老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鬼の島より雲出ずる

ラームです(ぺこり)

先日ある方からライトボウガンの徹甲榴弾速射に関するコメントを頂き、
同時にそれをラームが使うならばどのようなコーディネイトを用いて、
どのような運用をするだろうかというご質問を受けました。

正直これまであまり注意を向けていなかった徹甲榴弾の速射。
しかし先のコメントをきっかけに使い出してみるとこれがなかなか楽しく、
ここ最近の狩りでは特に『大鬼ヶ島』と『大神ヶ島【出雲】』の二種を用いて、回答を見出すべく色々と試しています。


大鬼、大神の二挺はいずれも火縄銃を髣髴とさせる同系列デザインの軽弩で、
性能も運用可能弾種とその装填数、LV1徹甲榴弾の速射機構など一見して似通っている印象です。
まずはどちらを本格的に使い込んでみるかの選択ですが、ここからが既に悩ましい。
レア度が高い大神の方は攻撃力・会心率・装填・反動などの各基礎性能面で優れていますが、
下位からの叩き上げである大鬼もスロット数や運用弾種・装填数の面で使いでが大神とは微妙に異なっており、
完全に性能を食われているわけではないのが面白いです。
戦術の練磨と合わせてどちらかに絞ろうかとは思っていますが、さてさて。

戦略面においてはポーチの構成が悩みどころ。
大鬼・大神は共に運用可能弾種が豊富ですが、
弾丸ポーチが廃されている今作ではどうしても持ち込める戦力を厳選せねばなりません。
また爆装が充実しているのは良いのですが、その辺りの弾丸は総所持数も少なくなっています。
爆装の調合素材を持ち込むのか、はたまた通常攻撃弾に余裕を持たせるのか・・・。

また戦術面でのキモであるLV1徹甲榴弾速射をどう使うかも、まだまだ試行錯誤の段階です。
やはりスタンを狙っていきたい所ではありますが、ソロではスタンの効果も今ひとつですし、
火属性が効果的な相手ならばこだわらずに投入していくのも一つの手ではあろうかと思います。
あるいは気絶している時に爆弾を置いていくという手もありますが、この場合は罠師スキルが必須になりそうですし、
ただでさえポーチが厳しいのに爆弾を素材込み持ち込むとなると・・・うーん。


武器の選択、戦略・戦術。どれもまだまだこれからの様相ですが、しかし今はとても楽しく狩りに出かけられています。
またしばらくヘビィがおろそかになってしまいそうな気がしますが(爆)、
せっかく訪れたこの狩り熱、大いに活力源にさせてもらおうと思います。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2011/04/07(木) 22:22:59|
  2. MH P3rd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<圧し砕く鬼、凌ぎ潰す雲 | ホーム | 願望解放>>

コメント

こんばんは、お邪魔いたします。自称ライトガンナーとして、今回の記事を大変興味深く拝見させていただきました。

ライト、ヘビィに関わらず、『ボウガン固有のポテンシャル』によって、発動させるスキルや持参するアイテムを選ぶ……というのが、ガンナーの基本にして、面白さでもあるのですけれど。

散弾強化&追加で、高性能な散弾銃と化すロアル・ノア。

氷結弾の速射よりも、むしろ貫通弾の運用に長けたブリザードタビュラ。

そして、ラーム様が取り上げられた、『大鬼ヶ島』と『大神ヶ島【出雲】』の二挺は、対応する弾種の豊富さと、徹甲榴弾速射という性質から、それらすべてを活かしきることを考えると、スキル構成に頭を抱えることになります(笑)

『大鬼ヶ島』の通常弾の装填数、『大神ヶ島【出雲】』のLV2通常弾速射を最大限に活かすとなれば、通常弾強化+弱点特攻、それに最大数生産で済むところなのですが、最大数生産でも徹甲榴弾の生産数は全LVで『1』と変わらず、だったら砲術師(王)かというと、それだったら……という堂々巡り。

LV1徹甲榴弾だけなら、25(火30)の固定ダメージと、めまい値&減気値が速射で減退しないこと、持ち込み数+調合分で29発×2(速射)、スキル『砲術王』発動で1.3倍と考えると、めまいからの部位破壊狙いで運用するのが妥当なところかもしれませんね。

いっそのこと、“三点バーストとグレネードランチャーの機構を備えたアサルトライフル”と割りきってしまうのも、シンプルでいいのかもしれません(笑)

……などと、お世話になっている愛弩のひとつなので、ずいぶん長々と書き連ねてしまいました。

お目汚し失礼いたしました。それでは良い狩りを!
  1. 2011/04/08(金) 21:50:35 |
  2. URL |
  3. 楼蘭 #jhHw6g8s
  4. [ 編集]

いやぁ、物凄い寄り道をさせる事になって申し訳ございません(汗)

自分もその後、あれやこれやと悩んだ挙げ句、なんとかまぁ納得の行く装備を組んだ所です。
強いかと言われるとそれ程でもないのですが、一応「らしく」は組みあがったかなーと。

ではでは、竜撃銃士さまの回答、楽しみにしながら待たせて頂く事にしたいと思いますー。
ではでは!
  1. 2011/04/08(金) 22:25:49 |
  2. URL |
  3. 某GUNの人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お返事>楼蘭さん、某GUNの人

お二方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>楼蘭さん

はい、こんばんはです(ぺこり)

いやー“ヶ島”系列、面白いですね。
いずれも爆装の充実が印象的ながら、通常弾や異常弾の運用にも長けていて実に使い応えがあります。
大鬼・大神の性能差異も絶妙にそれぞれの魅力を感じさせるもので、
これで入手方法が運に左右されるものでなければ手放しで推したくなる良弩です。

しかし仰る通り、手が広いぶんスキル補強の選択が悩ましいという良い意味での問題児でもありますね。
チャームポイントである榴弾速射はやはり活かしてあげたいのですが、他にもできる事があるのでつい目移りを・・・。
なるほど、榴弾射出筒付突撃銃ですか。そう考えるとシンプルなデザインも相まってますます好みです(笑)

軽弩の使い手である楼蘭さんのご意見を伺えたのは幸いでした。
ここ数日でどうにか自分なりの答えがまとまってきたかなと思いますので、よろしければ回答編もお楽しみくださいませ。
ありがとうございました^^

--------------------------------------------------

>某GUNの人さん

何を仰る事やら。こちらとしてはP3rdに対するとても大きな活力を頂きまして、お礼を申し上げたいところなんですが(笑)

1回目のコメントを拝見して『大鬼ヶ島』を使い出したところ「確かにいい感じだなぁ」と感じまして、
2回目のコメントでちょっとしょんぼりされておられた時は「いや、これいけますぜ?」と思っておりました。
そこでそれをお伝えしようと色々やっていたのですが、その間にご自身なりの回答を見つけられたようですね。良かった。

こちらも回答らしきものを何とか見出せまして、後はそれを記事にする段階になっております。
ご期待に添えるような回答になっていると良いのですが、
なにぶん自分の事ですからあまり面白い答えではないかもしれません。その時はご容赦頂ければ幸いです(爆)
折があれば、某さんが見出された回答も拝見できれば嬉しく思います。

ではでは、どうか今少しだけお待ちくださいませー。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/04/10(日) 21:39:03 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/461-fe52a6d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。