老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竜の年を迎えて

ラームです(ぺこり)

すっかり遅くなってしまいましたが、まずはこちらをご覧の皆様へ新年のご挨拶を申し上げます。
更新の間が空きがちなブログであるにもかかわらず、昨年もお付き合いを頂いて本当にありがとうございました。
本年が皆様にとって穏やかかつ健やかに過ごせる一年になりますよう心からお祈り致しますと共に、
当方と変わらずお付き合いを頂ければ幸いに思います。


さて、ゆるゆると進めております3G。
先だってナバルデウスを退けてモガの村の危機を掃い、同時に上位クラスに歩を進める事ができました。
現在は★6を全てクリアして緊急クエストを出現させた状態で、このクラスで強化できる装備を整えているところです。
防具の方は安心と信頼のボロスS系剣士&ガンナーセット(ガード性能/精密射撃+攻撃防御UP)、
ハンターSをベースにした捕獲ガンナーセットを揃えてほぼ問題ないのですが、
武器に関しては強化派生先が多くなってきまして手を広げるのがなかなか大変な感じです。
現状メインのガンランス、ライト、ヘビィに加えて最近はスラッシュアックスも作りたいなぁなどと考えているのですが、
それをはじめると本当に進行ががが(爆)

そういえば今作で始めてガンランスを水中で使う事になったのですが、悪くない感じですね。
tri-の水中戦でもランスは使いやすかったので、その亜種武器であるガンランスも同様に仕上がってると思います。
攻撃面では踏み込み斬り上げが移動距離・上下の攻撃幅共に優秀で、
水中では斬りにくい尻尾を斬り飛ばすのに重宝しています。竜撃砲が縦方向にも発射角を変えられるのもナイスです。

ちなみにガンランスはプリンセスバーストが完成してからはこれをメインに用いています。
レイアの性質をよくあらわしている設計の武器であり、
また属性とガンランスの武器性質それぞれの要素が上手く弱みを補って、
いかなる狩猟でも汎用的に用いる事ができる点がなんとも好みです。
強化の末に桜色や金色の厚化粧にならなければ末永く使い込んでいきたいです。

一方でボウガンに関しては粒は揃っていると思うものの、これという一品は見出せていません。
暗紅砲やヴァルキリーファイアの系列は良い感じですが・・・ここからの性能の仕上がりに期待したいです。
ヘビィは・・・どうしたもんでしょうね(爆)
この段階ゆえかもしれませんが、基本的に性能が一つ二つ「抜けている」のがどうにも使いづらいです。
弱みも個性ではありますが、どうせなら強みの方もしっかり表現していただきたいものですが・・・。
ともあれこちらもこの先出てくる物に期待をかけるとしましょう。

そういえば久しぶりに桜レイアとも邂逅を果たしました。
ことあるごとに火を噴いたり昇龍図のようなサマーを繰り出したりと、
華やかな体色に相応しいアグレッシブなアクションが印象的ですね。
P3rd金火竜のようなやりすぎ感もさほどではなく、原種とは一味違うモンスターとして楽しめそうです。
個人的な好みとしてはちと騒がしすぎるな、と思いますが(笑)


あと数種類の武器を強化したら、いよいよ復活のガノトトスに挑んでみようかと思います。
体験版でまみえてはいますが、自分で調整した装備で挑むのは初めての相手。
十分な準備をして、気を引き締めて狩りに臨むとしましょうか。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2012/01/06(金) 17:16:37|
  2. MH 3G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<竜の舞う地で | ホーム | お返事>SISさん、かにマジンさん、カルツさん>>

コメント

解放、リミッター

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね。

自分はというとついにナバルデウス亜種を撃破しG級に突入、取る者も取らずまっさきにポンデの串刺しを造った後でアークアンセスター制作、リミッター解除しました。
攻撃力がおかしいレベルに到達してて吹いた。480オーバーて。
なかなか玄人好みの性能です、リミッター解除。機動力の低下、簡単にしか説明されますが体感だと凄まじく遅い。歩幅がちょっと短くなったような感じなので、今までどおりの一歩踏み込んでからころりん、の心構えだと引かれます。今まで以上に控え目に撃って逃げるの精神がいりますね。あと、反応速度も低下してます。
が、それがいいような感じです。なんていうか、ずっしり来る。なんていうか私が担いでるのは大砲なんだ、ってのがビキビキきます。たまらない。
竜撃弾は、チャージ時間はおそらくかつてのレベル3ですね。かなり長い。反動は、ボウガン自体の反動軽減中でモーションが大だったので、レベル2ぐらい?装填はちょっと早いような気がしますが、ひっさげてるボウガンがリロード遅なのでなんともいえません。
威力の方は何とも……。ぴんとこない感じですが、数発撃ちこんでおいた部分にかますとひるませられるのでそこそこあるようです。
やはり、大抵1発という装填数の問題から、ダウン時等への追撃、という使い方は難しく、チャージ時間から常用もちょっと厳しい。どちらかというと、対空迎撃とかむちゃくちゃ硬い部分に撃ち込むのが正しい運用という感じです。なにせトライの時と違ってこっちの機動力・展開力がワースト1といってもいい状態なので、同じ運用はちょっと難しいでしょうね。
  1. 2012/01/07(土) 21:12:18 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
これからもおもしろい記事を期待しています。
  1. 2012/01/08(日) 16:59:23 |
  2. URL |
  3. 緋龍 #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願いいたします
私は一切水中戦を経験してないのですが
あのガノトトスが水中で生き生きしてるとなると・・・w
今後の続報も楽しみにしております

  1. 2012/01/08(日) 22:26:18 |
  2. URL |
  3. 竹蔵 #/Amn5WiM
  4. [ 編集]

今年も宜しくお願いします。

当初、私は街クエストをヘビィで進めていたのですが、いかんせん使い勝手が悪く、途中からオールガンランスで進めてしまいました。まあ、ガンランスの使い勝手はいいのか、という話はさて置いてw

そんな訳で、G級に上がってリミット解除も開放されたのですが、まだ試しておりません。が、噂ではかなり取り回しに難があるとのこと。何かこう、ヘビィならではの強みというのが中々見えてこないのが歯がゆいところです。

ともあれ、今年は竜の年とあって、まさにモンハン年。お互い、狩りを楽しんで参りましょう!
  1. 2012/01/10(火) 09:17:51 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

遅ればせながら

新年のご挨拶申し上げます
今年もモンハンの記事に限らず、ラーム殿のブログを楽しみにしたいと思っております
なかなか更新するのも大変な事とは存じますが、頑張っていただきたいと思います(>_<)

さてMH3G~
私もゆるゆる進めておりますがーようやく村9にたどり着きました

私の場合、今作では双剣をメインに据えガンランス、ライトで狩猟生活を営んでおります

双剣はチャパラニードルとヴェノムウイングの二振り、銃槍はボルボローダー一択。
ボウガンはヴァルキリーフレイムとネブラ派生二丁、ガノスプレッシャーといったところです

防具はルドロスと採取用のレザーのみしか作っていません(笑
回避性能も付けず、銃槍使用時も未だに[ガード性能]を付けてませんがーなんとかここまできましたな
というか、ガード性能ない方が銃槍は楽しいです(ぇ

しかしG級に進んだらそう甘くはないとは期待しています。楽しみです(笑
  1. 2012/01/10(火) 21:43:13 |
  2. URL |
  3. カルツ #-
  4. [ 編集]

お返事>SISさん、緋龍さん、竹蔵さん、かにマジンさん、カルツさん

皆様、いらっしゃいませー(ぺこり)

--------------------------------------------------

>SISさん

ナバル亜種・・・だと・・・!?(爆)

それはさておきまして、SISさんはもうG級に到達されましたか。
ヘビィの重火力改造、さっそく堪能されていらっしゃるようですね。
P3rdからのヘビィが気分的にストレート・ミドルの操作感覚でしたから、
それを本来のヘビィに戻す感じなのでしょうかね。うむ、楽しみです。

竜撃弾はどのように使ったものでしょうかねー。
tri-のように機動力でデメリットを補う手は使えないわけですし、使いどころがさらに難しくなっていそうです。
これで威力が固定とかになっていたら泣くしか・・・。

ともあれ、こちらはまずG級に上がるところからですね。
従来のシリーズと比べれば非常にのんびりやっておりますが、操作にもなんとか慣れてきて楽しく遊んでおります。
「重たい」ヘビィを担ぐ時をさらに楽しみにしつつ、精進していこうと思います。

--------------------------------------------------

>緋龍さん

こちらこそ、今年も宜しくお願いいたしますー(ぺこり)

更新の頻度が以前と比べてかなり落ちてしまっており、
緋龍さんをはじめお付き合いを頂いている皆様には申し訳ないと感じております。
3Gは個人的になかなか楽しめておりますので、今年はもう少し積極的に足跡を記していきたいところです。
緋龍さんのご期待に添えるような記事を記していけるよう、一層励んで参ります。

森でレウスを見かけて資源と尻尾をよこせと襲いかかったはいいものの、
怒りの逆襲を受けて3Gでの初落ちをくらったとか色々ネタはあります。少々お待ちくださいませ(笑)

--------------------------------------------------

>竹蔵さん

スカイリムの探索、お疲れ様です。
こちらも時間を見つけては彼の地を旅しているのですが、世界への没入感が半端ないゲームですね。
この世界でモンハンをやりたいというお言葉に深く頷きましたです(笑)

ところで3Gのガノトトスですが、なかなかいいですよ。
最近のモンスターはどうも動き方が細かくなりすぎてるかなぁと思っているのですが、
ガノトトスは1stシーズンのモンスターが持っていた良い意味での大雑把さを残しつつ、
1stシーズンでは表現しきれなかった生物の躍動感を表現できていると思います。
動画でも撮れれば良いのですが、ハード的にちょっと難しいのが残念なところです。

自分は様々なゲームに触れる事は、モンハンをプレイしていく上でも有意義な経験になると思っています。
それがスカイリムのように深く作り込まれた世界を持つゲームならば尚更の事です。
竹蔵さんならではのスカイリムの旅、大いに楽しまれてくださいませ。
当方も自分の道を楽しみつつ、竹蔵さんの足跡を楽しみに拝見させて頂きます^^


--------------------------------------------------

>かにマジンさん

どうもどうも。かにファミリーの狩猟録、いつもながら大変楽しく拝見させて頂いております。

ヘビィはまあ・・・微妙な感じが付きまといますね(爆)
とはいえ妃竜系や潜伏系は相変わらず安定感のある使い心地で、
上位での強化でさらに使いでが上がってきてはいます。重火力改造を含めて、先を楽しみにしたいです。
しゃがみ撃ちを使いこなしていらっしゃる方もお見受けするようになってきましたし、
ヘビィはもしかするとここからもう一化けするのかもしれませんね。
それこそ膝射のように、もう少し腰を据えて付き合ってみるべきかなとも思っています。

ガンランスやライトを用いた狩りも非常に楽しいのがこの際は困りものですが・・・(笑)
かにマジンさんも、さらに良い狩りを楽しんでくださいませ!

--------------------------------------------------

>カルツさん

お言葉ありがとうございます。
モンハンの記事どころか更新の頻度がヤバくなっている当ブログですが(滅)、
書きたい事はありますので、気力のある時にぼちぼちと書き綴っていくと思います。
のんびりお付き合いを頂ければ幸いです(礼)

カルツさんは双剣・銃槍・軽弩ですかー。
近接二種は同じ攻め手重視の武器種ながら操作感は対極に近い感じですから、なかなか大変ではないでしょうか。
しかし故にこそ同じ武器を扱っているだけでは見えない狩りが見えてくるかもしれませんね。
怒涛の連舞と応変の重撃、楽しまれつつ道を磨かれていってくださいませ。

そしてボルボローダーいいですよね。
無属性、マイナス会心という引け目がありながら実際に用いると確かな力を感じさせますし、
なんといっても作りやすさ・力強さ・頑丈さといった要素への説得力があるフォルムは実に秀逸だと思います。
今作の新規モデル武器の中でも出色の出来ではないでしょうか。

ボウガンの方は安定感のあるものを好まれているご様子。
ガノスプレッシャーは最初器用貧乏な感じなのかなーと思っていたのですが、
実際に手に持ってみると意外なほど使いやすい感じで、自分も好んで狩りに持ち出しておりますね。
パワーバレルがあまり好みではないのが難点ですが(笑)

しかしガンランスをガード性能無しで進まれてますか、いや凄い。
自分なんかもうボロス一式完全に着たきりすずめです、ええ(爆)
しかもガード性能+2でノックバックのある攻撃を受けてぶつくさ言ってたりしますから、情けない事この上ないですw

G級は自分にとってはまだ雲の上の世界ですが、どのような感じになっているものか・・・恐ろしくも楽しみです。
お返事が遅れてしまったので、カルツさんはもう到達されていらっしゃるかもしれませんが(笑)
ぜひ新規デザインが多くなるであろう防具群とも合わせて存分にお楽しみくださいませ。
自分もゆっーくりと追いかけるとしますw

--------------------------------------------------

年始のご挨拶、どうもありがとうございました。ここで改めてお礼を申し上げます(礼)
また何かありました時は、どうか気軽に声をおかけくださいませ。

それでは今年もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2012/01/16(月) 15:12:22 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/01/16(月) 20:48:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメ返し返し

いやいや、情けないなどと[白鱗の銃槍の英雄]たるラーム殿に言われては恐縮の極みです(汗
銃槍士として、私などはラーム殿の足元に及びませんし、未だに背中を追い続けております。

ガード性能については、そのノックバックがいいんですよ(ぇ
モンスターの攻撃をガードして後ずさりしてしまうと言うのは、私にとってのリアリティの追求ですなw
むしろ銃槍やランスでも本来は片手剣の盾ぐらいノックバックしても良いと思っているくらいですw

確かに双剣と銃槍は同じ近接と言えども、立ち回りや戦術が大きく変わります。しかし私の中ではウマいこと使い分けが出来てますな。
これが、たまにランスを使ってしまった時の方がその後ガタガタになるというw

…というかですね。
モンスターに張り付いて戦わなければならない双剣を使い始めた事で、モンスターの動きや隙の見極めの精度が上がり、銃槍の戦闘スタイルもガードよりもステップ回避を多用して攻撃に連携させるようになりました。
うーむ。これは自惚れが過ぎたかもです(汗

これは余談ですが、今ではいっぱしの双剣ハンターを自称してますが、双剣を使い始めたのは、ラーム殿を追いかけて行ったWiiのMHGからですよw

嗚呼まだまだ話は尽きないのですがー
長文になりすぎましたので、ここらで失礼致します。
私事ですがー最近は身近にハンターがとんと少なくなり、この手の話をする機会が減りました。
モンハン話に飢えてます(笑
平にご容赦くださいませ。
  1. 2012/01/16(月) 22:41:06 |
  2. URL |
  3. カルツ #-
  4. [ 編集]

三重返し>カルツさん

カルツさん、再度いらっしゃいませー。

おうふ、英雄とはまた持ち上げられましたね(爆)
自分自身ではブログを記している事以外は実に平々凡々たるハンターだと思っているのですが、
そう評していただく事は素直にありがたいです。
いつかその評に相応しいハンターになれるよう、自身の道をさらに磨いて参ります。

そしてカルツさんが自分の足元に及ばない、という事はないでしょう(笑)
そもそも狩りのやり方に各人ごとの違いはあってもそれらに上下優劣は無いと自分は思っていますし、
(他者の狩り方に意図的な悪意をぶつけたり、狩り方の押し付けを無理に行なうようなものは別として)
実際に今回のやりとりの中でもそれは現れていますよ。

何となれば、カルツさんはガード時のノックバックをガンランスを使う上で醍醐味の一つとして捉えていらっしゃる。
対して自分はせっかくガード性能+2を付けているのに、ノックバックがあるのは遺憾だとだけ感じています。
この違いは、我々がそれぞれの狩りの道を歩いている証拠だと思います。
そしてたとえ近くとも別々の道を行く者同士の間に、どうして後先の差がありましょうか。
自分の歩き方を一つの道標として見ていただく事は大変光栄であり、嬉しく思います。
でも決してそれのみに過剰に目を奪われる事なく、どうか胸を張って自身の道の一番先を歩き続けてくださいませ。
ま・・・今回頂いたコメントの内容を拝見するに、無用の心配でありそうですが(爆)


とと、前置きが長くなってしまいました。

ガード性能とノックバックに関してはですねー、
自分としてはノックバックをなくして反撃を行なうという攻め手のためにわざわざ+2まで発動させているのに、
それでもダメだというならスキルの意味がないというゲーム的な感覚が先に立ってしまうんですね。
一昔前はヴォルガノスくらいでしたが最近は+2でもノックバックのある攻撃をするモンスターが普通に増えてきており、
ちょっとしたフラストレーションを抱えております。
一方でいずれの攻撃もその“説得力”はしっかりと持っておりますので、そこがまた見事だと感じつつも憎らしく(笑)
もちろんこれを一つのリアリティだと感じることも、見事なものの見方だと思いますよ。

ふうむ、双剣と銃槍、良い連携を見せているようですね。
対極ともいえる二種の武器が生み出した狩猟戦術、この目で見てみたいものです。
自惚れ大いに結構ではありませんか。さらに独自の戦術を磨き上げ、道を拓いていってください。
そしてその道程を時々でもこちらにお知らせくだされば、大いに喜びます(笑)


そうですね・・・自分の身の回りやネットで方々を見渡しますに、
一時に比べるとモンハン界隈の活気は少し下火になっていると感じます。
こちらも例外ではないという感じですが(爆)、こちらでよければいつでも声をおかけくださいませ。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2012/01/18(水) 14:31:15 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/476-156aeddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。