老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

驚きと楽しみの狩場

ラームです(ぺこり)

P3rdをPS3に画質に手を加えて移植するとの事で、発売日ももう決定しているようですね。
すでに画面をテレビに出力して遊ばれている方もおられるでしょうし、今さら・・・という感触がしないではありません。
ただ自分個人としてはPSPでの操作はレバーやボタンの小ささや重量で少なからず疲労を伴いますし、
アクション系のゲームをやるには非常にひ弱く、不調に陥りやすいPSPでのプレイにストレスがあった事も確かで、
その辺りをカバーする商品として期待しております。内容丸移植で値段4800円はどうかなと思いますが(爆)
この調子で未だ現役のP2Gやゴッドイーターバースト、エースコンバット等もHD化されると地味に嬉しいのですが、さて。

閑話休題。

最近はWii-MHGにも手を出して色々やっている事を先日も記しました。
オンラインでは正直村に出入りされているお二人と時間をご一緒させて頂く事が多いのですが、
その中で火山の火薬岩運搬に挑む事になった時の事。
準備を進めながら、当然現れるであろうお邪魔モンスターに話が及びました。




何が出るんでしたっけと訪ねたならば、クックが出てくるはずとの事。
それならこの面子ならば楽勝だろうと踏んで、これを排除してから運搬に取りかかろう事になりました。
ただでさえ厳しい運搬作業。不安要素は出来る事なら一つでも減らしておきたいものです。

安心と信頼のスピードスター・ラピッドキャストを背にある程度の攻撃弾をポーチに詰め込み、いざ火山。
岩竜の寝床(エリア2)に来るかなと少し待ってみますが、クックの飛翔音は響いてきません。
ならば溶岩帯北側(エリア7)か、はたまたファンゴの広場(エリア3)か・・・。
まずは溶岩帯北側を覗いてみようと、火山洞の中へと歩を進めます。

と、先行していた他二名から「いた」「なんでいるw」との声。
・・・なんでいる、とはなんぞやと二人のサインマーク位置を確認してみると、
二人の現在地点は火山洞北側(エリア5)にある模様。
確かに、ここにクックが飛来するとはある程度長いはずの狩猟生活においても聞いた事がありません。
天井もある場所ですし、一体どうやって・・・。

しかしドスファンゴが地面に潜って逃げるというような未知の現象も事実として起き得るのがモンスターハンター。
火山クックなどはどのハンターも行く回数が少ない部類に入るクエストでしょうし、
あるいはこういう事がふとした拍子に確認されてもおかしくはないのではないか。そう考えます。
ならばこの珍しい光景を目に焼き付けておかねば損というもの。
ラピッドキャストに弾が入っているのを確認しつつ、火山洞北側に鼻息も荒く踏み込みました。










大怪鳥!?

なにこのクックでかい


いやいやいや!
腰が抜けるかと思いました、ええ(爆)

要するに確認ミスではあるのですが、このクエスト自体久しぶりだった事もあって意表を突かれてしまいました。
判断に迷いますが、手持ちに水冷弾や貫通弾、毒弾などを持ってきていなかった事もあって討伐は断念。
この頃のグラビモスが交戦状態を維持している限り移動しない性質を利用して、Bさんに陽動を一任。
自分ともうお一方で運搬を進める事にしました。

道中のファンゴが無限湧きであったりと運搬自体も割と困難な作業なのですが、
時々Bさんの状態アイコンが睡眠になったり、体力がガバッと減ったりしているのを見ると気が気ではありません(滅)
とはいえBさんは熟練の狩人であり、とくにしぶとさにかけては正直村でも随一の方。
クエストクリアまで力尽きる事無く、見事に陽動の役割を完遂。皆無事にミナガルデへの帰路につきました。

それにしても、もう旧作と呼んで差し支えないMHGにも驚きや楽しみの多い事に驚きます。
仕様の不備やストレスを感じさせる要素も無いわけではないのですが、
未だにこうしてプレイヤーをしっかりと遊ばさせる力を持つ狩場でもあるのだなぁ・・・と感慨深くなりますね。
PSNの仮復旧もあってまたぼちぼち向こうへ戻っていくのかな・・・とも思いますが、
ミナガルデの風にも今しばらくは背を向けられなさそうな心地良さを実感しているところです。


スノウギアを使って色んな事に挑戦していた頃の楽しさは忘れようがありませんが、
最近のように他のハンターと道を交えつつ、
些細な事に笑ったり驚いたりする狩りにもまたそれに劣らない充実感を感じています。
ご覧頂いている皆様にはちょっと物足りないかもしれないのが申し訳ないところですが、
こういうモンハンも悪くないものです(笑)

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2011/06/06(月) 17:03:10|
  2. MH G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<タイガー・ホール | ホーム | 必死になるクエスト>>

コメント

おじゃまします~。最近はP3を休んでP2Gで遊んでます。新キャラ作成してガンランス縛りでね!弱い武器、防具で狩に出かけるっていうのが堪らなく楽しいです。ゲリョスのついばみ連打でハメ殺されてる自分ハァハァ(ぇ
  1. 2011/06/07(火) 12:26:35 |
  2. URL |
  3. いち #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/08(水) 03:24:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

来た道を辿る>いちさん

はい、いらっしゃいませー(ぺこり)

モンハンというゲームは、何故か時々一から始めたくなりますよね。
一見して無駄な行いのようにも思えるのですが、
あのゲームにはその時々の状況でしか感じ取れない楽しみも確かにあるものでして、
それを思い出したり、あるいは初めて見出すために決して無用な行動ではありません。
プレイしている本人が楽しいのならば、なおの事素敵な遊び方だと思います(笑)

ほほう、ゲリョスのついばみ連打とはまた結構な・・・。
そういえばゲリョスは小ジャンプの連続風圧といい、ランスガンスには結構厳しい相手ですよねw
どうかキャンプ送りにならない程度に堪能されてくださいませ。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/06/11(土) 08:12:26 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/466-d7d8a932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。