老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

「時空のたもと」と言う曲を最近耳にする機会があり、気に入って聴きつけております。

CGを使ったガ○ダムのOP曲らしいのですが、
儚さと哀しさ、それでいてどこかに力強さを含んだなかなか良い曲です。
最近のガン○ムは実はあまり良く知らなかったりするのですが、
好きだった一年戦争ものと言う事ですし、今度見てみましょうか……。

さて、しばらく間が空いてしまいましたが今回は教官チャレンジを進めていきます。
下位沼グラビモス最終戦、クロオビランスでのチャレンジとなります。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・爆雷針×5
・砥石×20
・こんがり肉×10



【基本戦術】

突進の前モーション(体勢を低くして唸る)、あるいは熱線放射に合わせて胸に攻撃を敢行します。
攻撃後は離脱せずに、近距離で戦闘を継続。
噛みつきが来たら少し腹下に入り込んで上突き、タックルはガード後に2~3回上突きを入れます。
回転尻尾をガードした場合も上突きで一撃は入れたいところですが、状況次第で。

なお、ガス系の攻撃が来た場合はおそらく離脱が間に合わないので、
死に土産(よほどの事がない限り死にませんが)に腹に1~2撃入れておきます。



【狩猟記録】

雨の沼地に到着。
キャンプで支給品を一式ポーチに詰め込み、通例の小型モンスターの掃討から始めます。

今回は茸ヶ原(5)と地獄の一丁目(4)のファンゴとコンガを全て散らしてもグラビモスが姿を見せません。
どうやら洞窟西側入口(6)へ移動した模様。

ならばと霧の草原(8)に進入し、ここにいるファンゴ3頭も掃討しておきます。
その後で地獄の一丁目(4)に戻ると、丁度グラビモスが到着したところ。
グラビモスの咆哮を合図に狩猟開始です。

まずは爆雷針を使ってダメージを与え、その後は基本戦術を展開して胸→腹甲殻の破壊を狙っていきます。
今回は尻尾は最初から狙わない事にしました。(弾かれてしまいますし)

しかしここで問題発生。
他の近接武器と同じように、何回か突進前のモーションに合わせて武器出しで胸を狙っているのですが……
脚に当たってしまって、思い切り弾かれてしまいます。

狙い所が良くないのでしょうが、これではこちらが危険です。
仕方がないので突進した後のグラビモスに早めに近付き、
振り向いたグラビモスの攻撃を一回ガード、またはスカしてから接近戦闘を挑む方向に切り替えます。

と、グラビモスは霧の草原(8)へ移動。
ファンゴはすでにいないので、安心して戦闘ができます。
時々火炎ガスでダメージを受けますが、最大体力をキープするようにして力尽きる事は避けます。
睡眠ガスは足元ならば踏みつけなどで起こされるので、そうそう大きなダメージは受けませんね。

胸殻を割った辺りで戦場は洞窟西側入口(6)へ移行。
追走しますが、グラビモスはおそらくすぐに移動するはずなのでここはスルー。
一気にキャンプまで走り抜け、応急薬と爆雷針を補充。ついでにベッドで一眠りして体力を回復します。

キャンプから茸ヶ原(5)に出た直後にグラビモス到着。爆雷針を使いつつ攻め込んでいきます。
と、15分針中ほどで腹甲殻を破壊。ここからは追い込みです。
茸ヶ原(5)→地獄の一丁目(4)→茸ヶ原(5)と逃げ惑う(?)グラビモスを追撃。

腹甲殻の破壊からおよそ10分。タックルをガードした後、腹への上突きでついにグラビモスが倒れました。

蜂の一刺

(↑あきらかに脚に当たっていますが、手応えは腹でした(爆)

かくして狩猟成功。
クリアタイムは24:24(残り時間25:36)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

序盤は戦術の組み立てに少し苦労したと思うのですが、終わってみればまずまずの時間ではありました。
尻尾も切っておくべきだったでしょうか。しかしああ弾かれては……。

しかし、小型モンスターが比較的簡単に掃討できるクエストは気分的に楽ですね。
相手がグラビモスでは楽だとばかりも言っていられませんが、
ガレオスが常に周回している状況よりは……という事で(笑)

次回からは火山の黒グラビモスに挑みます。
環境は厳しくなりますが、爆弾が使える分楽になる……と、信じたいです。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/25(火) 11:47:01|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジンクス、サンクス | ホーム | ドンドルマの悪夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/49-bb3efcca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。