老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

制限解除

ラームです(ぺこり)

なんだかんだで予約も済ませて発売を静かに待っている3Gですが、
ここしばらくの間にまたいくつか情報が明らかになってきておりますね。
中でも自分にとって興味深かったのは、やはりボウガンの新仕様である『リミッター解除』です。
これはレア度6以上のボウガンの性能を変化させる追加加工であり、
いつでも元に戻せるという事でノリとしてはサイレンサーやオプションバレルのようなパーツ追加に近いもののようです。
その内容は・・・。


<ヘビィボウガン>
 ・攻撃力が高くなる
 ・竜撃弾が使用可能になる
 ・しゃがみ撃ちが使用不可能になる(代わりに一部のしゃがみ撃ち対応弾の装填数が増える)


 重火力改造という感じで非常に良い感じですね。
 何より竜撃弾が見捨てられずに採用されているのに安堵しました。
 試遊に臨まれた方に聞いた話ですと竜撃弾はレベルが廃され、
 本当に奥の手みたいな感じになっているそうですが・・・それはそれで良いのかもしれません。
 機動力に欠けるヘビィ専用の弾という事で運用には難儀をしそうですが、
 ここぞという場面ではぜひ使っていきたいものです。

 一つ思うところは、個人的にしゃがみ撃ちができなくなる事によるデメリットをまったく感じない事です。
 このままだとリミッター解除一択になってしまいそうな気が・・・。
 元々しゃがみ撃ちの仕様がガンナーの防御力で動けなくなるというデメリットをカバーしきれていないと思いますし、
 願わくば膝射体勢に反動や弾ブレが無視されるなどの強力な補助効果を付与するなどして、
 通常仕様かリミッター解除かをプレイヤーにしっかりと迷わせてほしい所ですね。

 しかし「取り回しが悪くなるのでしゃがみ撃ちが不可能に」ですか・・・。
 重火器の取り回しの悪さをカバーするための体勢が膝射だと思うのですが、そのへんどうなんでしょう(爆)


<ライトボウガン>
 ・弾種を変更してもリロード状態が保持される
 ・X+Aボタンで全ての運用可能弾の一括リロードが可能
 ・射撃後の回避がバックステップ、サイドステップではなく左右の回転回避になる
 ・速射が使用不可能になる(代わりに一部の速射対応弾の装填数が増える)

 面白いと思うのですが、こちらはヘビィよりさらに立ち回りの根本に影響を及ぼしそうな改造で、
 実際に触ってみない事には評価のしようがない感じですね。
 回復弾や状態異常弾など、機を逃さずに使用したい弾を運用するのに実に良い感じではないかと思います。
 無理な話ではありますが、この仕様のライトで竜撃弾を運用してみたいと妄想せずにはいられません。

 気になるのはヘビィ同様、従来の特殊性能である速射がリミッター解除に負けないほどの運用性を獲得できるのか、
 この点に尽きます。
 「新仕様のメリットすごいですよ、ガンガン使ってください!」ではあまりに従来の特殊性能の立場がありません。
 Gクラスから開放という制限だけでは到底バランスが取れないと思います。
 速射に関しては攻撃属性弾が強化されてきたおかげで「強い」という印象がもたれがちですが、
 仕様そのものの性能としてはP3rdの段階においてなお「工夫すれば使えないこともない」レベルのものだと思います。
 今のままではリミッター解除の速射が使えないという要素は、デメリットどころかメリットであるような気もしてきます。
 できるならば速射の仕様も一度根元から見直して、
 リミッター解除解放後も引き続き使いたくなるような機能に仕上げてほしいものですが・・・。
 さて、開発陣にはどのような捉え方をされているものでしょうか。


というわけで新機能の追加は大いに期待が膨らむところですが、
一方で従来の機能の底上げ・・・と言いますか調整もしっかりとお願いしたいというのが偽らざる心情です。
tri-は新しいものを多く盛り込みながら、以前からあったものにもしっかりと手を加えていたシリーズでありました。
その流れを3Gにも受け継いでほしいな、と思います。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2011/11/08(火) 19:13:46|
  2. MH 3G
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8
<<孤島へ | ホーム | 正直なる飛行隊>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/11/11(金) 00:23:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

妙な不安

どうも。追加要素発表前のトライGへの不安で予約見送っていたら今回も予約に間に合わなかったSISです。
まあいいけどね。

なんか今回の記事を読んでいたら妙な不安がムクムクと。現状しゃがみ撃ちが完全にいらない子なのでリミッター解除一筋になるわけなんですが。
まさか。まさか竜撃弾がしゃがみ撃ち級の地雷だったりしませんよね。しゃがみ撃ちの体制にはいってからじゃないと使えないとか。
もしこれで「相互互換です(ドヤァ」とかになったら私は二度とカプコンのゲームを買いません。ええ二度と。
  1. 2011/11/12(土) 21:33:18 |
  2. URL |
  3. sis #CofySn7Q
  4. [ 編集]

スノウギア「リミッター解除と聞いて飛んできまし…えっ?」

3Gのしゃがみ撃ちはネックだったしゃがみモーションが最速リロードよりも早く射撃開始できそうなくらいに高速化されているようです。(※前半のガシャン!ってやるアレがまるまるカット)
シャガミストとしては嬉しい強化ですね。リロード代わりにしゃがむ戦法が容易にとれるようになりそうでわくわくしています。
しゃがみ撃ちは使いようによってはかなりの性能を発揮していたので弱体化を懸念していたのですが…
強化の方向でリミッター解除と釣り合いをとらせるのはさすが!といったところです。


カスタム廃止の知らせを聞いて安心(もちろんああいう意味で)したガンナー達はまた別の要素で頭を悩ます必要があるようで…
そんなイジワルな開発者さんに期待しつつ3G発売を楽しみにしているもふもすでした。
  1. 2011/11/13(日) 14:27:24 |
  2. URL |
  3. もふもす #1ZZWAjDo
  4. [ 編集]

必要なのはブレ幅ではなく……

こんばんは。ご無沙汰しております。

ボウガンに一家言ある方なら、新要素であるリミッター解除に関して、何かしらの
リアクション、考察があるに違いないと踏んでいましたところ、今回の記事に
巡り会えた次第です。

それにしても、現時点で公開されている情報のみで判断するのは時期尚早と
わかっていてなお、新要素に対してリアクションを示してしまうのは、もはや
ボウガンナーの性、あるいは“業”なのかもしれませんね(笑)

さて、ヘビィ/ライトボウガンを、より攻撃性/サポート性に特化させる
感のあるリミッター解除も気になるところですが、個人的にはMHP3において
日の目を見ることのなかった(少なかった)ボウガンの調整も、開発側には
望みたいところです。

行き着けば『時計』ではなく、どのボウガンも担ぎ甲斐がある……というのは
難しいかもしれませんが、良い意味での「迷う」遊びの幅も欲しいところですね。

他にもスキルやら何やら、いろいろと語りたいところではありますが、
リミッター解除がボウガンの遊びの幅を広げてくれることを願いまして、
今回はこれにて失礼いたします。

あいかわらずの長文で申し訳ありません。それでは、引き続き良い狩りを!
  1. 2011/11/15(火) 19:34:11 |
  2. URL |
  3. 楼蘭 #jhHw6g8s
  4. [ 編集]

個人的には、竜撃弾はリロードに関係なく、いつでも○+△+□で射出できれば、などと夢想しております。

平時は通常弾で立ち回り、いざというときは竜撃弾! 竜撃弾で転倒させたら、すでにリロードしてあった通常弾で追撃!

……うん、夢想が止まりませんw


しゃがみ撃ちに関しては、回転からつなげるという話もありますので、ここでどれだけ存在をアピールできるか、ですね。

レイアの振り向きに合わせて頭に一発、突進を警戒してキャンセル側転したら、見えたのは火球モーション! 即座にしゃがみ撃ちに繋いで!

……MH3Gのヘビィは夢に溢れているような気がしてきましたw
  1. 2011/11/16(水) 16:35:34 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

お返事>sisさん、もふもすさん、楼蘭さん、かにマジンさん

皆様、いらっしゃいませー!(ぺこり)

--------------------------------------------------

>sisさん

販売店での予約、今からではどこも厳しいようですね・・・。
ハード変更込みのバージョンアップシリーズにもかかわらずこの予約盛況ぶり、さすがのブランドパワーだと思います。
とはいえP2GやP3rdの先例もあって出荷数はかなり余裕を見ているでしょうし、
今回は予約がなくても比較的早期に、上手くすれば当日購入も可能かもしれません。
sisさんができるだけ早く3Gを手に取られる事が叶いますように、こちらからもお祈りしております。

うーむ、どうも不安を煽ってしまったでしょうか。
もふもすさんに頂いたコメントによりますと、しゃがみ撃ちはより使いやすくなるように手が加えられるようですし、
ボウガンの改造周りの調整は結構しっかりしたものになりそうな気がしております。
しかし竜撃弾が膝射体勢限定だと想定すると、運用は非常に厳しいですね(絵面はカッコよさそうですが)。
さすがにそれはないかなとも思いますが(笑)、実際に製品を手に取るまでは確実とは言えませんし・・・。
竜撃撃ちとしては気を揉んでしまうところですね。
「その時間を使って属性弾を撃ちこんだ方がマシ」と言われるような仕様だけは勘弁を願いたいところです。

--------------------------------------------------

>もふもすさん

いやー、自分も思い出しましたね。<リミッター解除→スノウギア
ウルクスス&ベリオ素材とかでスノウギアνとか作ってくれないでしょうか・・・(爆)

こちらが気にしている箇所への情報のご提示、ありがとうございます。
しゃがみ撃ちの強化はやはり来ますかー。
火力を総合的に底上げするリミッター解除を採るか、
高密度弾幕を叩き込むチャンスが大いに増えそうなしゃがみ撃ちを採るか、これは迷わせてくれそうですね。
バランスというものはゲームにおいては高いものを低い方に合わせる調整が取られがちですが、
低い方を高い方に合わせる今回の流れは良い感じだと思います。
(まだリミッター解除が「高い」と確定していないのが少々不安ではありますが、さすがに後ろ向きすぎますね(笑)

あとは改造の分岐で運用性ががらっと変わってしまうような、
そんな絶妙な調整を施された銃がたくさん登場してくれればなお素敵だと思います。期待して待つと致しましょう。

--------------------------------------------------

>楼蘭さん

どうもどうも、お久しぶりです。
コメントをせずに失礼してしまったのですが、先の記事の亜種モンスターへの感想には大変頷かされました。
自分もハンターの宝の一つである装備品のバリエーションが増える事は素直に嬉しいのですが、
せっかく「独特のリアル感」のある世界を獲得するに至ったシリーズなのですから、
数打ちの刀(モンスター)と言えども、単に色を変えるだけではなくプレイヤーを納得させる設定が欲しいと思う次第です。
氷河の亀裂から飛び出してくる氷海竜、それを迎え撃つ完全防寒装備のハンター・・・うーん素晴らしい。
ぱっと見て凍土にいる必然性が感じられない、ご苦労竜とか出してる場合じゃないですよカ○コンさん!(爆)

とと、つい脱線をしてしまいました。
まだ足を運んだ事もない狩場にあれこれ注文をつけてしまう。本当に業の深いことだと思います(笑)

一つの銃に二つの顔。
この仕様は上手く調整できれば複雑なアセンブリ式に頼らずとも、
プレイヤーにガンナーとしてのスタイルをより広く模索する楽しみを与えるものになると感じています。
それには楼蘭さんの仰る通り魅力的なガン・ラインナップがまさに欠かせない要素でありましょう。
既存の銃と新登場の銃の双方にプレイヤーを惹きつけ、迷わせる強い魅力が備わっていて欲しいですね。

何を狩るか、どの武器を使うか、どのルートを通るか、どう立ち回るか。
モンハンというゲームの大きな楽しさの一つは、迷いながら自ら決めた道を進んでいくところにもあります。
3Gがどのシリーズタイトルよりもプレイヤーを良い意味で迷わせる、
そういう仕上がりになってくれている事を期待しつつ狩猟解禁日を待とうと思います。

--------------------------------------------------

>かにマジンさん

なるほど。アサルトライフルのバレル下に擲弾筒を備え付けるような感じで、別トリガーで発射する弾にするわけですね。
運用性も大いに向上すると思いますし、竜撃弾という弾丸の性質を考えても納得できる仕様ではないかなと思います。
個人的にはぜひそういう仕様であって欲しいものです(本気で(爆)

しゃがみ撃ちの使いでも向上しそうな感じですし、
個人的にはちょっと下火になっていたボウガン熱がまた再燃してくるやもと期待を膨らませております。
あとは好みに合う来るモデルが現れてくれるかどうか・・・。
今回は雷公も登場しますし、雷迅砲のニューモデルがヘビィとかで出てくれると嬉しいのですけれども(笑)

アセンブリ式から強化改造式へ。
生まれ変わった猟弩たちが、今度はどのような顔を見せてくれるのか。
少しばかりの不安を抱えつつも(笑)、手に取って実際に運用するその時が非常に楽しみですね。
狩猟解禁まで一ヶ月を切りましたし、あとは心を鎮めつつ待つと致しましょうか。


そうそう、楽しみと言えばかに・ファミリーのモガ~タンジア滞在記も同様ですね(爆)
いやいや、もちろんマイペースで結構ですので(笑)一家の様子をこれからも拝見できれば幸いです。
かに・ファミリーにとっても3Gがさらに良い狩場になりますよう、心から願っております。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それではどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/11/18(金) 19:28:29 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

ご無沙汰しております

いよいよ3G発売間近と言うことでご挨拶に参りましたw

私もやっと3DSを購入!…と言ってもまだ箱から出してもいませんが…後は発売を待つばかりです

勘を取り戻すべく久しぶりにユクモ村で遊んでますがー
なんだかんだでサブキャラと合わせて800時間ほどプレイしていますね。
どうにも低評価なP3ですが、アタクシ的には楽しんでましたw

元々、高難易度のクエよりもマッタリと気に入ったモンスターを狩るのが好きな故でしょうか
武器もメインの銃槍・ヘビーだけでなく、今まであまり使い込んでいなかった片手、双剣、太刀、大剣、スラアク、ライトとだいぶ幅広く使うようになりました。

なにより使用キャラの"カルツ"がユクモに於いてハッキリとしたスタイルを確立出来たように思えて、より愛着が湧きましたなw
彼は双剣とライトを好み、そして決戦兵器として銃槍を使う模様ですw

それでは…新しきモガの村でのラーム殿の狩猟記を楽しみにしていますぞ!!

長文乱文失礼しました
  1. 2011/12/01(木) 23:27:22 |
  2. URL |
  3. カルツ #-
  4. [ 編集]

村の灯り、指呼の間に

どうもどうも、いらっしゃいませー(ぺこり)
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんです;

このお返事を書いている時点で、3Gの発売まで気が付けばあと三日になりましたね。
こちらも3DSは入手済みで、あとはソフトが手元に届くのを待つばかりです。
自分としては他のゲームにうつつをぬかしている間に発売日が転がり込んで来た感じで、
過剰にやきもきせずに済んだのはありがたいところでした(笑)

おお、800時間ですか・・・遊び込まれましたね。
P3には色んな意見があるのでしょうけれど、
幅広い層の人々に狩猟の魅力を十分に伝えた、遊びやすい良い狩場でした。
自分の感性に少々馴染まない部分があったのは残念でしたが、
カルツさん、そして多くのハンターが遊び込まれるのに値する良作であったと思っています。

そしてユクモ村での狩りの中で、3Gでの歩き方も見えてこられたのでしょうか。
カルツさんの狩り気と期待感が溢れるようなコメントを拝見して、
こちらも思わず3Gではどんな方向で狩りをしていこうかな・・・などと思いを巡らせております。
結局のところ何もルートを定めない状態からのスタートになりそうではあるのですが(笑)
それもそれで楽しいかもしれません。

再度訪れるモガの村、そしてタンジアの港での狩りがどのようなものになるか、
自分自身偽りなく楽しみにしております。
心に残る狩猟や思いついた事があればこちらに記しつけてまいりますので、その時はお付き合いくだされば幸いです。

それでは、お互いに楽しんで参りましょう!
  1. 2011/12/07(水) 15:03:43 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/473-b66fb252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

王族を忘れ、ブログタイトルを思い出すの巻

--ユクモ村 自宅-- アリア「相手が金銀夫妻ってことですから、やっぱり火耐性を重視するべきだと思うんですよ」 シオン「そうですね。あとは、武器を何にするかですが」 セバスチャン「2頭同時クエ...
  1. 2011/11/22(火) 00:27:12 |
  2. ヘルメットガンナーの狩猟日記

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。