老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

お正月くらい休みたいなぁーなどとぼやきつつ、サービス業ゆえにそれもままならない今日この頃。
それでも全く時間がないわけではないので、今日も今日とて地道に教官チャレンジです。

火山黒グラ3戦目はクロオビランスで挑みます。

なんだかもうすでに、脳裏に弾かれモーション→高温ガスで吹き飛ぶラームの姿が……あう。
(実際昨日は夢に見てしまいました(滅)
いやいや……開始前から弱気ではいけません。
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」という事でクロオビランスの埃を払って出発です。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・硬化薬グレート×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・落とし穴
・シビレ罠
・小タル爆弾×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・ペイントボール×10
・砥石×20
・こんがり肉×10
・クーラードリンク×5

大剣での挑戦時とほぼ同じですね。
今回はある程度のダメージを覚悟して硬化薬グレートと、大タル爆弾起爆用に小タル爆弾を用意しています。



【基本戦術】

熱線放射の隙に胸を攻撃していく方針に変わりはありませんが、
今回は遅めに突進を出してからのフィニッシュ突きで胸にダメージを与えていきます。
(緑ゲージを維持していれば弾かれないため)
高温ガスは間に合えば離脱しますが、基本は通行税として割り切ります。



【狩猟記録】

まずは支給品から薬、食料、爆弾を持ち出してから大空洞(4)へ。
いつもならここでさっそく狩猟開始……のはずですが、黒グラはこちらを無視してさっさと溶岩の洞窟(5)へ移動。
ならばと、この大空洞のファンゴと隣の中央空洞(3)のメラルー2匹を掃討し、予想される激戦に備えます。

初交戦はドーナツ溶岩帯(7)でした。
うろうろしているイーオスを適度に相手しながら、
黒グラを落とし穴に嵌めて支給用大タル爆弾と大タル爆弾2個ずつを設置して爆破。

……しかし、これで胸が壊れない辺り本当に胸に当たっていますか?自分(爆)

ともかく穴から飛び出した黒グラの胸を基本戦術通りに地道に突いていきますが、なかなか壊れません。
しかしこちらは熱線放射後の高温ガスを頻繁にくらい、応急薬がまたしてもどんどん減っていきます。

結局胸殻の破壊に至ったのは黒グラが火口入口(6)を経由して移動した先の溶岩の洞窟(5)でした。
ガブラスを片付けて、今度はシビレ罠からの爆弾を胸に当てていきます。
この後は地道に胸をつついていくしかないわけですが、ここで応急薬が全滅。
いくらなんでもダメージを受けすぎです。
さらに悪い事に高温ガス噴射後の位置取りが悪く、続く熱線放射で力尽きてしまうラーム。
頭を抱えたくなりますが、キャンプで頭と体を冷やして再突入です。

そこで基本戦術を少し変更して、突進を始めたら一気に尻尾先まで貫通してしまう事に決定。
胸へのダメージは低くなりますが、
これならば怒り状態でなければ熱線放射→高温ガス噴射と来ても範囲外に離脱が可能です。
あわよくば尻尾も切ってしまおうという算段でした。

が、これも完全には上手くいきません。
この後戦場は大空洞(4)→中央空洞(3)→溶岩の洞窟(5)→ドーナツ溶岩帯(7)と推移していきますが、
なぜか尻尾が全く切れないのです。

尻尾の怯みは何度も発生しているのですが……
うぅむ、実際の当たり判定とは少しズレがあって、実は腹に当たっていたのでしょうか。
高温ガスの噴射時には上突きで(弾かれながら)突いたりもしていましたし、
十分なダメージは与えていたと思うのですが。
結局今回のクエスト中に尻尾が切れ飛ぶ事はありませんでした。

しかし高温ガスの被弾自体は減ったので、落ち着いて攻めれば……

あ(怒り熱線の顎に当たって吹き飛ばされるラーム)

ああ(熱線放射直撃)

あああああー!!(グラビモス突撃態勢)

……ガードしてみましたが、力尽きましたorz
日頃使っているガード性能+のありがたみが身に沁みます(泣)

腹甲殻破壊の前に2回も力尽きてしまいました。時計に目をやると、30分に針が動いたところ。
正直手応えもあまり感じていませんでしたが、
今までの攻撃を簡単に無にしてしまうのもアレなので3落ちまで頑張ってみる事にします。
継戦を決定して一路ドーナツ溶岩帯(7)へ向かいますが、エリア進入の直後に黒グラは溶岩の中へ。

追いかけた先は溶岩の洞窟(5)です。
と、ここで半ばヤケ気味に繰り出したランスの穂先に確かな手応え。ようやく腹甲殻が壊れました。

にわかに勢いづくラームですが、ここで焦ってはいけません。
なにしろあと一回力尽きるとクエスト失敗です。
黒グラが怒りやすくなっている事も考慮に入れて、慎重に腹を攻撃していきます。

しかし黒グラもしつこいラームにいい加減頭に来たのか、シューティングゲームのボスばりの発狂モードへ。

対空砲『シュバルツ・グラビモス』

(↑黒グラは画面左上隅にいます)

中でも火口入口方面出口から対空熱線を吐きまくられたのには、
時間が迫ってきていた事もあってさすがに辟易しました(死)

と、足を引きずりもせずに黒グラが再びドーナツ溶岩帯へ移動。
この余裕しゃくしゃくの姿に、多少なりとも苦労して攻撃して来た思いもありちょっと頭に血が上ります。

クーラードリンクを飲んで追走。
捕捉した黒グラにの懐に入り込み、もはや間合いを取る事を考えずにひたすら腹を突き続けます。
これが逆に良かったのか、回転尻尾やらタックルをスカしながらダメージを与えていく事に成功しています。
途中高温ガスで吹き飛ばされたり、残り10分のアナウンスが入ったりしましたが、構わずに攻撃を敢行。

結果、ようやく黒鎧竜の巨体が崩れ落ちました。

今日のその時

かくしてどうにか狩猟成功。
クリアタイムは41:23(残り時間08:37)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

自分の逆鱗状態に助けられた感のある討伐でした(滅)
しかし、本当にどうしたものかなぁと思います。
攻撃はどこを突いても弾かれますし、ガード不可能の高温ガスは厳しいですし……。
爆弾、罠の持ち込み調合をすればもう少し速くカタがつきそうではありますが、
あまり下位ではそこまではやりたくないです(死)

ちなみに回復薬の消費は応急薬と回復薬を全部と、薬草数個と回復薬グレートを1つでした。
大剣よりはダメージを受けなかった、という事にはなりますね。

一応成功となり達成感もありましたが、
日頃グラビモス戦でどれだけスキルに助けられているかが改めて分かりました。
しばらくノンスキルでは黒グラにランスで挑みたくありませんー(泣)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/01/04(金) 10:22:17|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<覇を喰らう | ホーム | 教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビブレイド編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/56-aad98b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。