老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『火山の黒き鎧』(クロオビボウガン編)

ラームです(ぺこり)

最近妙に暖かく、今が本当に冬なのか怪しいと思う今日この頃。
しかし年末の慌しさが今は冬だよーと、しっかりと現実に引き戻してくれます(泣)

教官チャレンジはグラビモス原種で今年は止めておこうかと思ったのですが、
時間が空きましたのでそれならばと火山のグラビモス亜種を狩りに行ってまいりました。
ちなみに、今回はいつもと順番を変えてクロオビボウガンからのチャレンジです。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・クーラードリンク×5
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×10
・LV1 通常弾
・LV2 通常弾×99
・LV3 通常弾×99
・LV1 貫通弾×60
・LV1 拡散弾×3
・水冷弾×60
・LV1 毒弾×12
・LV1 睡眠弾×12
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・落とし穴

爆弾が使えますので、睡眠弾や落とし穴も持ち込んでいます。
腹甲殻をさっさと割ってしまおうという考えですね。



【基本戦術】

黒グラは熱線放射を多用するので、その隙に胸殻に水冷弾を撃ち込んでいきます。
これらの弾丸が切れた後は貫通弾・通常弾に切り替えて攻撃を継続。
また、腹まで壊れたら狙いを腹に変えて撃ち込んでいきます。

怒り突入の咆哮には前転でグラビモスの首下くらいの間合いに入り込みます。
タックルか回転尻尾をくらうでしょうが、熱線の直撃を受けるよりはマシです。
どれか一撃くらうのはほぼ確実なので、交戦時の体力は最大値を維持しておくよう心がけます。



【狩猟記録】

夜の火山に到着。
そういえば、狩猟記録をつけ始めてからの教官チャレンジで火山にくるのは初めてかもしれません。

いつもながら、夜の火山は生き物の気配が少ないように思えます。
その分昼間より勢いを増す火山がなんとも不気味です。
やや苦手なフィールドなので、そう感じてしまうのかもしれませんが(笑)

まずはキャンプで応急薬・携帯食料・支給用大タル爆弾を入手して大空洞(4)に向かいます。
ここに黒グラがいるはずです。

入口近くにいた黒グラを捕捉。
小型モンスターは北側にファンゴが一匹うろついているようですが、気付かれそうにないので放置して狩猟開始です。
まずは突進で溶岩の中に入り込んだ黒グラにLV1毒弾を乱れ撃ち。毒化させます。
ついで陸に上がってくるのを見計らってLV1睡眠弾を撃ち込み、今度は眠らせる事に成功します。

眠り込んだ黒グラの胸元に支給用タル爆弾を設置。
狙撃して起爆しますが、この際先に起爆用の弾が当たらないよう設置した爆弾の少し手前を撃ちます。
この一撃では胸殻は割れなかったので、ここから少し水冷弾を撃ち込んでいます。

と、一回目の怒り咆哮。
首下に潜り込んだところ、黒グラが空中に飛び上がります。
幸い攻撃判定、風圧判定ともに外れた場所だったので上手くノーダメージで切り抜ける事ができました。

しばらくして胸殻を破壊。
落とし穴は次のエリアで設置する事にして、ここでは継続して水冷弾を撃ち込んでいきます。

ここで2回目の怒り咆哮。今回は突進をまともに受けてしまいます。
ダメージはおよそ最大値の3分の2。
うーむ、厳しいですが一発で力尽きないだけ良しとしましょう。

そうこうしているうちに戦闘開始から5分が経過。
黒グラはのしのしと隣の溶岩の洞窟(5)へ移動します。

こちらが追走すると、そこにはガブラスの影が。
溶岩の中にいた黒グラもすぐに上陸して来て、混戦になってしまいます。
まずはガブラスを撃墜してから、熱線放射の隙に決死の落とし穴設置。
熱線を吐き終わった黒グラがタックルを繰り出しますが、ダイブで回避します。

直後、黒グラは見事に落とし穴にはまりました。
この機を逃さず、大タルGと大タルを一気に投入。腹甲殻の破壊に成功しました。

これは飛び出した後はさすがに怒るだろうとふんで大きく距離をとりますが……む?怒りませんね(爆)
なんだかちょっと損した気分ですが、装填弾を貫通弾に切り替えて攻撃していきます。

腹が割れた黒グラ、ダメージが通りやすくなった分よく怒ります。
ここでの戦闘では一回の怒り咆哮につき回転尻尾かタックルを一回ずつ受けています。
直撃は無かったのですが、見ていると怒り咆哮からのコンボはやはり熱線が一番危険な感じです。
今回のようにうまくやりすごせればいいのですが……。

と、ここで黒グラが足を引きずりました。
あの、まだ10分針ですよ?(死)やはり爆弾が使えるとずいぶん違います。

再び大空洞(4)に移動した黒グラを追いかけ、陸に上げてから貫通弾を撃ち込む事しばし。

怖い顔

討伐の瞬間は何か怖い事になっていますが、無事討伐に成功。
クリアタイムは14:07(残り時間35:53)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

やはり爆弾が使えると、いつも使っている武器種という事もあって非常に楽です。
気をつけるべきは怒り咆哮のタイミングでしょうか。
これを集中して見極めなければ、ちょっと酷い事になりそうです。
(熱線の直撃はありませんでしたが、その他の攻撃もけっこう効いています)

今回は割と早く済みましたが、次回からは近接武器。油断せずにさらに慎重に行きましょう。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/29(土) 11:36:09|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年暮れて | ホーム | 棘の路>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/52-012586f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。