老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

創地にて物語を紡ぐ

ラームです(ぺこり)

帰宅後にいつも通りネット巡回をしておりましたらば、
某所にて管理人さんと読者さんの間で、あるゲームについて言葉が交わされておりました。

自分はそのゲームシリーズを大変気に入っており、結構長く遊び続けています。
プレイ時間こそモンハンには譲りますが、激しい狩りで手指が疲れたり、
あまり気を昂ぶらせずにゲームをしたい時にはまずそのシリーズがPSPに差し込まれるといった具合で、
自分にとっては携帯機の準レギュラーと言って間違いないタイトルです。

よく足を運ぶ巡回先で思いがけずその名を見かけたのも一つの機会かな・・・というわけで、
今回はモンハンの記事をちょっとお休みさせて頂き、
お気に入りのゲームタイトルである『エルミナージュ』について筆を執ろうかと思います。

ちなみに本作はPS2・PSP・DSの三機種でシリーズがリリースされていますが、
ここでは主にプレイしているPSP版『エルミナージュⅡ』『エルミナージュ オリジナル』に絞って記事を記して参ります。




未知の先へ

エルミナージュ
(今回の記事に使用している画像の著作権は、全て株式会社スターフィッシュ・エスディに帰属します)

エルミナージュはいわゆる『ウィザードリィ』タイプの3D表示ダンジョン探索型RPGです。
冒険のメインクエストは世界に点在する数々のダンジョンから複数のキーアイテムを探し出す事ですが、
その配置が願いを叶えた後のドラ○ンボールの如くランダムとなっている事もあって、捜索は容易ではありません。
プレイヤーは各ダンジョンの探索に耐えうるパーティーの育成を行ないながら、
ダンジョンマップの作成をしたり、各地で発生するサブクエストをこなしていく事になります。
(ちなみにサブクエストで得られる報酬ポイントは、先述のキーアイテム捜索のための大きな助けになります)

その他ゲームの基本的な作りとしてはまさに『ウィザードリィ』でありますので、細かい説明はここでは省きましょう。
この後は本作ならではの特徴をいくつか取り上げて記します。



・キャラクターの顔画像を自分で用意できる

 PSP版エルミナージュに限った仕様ですが、メモリースティックに保存したビットマップファイル(256色/48×48)を、
 作成したキャラクターの顔画像として使用できるようになっています。
 マイキャラクターの姿を脳内でイメージして楽しむプレイヤーがこの手のゲームには少なくないと思いますが、
 PSP版エルミナージュではゲームに直接それを投影設定できるようになっているのですね。
 とはいえサイズが48×48では・・・と思うなかれ。慣れてくれば結構なものが描けるようになります。

 完全に自分のイメージを反映させるためには絵心とドット打ちの技術が必要になりますが、
 それを持ち合わせていない方でもネット上で公開されているエルミナージュ用の顔画像を探したり、
 所持している画像データに画像加工ソフトでトリミングや減色などの処理を加えてエルミナージュ用にするなど、
 イメージに近い顔画像を用意する道は実はさほど狭くはありません。
 むしろ頂いてきた画像から設定を膨らませる、というようなキャラクター作成もアリかと思います(笑)

 ちなみに「脳内補完がベスト」という方のために、
 顔画像はキャラクターの職業アイコンに差し替えて表示する事もできるようになっているのも良い感じです。



・呪文の名前を変えられる

 スペルキャスティング

 エルミナージュの世界で使われる呪文の名前を、プレイヤーが自由に変更する事ができます。
 自分にとって分かりやすい名前にするも良し、他のゲームで馴染んだ魔法の名前にするも良し、
 あるいは独自の言語形態を作り出して、それに基づいた魔法名を設定するというコアな遊び方もグッドです。
 またこの変更を敵が魔法を使用した時の表示に適用するかどうかも、オプションで設定できるようになっています。

 些細な機能かもしれませんが、これもいざ触れてみると凝る人は時間を使える楽しさがありますし、
 これだ!というネーミングが思いついた時の感触はたまらないものがありますね(笑)



・ゲームスピードの調整ができる

 それぞれの速さ

 こういったゲームの探索・戦闘においては雰囲気を求める人とスピードを求める人が分かれますが、
 エルミナージュに関しては移動アニメーションや戦闘エフェクトなど、
 ゲームのテンポに関わる様々な要素のオンオフをプレイヤーが設定できるようになっています。
 自分はこの手のゲームですとかなりスピーディーな移動や戦闘処理を好むのですが、
 この仕様によってその辺りのストレスはほとんど感じていませんね。

 また戦闘においては1ボタンでの全員直接攻撃やコマンドリピートの実行も採用されているなど、
 ゲームスピード周りに関してはかなり気を使ってあると感じます。



・職業(クラス)ごとに存在感がある

 戦士や魔術師、盗賊といったクラスごとにしっかりとした存在感があるのも本作の特徴だと思います。
 もとよりクラスというものはそれぞれの特性を以て存在感を示すべきものではあるのですが、
 ゲームによっては例えば君主が戦士の、司教が僧侶や魔術師の完全上位クラスになっているものも少なくありません。
 が、本作においてはいわゆる基本クラスも、最後まで転職などを行なわずに一線を張れるだけの能力を持っています。

 例えば“戦士”と“魔術師”の利点(物理攻撃力と魔術師呪文)を“侍”というクラスは兼ね備えていますが、
 装備可能武器の範囲と最終的な攻撃力では戦士が、呪文攻撃力に関しては魔術師がそれぞれ侍より優れており、
 レベルも基本クラスである戦士と魔術師が上がりやすく、成長させやすくなっています。
 とはいえ侍も器用貧乏というわけではなく、装備できる武器にはクリティカルヒット(一撃必殺)の性能を持つ物が多く、
 敵からの物理攻撃を無効化して反撃を行なう『つばめ返し』のクラス能力で恐るべき攻撃力・防衛力を発揮します。
 また攻撃呪文に関しては本職である魔術師のような強力なダメージこそ期待できないものの、
 敵回避力の低下やテレポートのような呪文においてはそのあたりは関係ないため、サブの呪文要員として優秀です。

 このように各クラスにしっかりとした個性付けがなされている本作においては、
 転職や後述の練金システムも併用して「強さ」をどこまで引き出せるかを追求する楽しみがありますね。
 単にマイパーティーの物語をプレイヤーの手で紡いでいく事のみならず、
 それを行っていくためのパーティ育成にも深い楽しみを見出す事ができるようになっていると思います。



・練金システム

 エルミナージュの世界には“錬金術師”というクラスが存在しており、
 探索中に発見した鉱石アイテムを使って、手持ちの武器や防具にボーナスを付加できるようになっています。

 例えばこのゲームにおいては霊体(ゴースト)には物理攻撃が通用せず、
 特殊な攻撃性能を持つ武器が見つからない序盤にはこういったモンスターたちに苦戦します。
 ところが錬金を用いて普通の剣に霊体攻撃を可能にするボーナスを付与してやれば、
 こうした相手にもたちまち物理攻撃が効くようになって探索が一気に楽になったりするのですね。

 他にも見つけた武器が強力だけども呪われている、後列のキャラクターに持たせる武器の射程を伸ばしたい、
 敵のブレスや呪文攻撃が厳しすぎる・・・など様々な問題も、錬金術師のレベルと素材鉱石の質次第で解決可能です。

 さらなる力を

 序盤から中盤には探索を有利に進めるために、最終盤にはさらなる力を求めるために。
 錬金術師の育成と、物資収集のため盗賊など他クラスとの連携も必要になりますが、
 このシステムもまたプレイヤーが本作に求める事が出来る、奥深い楽しみの一つである事は間違いありません。



以上、自分がエルミナージュの大きな特徴と思える部分を書き出してみましたが、いかがだったでしょうか。

本作はウィザードリィという偉大な本家がゲームユーザーに示した楽しみや妙味を受け継ぎつつ、
可能な限りストレスなく、それでいて深い遊び方ができるように丁寧に組み上げられた良作であると思います。
以前にこの系統のゲームを楽しんでプレイされた事のある方ならば、ほぼ間違いなく楽しめるでしょう。
ゲームバランスに関しては有効なアイテムを駆使しつつ慎重にプレイすればややヌルめですが、
それでも不意に絶命の窮地に立たされるような事もままあって、この辺りのバランス取りは絶妙だと感じています。

ちょっと悪意を感じるような理不尽なマップがあったり、誤字や色んなバグがあったりもするのですが(爆)、
それでも自分はエルミナージュの世界とまだまだ長く深く、付き合って楽しんでいけると確信しております。

この記事をご覧頂いてエルミナージュを「面白そうだ」と感じられた方は、ぜひ手に取ってご覧になってみてくださいませ。
シリーズ作は世界観の深いところで繋がってはいますが、それぞれ独立した物語ですのでどこからでも楽しめます。
(ただ、PS2版はゲームスピード周りの調整が不十分で少々遊びにくいので、PSP版かDS版のどちらかをお勧めします)

エルミナージュの世界へ

今年にはさらにBGMの差し替え機能などを追加した三作目の発売が決定しているエルミナージュ。
彼の世界にさらに多くの冒険者が旅立ち、そこでそれぞれの楽しみと物語を見出しながら歩いていく事を願いつつ、
今回はここで筆を置こうと思います。

それでは、本日もどうぞ良い冒険を!
  1. 2011/06/16(木) 13:46:59|
  2. 狩人の寄り道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<手には手を | ホーム | タイガー・ホール>>

コメント

ども、Gでは世話になってます、Braveです。

ラームさんと知り合った当時、「ウィザードリィ」の話やネタに絡んできてくれたので、
「こりゃエルミナージュの事を知らせねば・・・。」と思っておりましたが、
すでにその存在を知っておられた時は驚きでしたw

しかも自分の予想を何倍も行くプレイ時間とキャラクターのレベル・・・
果ては一人で下層の化け物と戦う賢者プレイまで嗜まれているとは・・・w
愛の差を見せ付けられる格好になってしまいましたw

開発の関係でちょっと心配なのですが、
「3」が出た暁には武勇談や情報交換をしたいところですねー。

おっと、長くなってしまいました・・ではまた狩場で!
  1. 2011/06/17(金) 14:57:28 |
  2. URL |
  3. Brave #v.mdR5Ng
  4. [ 編集]

奇遇な事に、自分もコメント欄にて、エルミナージュのオススメを頂いた所です。

興味はあるのですが、ラームさんは顔グラをどのようにしてらっしゃいますでしょうか?
  1. 2011/06/18(土) 20:59:06 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お返事>Braveさん、丼$魔さん

お二方様、いらっしゃいませー(ぺこり)

--------------------------------------------------

>Braveさん

どうもです。こちらこそ向こうでは大変お世話になっておりますー^^

この手のゲームに関しては美味しそうなものを見逃さないように網を張っておりまして、
エルミナージュもそのおかげで何とか見逃さずに済みました(笑)
あまり評判が芳しくなかった(自分は好きだったのですが)『エンパイア』シリーズのスターフィッシュ。
今までの反省と蓄積を活かし、ここで見事な大輪の花を咲かせる事に成功したのではないかなと思います。

こちらも狩場で思いがけず迷宮同好の士を発見しまして、嬉しい限りでした。
いやいや、モンハンでもそうですが「愛」にそれぞれの形の差こそあれ、大小上下差などないのです(笑)
狩場ではなかなかそうもいかないですが、機会があればエルミナージュについても存分に語り合いましょう。
その時はぜひBraveさんのパーティについて、深いところまでじっくりと・・・フフフ(爆)

ちなみに最近はPSP版『オリジナル』を進めており(DS版も良かったですが、こちらも実に良い感じです)、
本編のメインクエストを達成していよいよ“大魔公”連中との争覇戦に突入しようかというところです。
Ⅲが出るまでにそこまでやり込めるかな・・・と思っていたオリジナルですが、
幸か不幸かⅢの発売が延期になってしまったのでまだまだこちらも楽しめそうですね。
そして無事Ⅲが発売になった暁には、未知多き世界を肴に酒場で飲みながら言葉を交わすとしましょう(笑)

それでは、また狩場で!

--------------------------------------------------

>丼$魔さん

実のところ、今回の記事は丼$魔さんのところのやりとりに触発されて記したものです(笑)
横から口を挟むのもどうかと思いましたので自分のところ書き起こしてみましたが、
エルミナージュの雰囲気やゲームシステムなど、感じ取って頂けましたでしょうか。
もし本記事が丼$魔さんにとって何かの参考になったならば、大変嬉しく思います。

さてご質問の顔グラフィックですが、自分は自前では描いておりません。
ネット上からキャラのイメージに近そうな画像を集めてきて、それを必要ならば加工処理して使わせて頂いています。
(エルミナージュ用の画像でないものも含まれていますし、
 記事に使った画像ではゲーム内に用意されている職業アイコンに差し替えました)
ウィザードリィ6では自前で描いていたのですが、どうも自分で描くと納得がいかないのですよね(滅)
Ⅲも出る事ですし、次こそは自分で・・・とも思うのですが。
ちなみに最も探すのに苦労したのは『狩人/狐獣人/女/悪』の要素を備えた画像でした。
耳だけがキツネの女性とかは結構あるんですが・・・FEDAのドーラみたいなのはなかなかないもんです。

エルミナージュ、個人的にはぜひ丼$魔さんにプレイして頂きたいタイトルです。
Wiz系に抵抗がなく、絵心があって、効果的な攻略を見出す楽しみを知っておられる。
丼$魔さんという方は、まさにエルミナージュをプレイするための人材ではないかと自分は睨んでおりますよ(爆)
もし諸々の都合がつくようでしたら、彼の世界もぜひ楽しまれてみてくださいませb

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/06/20(月) 13:29:32 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

どうもお久しぶりです。ふむふむ、今回は3D RPGネタですか。

古くはウィザードリィ1~3、5を嗜んだものとして、3D RPGは今でも気になるカテゴリーの1つ。

昔はダンジョンに潜り、宝箱を開け、戻り、鑑定する。ただそれだけの行為を延々と繰り返したものです。はじめてムラマサを見つけた時の感動は今でも忘れられませんw

3D RPGと言えば、最近ではアトラスから世界樹の迷宮シリーズがDSで発売されております。見かけこそアニメ調ですが、その難易度たるや近年まれにみる高さです。もしDSをお持ちであれば、お勧めの一本ですよw
  1. 2011/06/20(月) 16:20:16 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/20(月) 21:08:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

かつて彼の迷宮に挑んだ者より>かにマジンさん

どうもどうも、いらっしゃいませ!(ぺこり)
お返事が大変遅くなってしまいまして、申し訳ありませんー;

おお、かにマジンさんも迷宮探索を楽しまれていらっしゃいましたか。
これはモンハン界隈にはレイヴンのみならず、ダンジョンウォーカーの同志も結構いらっしゃるのかもしれませんね。

そうそう。やる事自体は実に淡々とした作業なのですが、それが無性に楽しい(笑)
『?ぶき』が手に入るたびに期待と諦めの念を抱きつつ鑑定して、やっぱりハズレかぁ・・・とガックリして。
そんな繰り返しの中で、ふっと『むらまさ』が手に入る。
一本目が手に入った時の喜びというものは、紅玉や逆鱗が手に入ったのと同じと言うよりは、
何故か初めてクックやレイアを倒した時のそれに近かったような気がしますね。
積み重ねた努力が成功という目に見える形になった瞬間の喜びというものは、本当に得難いものです。


世界樹の迷宮。あれも名作と言って問題ない作品ですね。アレのためにDSを買いましたです、はい(爆)
キャラクターデザインや世界観の設定、DSの特性を活かしたマッピングシステムなど自分はかなり気に入りましたし、
最後の大物を仕留めるところまで遊ばせてもらいました。そこまでの過程も大いに楽しかったです。
個性が強く、他との連携も考え甲斐のある多彩な職業。(特にブシドーやパラディンの位置付けは見事だったと思います)
レベルを上げるだけでは通用せず、知勇を尽くして挑む必要がある終盤のボスモンスター。
大変に遊び応えのある、見事な迷宮でありましたね。
ただ同時に、彼の迷宮は自分が好む迷宮の系譜とは似てはいても別の流れにあるものだとも感じまして、
その後周回や続編まではプレイしておりません。
しかしこうして改めてお勧めを頂いたのも、何かの縁であるのかもしれません。
機会と折があれば、周回はちょっと難しいですが続編を遊んでみようかなと思います。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/06/27(月) 12:33:24 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/07/10(日) 13:33:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/468-44180c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。