦闘中の調合は非常に危険なのですから、気をつけなければいけません。

後はマグマ噴射をなんとか安定してかわせれば、ダメージをもっと抑える事もできそうです。



……かくして、何と一戦目で目標達成できました!

色んな狩人の方々の知恵や戦術を参考にした結果であって自分だけの力での目標達成ではありませんし、
条件的には勝てて当たり前(ボーンシューターで討伐している方がいらっしゃるのですから(笑)です。
しかし非常に小さな一歩ですが……また少し前に進めた事が本当に嬉しいです。

こうしてみると、ソロでの狩りというのも場合によっては色々な人に支えられているのですね。
狩猟に挑むモチベーション、出発前の準備、戦術の知識……。

直接出会わないハンターたちとの関わりを有難く思うと共に、戦略・戦術を練磨した先達の皆様に改めて敬意を。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/05(土) 09:46:54|
  2. MH P2nd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<黄金の月、爆弾の鬼 | ホーム | 教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビランス編)>>

コメント

ハートに火をつけて?

こんばんはー。
おー!早くもやってますな!
しかも危なげない。基礎がちゃんとしてる証拠ですね。

拡散運用に関してはその後のむらむらさんへのお返事とかに少し細かいところが追記されてますので、もしよろしければ。

怒り時の拡散以外の運用に関しては、あたしは尻尾はそもそも捨ててました。ご指摘の通り、いまいち境がわかんなかったんですよね。で、背中の鱗の表面を通すように貫通を撃っていっていました。覇弓でラオ全部位破壊する時みたいな感じですね(って、他の人がどうやってんのか知りませんが)。

でも…一番びっくりしたのはデュエル改腹下ですな。ラームさん時々すげー大胆な発想しますよね(笑)。
  1. 2008/01/05(土) 22:40:20 |
  2. URL |
  3. HUNTER's LOG #grGQ8zlQ
  4. [ 編集]

覇亜斗に火がつきました(笑)>HUNTER's LOGさん

いらっしゃいませ(ぺこり)

おかげさまでヘビィでも割と余裕を持って討伐できました!
初回とはまさに雲泥の差で、知識や戦術をお借りするだけでもこうも違うものかー。と改めて驚いております。

拡散弾は「腰」が狙い目と……(メモメモ)。
ヘビィでの対アカム戦術を練磨するためにももう少し挑戦してみようかと思っていますので、次回でさっそく試してみます。

そして怒り時は尻尾ではなく、もう直接背中を狙うんですね……論理的です(笑)
ラオの背中の棘を通す感覚に近いのでしょうか。
こちらもぜひ実践してみようと思います。

腹下戦術はガンランスで戦っている時に、
「これってヘビィでも応用できるんじゃないか」と思いついてやってみたものです。
当時はアカムの突進が絶対かわせないと思っていて、突進をさせないために色々と試行錯誤をしていました。

しかし今にしてみれば攻撃効率はあまり良くなく、
ダメージも受けやすい……と非常にお恥ずかしい限りの珍戦術です(爆)
相方たちからも「もはやガンナーの戦い方じゃない」と若干呆れ気味に言われる始末。

収穫は倒れ込みの攻撃範囲が脇腹の辺りは意外と狭い、という事ぐらいだったでしょうか。
それでも当時はその戦術で必死で倒そうとしてました。
恥ずかしいやら懐かしいやら。

こういう発想がもっと良いポイントを突いてくれればなぁ、と自分ながら思うのですが……(笑)


と、本日はコメントを頂きありがとうございました。
またどうぞ、いつでもお越し下さいませ!
  1. 2008/01/06(日) 11:09:58 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/57-2804b1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。