老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

系譜は続く

ラームです(ぺこり)

すっかりご無沙汰しております。
当方の記事を書くモチベーションが上がらずにいる間に3DSでtri-G、さらにはMH4の発売が発表されており、
状況が大きく動きましたね。
いずれの発表も自分の予想範囲より外にあったものですが、
自分が最も好きなシリーズ作であるtri-の血脈を直接受け継ぐ続編が出る事は率直に嬉しく、
またMH4のコンセプトムービーも新しい狩りの楽しさを感じさせるものであって、大いに興味をそそられました。

据え置きハードでの登場でない事には様々な意見があるようですが、
自分としては携帯ハードによる通信協力プレイが盛んである今の時流に即した展開であると思いますし、
また3DSの性能もモンスターハンターというゲームを表現するのに必要十分なものであると感じます。
MH4の発表もtri-のように1ハードでの展開を1作のみで終わらせない事を当面保証するものになっていますし、
携帯ゲームハードの世代交代期における商売の仕方としても上手いものだなぁと感心させられています。


とはいえ3DS系シリーズに対する不安もないわけではありません。

一報を受けた時まず不安だったのは操作性でした。
ただでさえ携帯機ではボタンが不足しがちなモンハン、しかもtri-Gにおいては水中行動も採用されています。
非常に無理な指の使い方をしなければならないのではないか・・・という危惧がありました。
しかしこれは本体に装着する拡張スライドパッドの接続や、
タッチパネルのマルチ運用によってなんとかなりそうではありますね。
(ゲームの性質上ペンではなく指でタッチ操作する事になりそうですから、
 画面と指の両方を保護できるようなサポートグッズが欲しいところではあります)

次は通信関連。
3DSには現在のところアドホック・パーティーのような通信プレイをサポートするシステムがなく、
遠隔地の人と意思疎通をしながらパーティプレイを楽しむのは難しいと言わざるを得ません。
PCやPS3のチャットを利用するなど色々と準備を整えれば現時点でも不可能ではないでしょうけれども、
この辺りをクリアしてみせれば3DSシリーズの評価はぐっと高まり、
またユーザーの楽しみ方の幅も大きく広がると思います。
ここは一つハードメーカーの腕の見せ所であり、意図的に無視してほしくないと思うところです。

最後はゲーム内の事になりますが、ボウガンの仕様です。
これに関しては不安は的中しそうで、どうやらパーツを組み合わせるアセンブリシステムは無くなりそうとの事。
確かにガンナーの間口を狭めていたのかもしれませんが、
それ以上に大きな楽しみをハンターに与える仕様だったと思うだけに、残念極まりありません。
せめてtri-の名を冠する今作までは受け継いでほしかったものです。
ちょっと生々しい話をするならば、今まで『G』で行なわれてきたデータの引継ぎにおいて、
苦労して集めたガンパーツの扱いはどうしてくれるのかという思いもありますね(爆)
ハードが違う事もありますし、データの引き継ぎ無しというならそれはそれでいいのですが、
それならば『G』を冠する意味が・・・いや、これは愚痴が過ぎるでしょうか。


3DSでのシリーズ展開に不安や不満が無いといえば嘘になりますが、
しかしそれと同様にモンスターハンターの新たな系譜が途絶える事無く続いていく事に嬉しさと期待を感じています。
ガノトトスとの水中戦、復活の4武器種、味わい深い敵手であった雷公や大海龍との再会。
現状で明らかになっている情報だけでも、自分にとっては期待に値するものです。
PS3で展開されているようなHD版の登場もWiiの後継機であるWii-Uの登場と共に十分考えられるなど、
(あるいは携帯機でオリジナルタイトル→据え置き機でHD版の流れはこれからのスタンダードなのかもしれません)
様々な意味においてここからのモンスターハンターの展開は楽しみにできるところだと思います。

時流に乗って広がりを見せるモンスターハンターシリーズ。
ここから先はまた一つ正念場を迎えるところではありましょうが、
系譜をさらに先に繋げてより魅力と楽しさのある狩りを表現するためにも、好評を得てほしいなと思います。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
これからもどうぞ、良い狩りを!

  1. 2011/09/18(日) 19:33:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<正直なる飛行隊 | ホーム | 定まらぬ歩み>>

コメント

登場する武器やモンスター、ボウガンのアセンブリシステムの削除など、MH3の続編というよりはMH3PのG級化、という感じではありますね。

まあ、私などはまたモガ村の村長やゼヨ船長に会える(かな?)だけでも心躍るものがありますがw

ただ、MH3、MHP3で知り合ったフレンドと再会、また新たな出会いを見つける意味でも、ネットワーク通信の構築は是非々々期待したいところです。

さあ、モチベーションも高まったことだし、再びユクモ村に繰り出すとしますか!
  1. 2011/09/20(火) 17:10:16 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

現物見てきました

ども。実はゲームショー突撃してきたsisです。体験プレイはできませんでしたが。
ガノトトスの動きが思ってたより生き生きしていてひと安心しましたね。あれは水中で戦っちゃだめだ。
アセンブルシステムは画像を見る限り撤廃ですね……。遠撃の桜バージョンが移ってました。あれ、バラせない構造だからなあ……。
願わくは竜撃弾残っててほしい。
ボウガンにかんしては、一体型とパーツ型を同時に多数存在させればいいのになあ、と思いますね。いってみればシリーズごとに人まとめにして分解不可能にしたのも一体型に含めて、そっちで慣れて、ああ、こういうのも欲しいなあと思ったらアセンブルに手をだすというか。
トライの最大の難点は各シリーズに三つそろってないのが多すぎた事だと思うのです。
  1. 2011/09/21(水) 00:29:07 |
  2. URL |
  3. sis #eMkLRZRc
  4. [ 編集]

視点移動について、「ゆとり仕様」等と揶揄されていますが、ロックオンは概ね好評のようですね。
…しかし、この仕様ですと
雑魚に視点を移せない、のはともかくとして、サポートガンが非常に難しいだろうと思います。

ただ大型モンスターをみんなでギッタンバッタン倒すだけがMHではないと思いますので、この辺りが上手く出来ると良いですねぇ
  1. 2011/09/22(木) 17:10:16 |
  2. URL |
  3. hs #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/09/24(土) 10:41:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

楽しみスグル

お久しぶりです
個人的にはトライGの発売に胸がときめいております

確かに3DSで出ることに関しては意表を突かれましたね(笑
やはりオンラインが楽しいゲームですし…しかし港町タンジアの様子を見るとロックラックと似ているし、その後に据え置き機での展開はあるものと期待しております
  1. 2011/09/24(土) 18:50:51 |
  2. URL |
  3. カルツ #-
  4. [ 編集]

お返事>かにマジンさん、SISさん、hsさん、カルツさん

皆様、いらっしゃいませー(ぺこり)
例によってお返事が遅れまして申し訳ありません;返信開始致します!

--------------------------------------------------

>かにマジンさん

うーむ、そうですね。
仰る通り3Gは時期的に考えてもtri-をベースとしながらも、
一方でP3rdのアップグレードバージョンとしての意味も併せ持つタイトルになりそうです。
良好な雰囲気とバランスを持ちながらもボリュームは今ひとつと評されたtri-ですが、
今回3Gで良い部分をそのままに残しつつP3rdからの要素が上手く加味さて好評を得る事が叶えば、
シリーズベースであるtri-の再評価にも繋がるのではないかと期待しております。

ネットワークを介しての通信プレイ、3Gに関してはオフィシャルのものは用意しないような感じですね。
(オフィシャルで用意するならば、おそらくTGSで発表していたと思います)
確かにリアルでの知人友人で持ち寄って狩りをする機会も昨今では少なくないと思いますが、
それでもPSPで出来ている事ができないというのは、一つ小さくないマイナスポイントであると感じます。
こういう時に連携すべき据え置き機が、世代交代の時期に差しかかっているのも一つの原因ではありましょうか。
焦って勇み足を踏み出したのか、それとも土壇場で妙手を繰り出してくるのか、
ハードメーカーのお手並み拝見というところです。

自分自身の今現在のモチベーションは並の上という感じですが、
それでもやはり発売が近付くにつれて新しいモンハンへの期待がどんどん膨らんでくるのだろうと思います。
こちらもぼちぼちと狩場に顔を出して、武器の振り方を思い出しておくとします(笑)

--------------------------------------------------

>SISさん

おお、TGS行ってこられましたか!
しかしまたしても体験プレイはおあずけでしたか、むう・・・前回に続き狭き門ですね。

ガノトトスはPVで見る限りでもすごい勢いで暴れてましたね。
どんな修羅場が展開される事になるのか、今からげんな・・・もとい楽しみですw
ボウガンはSISさんが仰るように、基本となる一体型とより凝りたい人向けの組立型が共存できれば最高ですね。
せっかく手を出した要素なのですから、切り捨てずにまたどこかで盛り込んでくれると良いのですが・・・。

竜撃弾の登場もなんとなく怪しい感じですが、
また我々を良い意味で驚かしてくれるような仕様がボウガンに組み込まれている事を祈りつつ、
3Gボウガンを手に取る日を待つと致しましょう。

--------------------------------------------------

>hsさん

手動式ではありますがロックオン機能、ついに実装される事になりましたね。
ボタンを押すと機能する手動式という事で、
そこまで従来の感覚を失わせるものではないかなと個人的には思っております。

別ゲームになりますがメタルギアソリッドシリーズなどでは上手いプレイヤーの方でも自身で完全に操作する手動照準と、
素早く大まかに狙いをつけるオートサイティング機能を必要に応じて使い分けたりしていますので、
モンハンのターゲットカメラも単にアクションが苦手な人のための救済機能ではなく、
状況によっては熟練者でも使い応えがあるような機能として設定されているといい感じかなと思います。

色んな意味でこれまでにない試みが多く盛り込まれている3G、どんな仕上がりを見せてくれるでしょうね。

--------------------------------------------------

>カルツさん

なんといっても、半ばもう出ないかと思っていたtri-の続編です。
自分も胸が熱くならないといえば嘘になりますね。意表はつかれましたけれども、ええ(笑)

据え置き機での連動展開はぜひしてほしいと思いますね。
P3HDに関してはPS3コントローラで遊べる以外の利点があまりなかったですが、
(それしか求めていなかった自分にしてみるとそれで十分でしたが(爆)
追加要素は無理としてもグラフィックの質感調整やネットワークプレイ関係なども含めて丁寧に作りこめば、
半年ほど後発になっても十分に売り込めるのではないかと思います。

優れたものを持っていながらどうも不遇の翳りがつきまとう“3”の系譜。ここらで一花咲かせてほしいものです(笑)

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/09/29(木) 09:22:02 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

今回もボウガンは湯雲のごとく、剣士方式なのでしょうか‥‥?

アセン方式は本当に良い革新だと思ったのですが、惜しいのは、パーツの配分を間違えた点でしょう。
「ノーマル」ではなく「ネクスト」の方式でパーツを提供するべきだと思います。

既に御存知でしょうが、いわゆる「ノーマル」時代は、各社ともにパーツを単品で製作して売り出していました。(ミラージュ社のVIXENシリーズのような例外はあるにせよ。)
しかし、「ネクスト」時代では、各社ごとに標準機と呼ぶ組立済みの機体を提供していました。これは「分解不可な一体型」ではなく「同系統のパーツで組まれた機体」なので、後で分解して組み直せます。

つまり、ボウガンも各パーツをバラバラには作らず、きっちり3パーツを揃えて提供して、最初は同系統で揃えると使いやすいよ→慣れてきたら少しカスタマイズ→自分なりの組み合わせを探す。
‥‥とした方が、とっつきやすくて良かったと思います。その上で、各シリーズ毎に特色を出していけば、非常に良い仕上がりになると思います。


‥‥で話は戻りますが、剣士みたいな強化方式だけは本当に勘弁して下さい。
  1. 2011/10/10(月) 08:59:20 |
  2. URL |
  3. りむ #-
  4. [ 編集]

強化のあとさき>りむさん

りむさん、いらっしゃいませー(ぺこり)
お返事大変遅くなりまして、申し訳ありません。

ボウガンの強化方式が今回どうなるのか、なかなか予測がつきにくいですね。
自分自身は性能が徐々に整えられていく近接武器式の強化もアリかなとは思うのですが、
昨今の武器強化では「使いにくいもの」を「使えるもの」にしたところで強化の流れが止まっているように感じられ、
武器に各々の担い手が使い込みたくなるような魅力が少ないように思えます。
その先に「使えるもの」をさらに「手に馴染むもの」に昇華させられるような、
プレイヤーそれぞれが選択できる強化の流れが追加されるならば、
近接式強化本来の魅力である「共に成長していく」感覚がより強く感じられて、
そこにはまた新たな妙味が生まれてくる・・・のかもしれません。

そしてtri-式におけるボウガン製作の流れは、りむさんが仰る通りの方式が良いと自分も思います。
まずはコンセプトと性能がメーカーによって保証されるシリーズモデルの運用、
然る後にボウガンが性に合う人は徐々に分解・組み立てなどの深みに踏み込んでいくという流れが自然でありましょう。
(もちろん例外的に一部位のみ、というパーツがあっても良いと思いますが)
もしまたアセンブリシステムが採用される事があるならば、ぜひそういう感じにしてほしいものです。

なんとなく諸々の面で見通しが立っていない感のある3Gですが、
そういう流れであればこそ、ここでモンハンというゲームがどのような手を見せてきてくれるのか楽しみでもあります。
しかと見届けると致しましょう。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/10/17(月) 16:20:26 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/471-23efb8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。