老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイガー・ホール

ラームです(ぺこり)

今回はまずリンク追加のお知らせから。
よく当方にコメントを頂いております“りむ”さんの足跡、『2月の系譜』様方への道標を立てさせて頂きました。

 【2月の系譜】 管理人:りむ さん

ブログの主旨としてはモンハンに限らず、その時々でプレイしているゲームについてなど・・・という事ですが、
現在りむさんはP3rdでの狩りを進めておられますので、記事もモンハンに関わる内容のものがメインとなっています。
自らの歩みを他に預けない、堅実にして独歩の狩人が記す日々の狩猟日誌と深みのある考察。
実に追い応えのある足跡だと思いますので、興味が向かれた方はぜひ。


さて、隙を見て進めているWii-MHGの訓練所ですが、先頃ようやくフルフルの狩猟訓練までをコンプリート。
残すところはグラビモスのみとなり、ようやくゴールが見えてきた感じです。




いやしかしPS2版で訓練を完全制覇した後はもうこんなの絶対やらんと思っていたわけですが、
気がつけばWii-MHGで作成した二人でも一週ずつやっている事になり、我ながら物好きだと思わざるを得ません。

虫のにおいしみついて、むせる

この配置を考えた人間は、夏場の竹やぶで一時間正座してこの場面の苦しみをリアルに知るべき(爆)

クリアできないわけではありません。ありませんが・・・。
これをはじめとして、正直言って嫌がらせのレベルに達している訓練がMHGの訓練所にはいくつもあります。
確かに得られるものもなくはない(使い込んでいない武器種の強さの実感、立ち回りの堅実化など)のですが、
PS2の頃も含めて三周しても「もうこんなの絶対やらん」という感想が真っ先に出てくるこの訓練所の設定に、
問題が無いとはとても言えないでしょう。

しかしそれでも時々目にする、訓練所ならではの光景に思わず頬が緩んでしまう事もありましたり。

アイルーの猛攻

憎々しいと思いつつもある以上は付き合わねばならず、付き合っていると妙な愛着も湧いてくるのがまた腹立たしく(笑)

今現在MHGの訓練所に挑んでおられる方がどれほどいらっしゃるのかは分かりませんが、
きっとフラストレーションを溜められながら挑んでおられるだろうと思います。

ここで肝要なのは、一回クリアすればこちらの勝ちだという意識です。
素早く倒す事を第一にするのではなく、採取や有利な場所での待ち伏せなどを用いて事故率を下げつつ、
ローリスクローリターンな立ち回りに徹しても、訓練所のモンスターはあまり体力が無いので意外とあっけなく倒れます。
クリアマークさえ付けてしまえば二度と挑まなくてもいい(コインを集める場合はまた別ですが)ので、
急がば回れの肚積もりで、ストレスフルな訓練を何度もやらなくて良いように(笑)確実なクリアを目指していきましょう。
自分もまた残るグラビモスの訓練を、その心がけを忘れずにクリアしたいと思います。


それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い訓・・・ではなく、良い狩りを。
  1. 2011/06/11(土) 22:04:03|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<創地にて物語を紡ぐ | ホーム | 驚きと楽しみの狩場>>

コメント

初めまして。いつも楽しく拝見しています。
何故かは分かりませんが、私はMHGの訓練所が
他のシリーズのものよりも好きです。
2度とやりたくないものもいくつもありますが…
通常の狩りでは、回復薬と武器防具に頼り切った
ごり押しが私のスタイルなのですが、訓練所では
チキン戦法で、ダメージくらってはBCで回復の
繰り返し。
ストレスの貯まる戦いですが、なぜか嫌いではなく、
技術のないハンターにはこれも一つの狩りの形かな
って納得しています。
 話は変わりますが、色々なシリーズのMHを
色々な武器で楽しまれているラームさん、
尊敬に値します。ブログ、狩り、頑張って下さい。
応援しております。
  1. 2011/06/14(火) 16:33:04 |
  2. URL |
  3. TA1 #-
  4. [ 編集]

こんばんわ(ぺこり

つい先日、私もミナガルデの地に足を踏み入れました

酒場も市場も宿屋もなんともいい雰囲気と匂いがあり、不思議と懐かしさを感じました
幸運な事に最初に飛び込んだ部屋で出会った方と猟友になり(その方もその日に初めてオンラインに繋いだそうです)、今はただただ狩りが楽しくて仕方ありません
(ランゴスタだけはイケませんが……


まだ訓練所には訪れていませんが、この記事を読んで逆に楽しみになりました(笑

私事ばかりになってしまい恐縮です
それではよい狩を!
  1. 2011/06/15(水) 21:31:07 |
  2. URL |
  3. カルツ #-
  4. [ 編集]

お返事>TA1さん、カルツさん

お二方様、いらっしゃいませー。

--------------------------------------------------

>TA1さん

どうも初めまして。当ブログの管理人、ラームと申します(ぺこり)
楽しくご覧頂けているとの事で大変嬉しく、またありがたく思います^^

本文中ではだいぶこきおろしてしまっておりますが(笑)、
MHGにおける訓練所のクエストはハンターの基礎的な技量を向上・修正させる力を確かに持っているとも思います。
厳しい訓練であるが故に必然的に身につく手堅い立ち回りや、後退して安全確実に体勢を立て直すという発想。
通常の狩猟においても折につけそれらに助けられる事は少なくありません。

TA1さんがストレスを感じられつつも彼の訓練所を過度に嫌っていらっしゃらないのは、
通常の狩りで「くらってもこのくらいなら・・・」という感じで初心から少しずつずれていく自身の狩猟勘を、
そこでぴしりと修正する事に意義と手応えを感じておられるからなのかもしれませんね。
振り返ってみればP3rdの訓練所ではそうしたものを感じ取る事ができなかった事もふまえて、
MHGのあの場所は確かに『訓練所』であったのだなぁと改めて思います。
定期的に周回してみるのも悪くないかもしれません。ん、まぁ・・・ガノは飛ばしてもいいですよね?(爆)

応援のお言葉、本当にありがとうございます。
ブログを記し始めた当初に比べて更新頻度もだいぶ落ちましたが、まだまだ足跡を絶やすつもりはありません。
攻略などのお役に立てる記事はこれからも少ないかもしれませんが、宜しければこれからもお付き合いくださいませ。
TA1さんにも良い狩りが多くありますよう、心から願っております^^

--------------------------------------------------

>カルツさん

ようこそ、ミナガルデへ。
華やかさのない武骨な街、そして厳しさが先に立つ狩場ではありますが、
すでに猟友を得られて楽しんでいらっしゃるご様子で安堵しております。
ああー、ランゴスタはいけませんねw
あの辺りのランゴスタはいつか絶滅させてやるともうずいぶん長く蹴散らしまくっているのですが、
なかなか目的が達成できませんです(爆)

訓練所は冗談抜きで厳しいです。が、TA1さんとのやりとりで記しましたように身につくものも確かにあります。
クロオビ装備も長く使える逸品でありますし、ぜひ折を見て挑戦されてみてくださいませ。
ただ長丁場でありますので、どうぞ無理のない計画的挑戦でひとつ(笑)

ご縁の繋がる事があれば、いつか共に一狩りいきたいところですね。
その日を楽しみにしつつ、こちらも精進を続けるといたします。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/06/16(木) 14:33:49 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/16(木) 23:06:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/467-4a16962a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。