老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビボウガン編)

ラームです(ぺこり)

MHP2Gの発売が来年3月に仮決定との事です。
これは……教官チャレンジをそこまでになんとかしろ、という事ですかそうですか(爆)

ともあれあまり根を詰めてやるのも何ですので、焦らずにじっくりと進めていこうかと思います。

本日はクロオビ系唯一の遠距離武器、クロオビボウガンでのチャレンジを振り返ります。




今回の持ち物は以下の通りです。

・回復薬×10
・回復薬G×10
・ホットドリンク×5
・秘薬×2
・力の護符&爪
・守りの護符&爪
・こんがり肉×10
・ペイントボール×20
・閃光玉×5
・大タル爆弾G×2
・LV2 通常弾×99
・LV3 通常弾×99
・LV1 貫通弾×60
・LV1 散弾×60
・LV1 拡散弾×3
・電撃弾×60
・薬草×10

ついに予備の防寒アイテムが無くなりました。
せっかく速射が使えるのだからと電撃弾を持ち込んでみる辺り、いかにも余裕を感じていそうな雰囲気ですね(爆)

かくしてラーム、今回は弾丸をどっさり抱えて雪山に入山です。
エリア6でティガを補足し、例によってエリア8のブランゴを先に片付けておいてから狩猟開始。

さて、自分は通常ティガと言えばヘビィか弓で相手をしておりますので、
同じ遠距離武器であるライトボウガンでの立ち回りも一応心得てはいます。
基本戦術は突進を回避しつつのノースコープでの後脚への射撃です。

ちなみに自分の場合は視点移動も滅多にせずに、ティガが行き過ぎるのに合わせて斜め後ろ方向へ射撃を行っています。
(撃った直後に視点をティガに合わせます)
これで当たるの?と思われそうですが、ティガは姿勢を低くして突進しているので、
レウスやレイアのように腹下を弾が通過するという事態にはあまりなりません。
少なくともどこかには当たります(爆)し、慣れてくれば高確率で後脚に当てる事ができるようになってくると思います。
ティガの突進が終わって余裕があるようでしたらもう1、2発撃ち込み、
振り向きはじめたらできるだけ右側に走りつつ再び交差射撃を狙っていきます。
なお、交差射撃時に転倒したら通常弾を装填していた場合はさらに後脚に固め撃ち、
貫通弾を装填していた場合は前脚→頭へ通るように撃ちこんでいます。

と、今回は電撃弾から使っていったのですが……まぁ怯みません(死)
さらに反動のため動きが鈍り、あわやという場面が序盤に何回かありました。
強化されたとはいえ、使い辛い機能だなぁと思ってしまいます。
ライトにはライトの長所がすでにあるのだから、微妙な機能をつけなくても……。
(自分はライトの長所をベストな射撃ポイントへの位置取りが速く、比較的容易にできる事だと考えています)
もっとも速射に関しては自分も指が擦り切れるほど使い込んでいるわけではないのでして、
さらなる運用法が発見される日が来るのかもしれません。

そんな事を考えながら交戦を続けていると、ティガが怒り状態に。
怒り状態になったティガはさらに交差射撃が面白くなりますので、閃光を使うのはいささかもったいない感じですね。
甘くなったドリフトホーミングからの突進方向に合わせて予測射撃で貫通弾を撃ち込み、
さらにそれで大きく転倒させたりすると、俺うめぇぇぇぇ状態でウハウハ(爆)できます。
ただし雪山は地形が全般的に狭いため、突進が壁に引っかかって起きる壁滑りには十分注意しなければなりませんが。

そんなこんなで、今回は大過なく20分経過。
LV2通常弾とLV1貫通弾、おまけに拡散弾を使いきって、
さらにLV3通常弾を60発ほど消費した時点でエリア8でティガが足を引きずります。

普段なら寝かせて爆破、のパターンですが……ふと「逃がさん」と思い立って閃光玉で足止め。
ここで大タル爆弾Gを仕掛けて、回転攻撃に吹き飛ばされながらも爆破。
めまいから醒めてひいこらと巣に逃げようとするティガの目の前で、二つ目の閃光玉が炸裂(鬼)

「の が さ ん」

某FF、魔列車の幽霊の如き呟きを発しながら弾を撃ち込む事十数発、ティガの断末魔が山頂に轟きました。

かくして狩猟成功。
クリアタイムは24:04(残り25:56)でした。



ボウガンが今迄で一番速い(おまけに応急薬で事足りてしまった)とか……
どう見ても近接の修行不足です。本当にあり(略)

ちなみに弾丸の残りは……

・LV3 通常弾×13
・LV1 散弾×60

散弾を戦力外と考えた場合、割とギリギリでした。
電撃弾が効果的にヒットしていたかどうかが非常に微妙なので、
持ち物をカラハリ+調合書に変えてみても良いかもしれません。

今回は日頃使っている武器種でもあり、防具の能力もガンナー用としては全く問題ない、
というか高性能(笑)ですので、気分的には楽なままクリアできました。
グラビとかは普通に厳しそうですが……頑張ってみます!

と、いうところで今回はこの辺で失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

それでは、皆様も良い狩りを!
  1. 2007/11/01(木) 05:44:24|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビハンマー編) | ホーム | 教官への道・集会所☆5『絶対強者』(クロオビブレイド編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/5-2c03e127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。