老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

爆炎は夢を乗せて

ラームです(ぺこり)

なんだか無性にガンランスを使いたくなったので、
ここ二日ほど愛用のスノウギア=ドライブを担いで様々なクエストに出かけておりました。
がっつりと銃槍を使えたおかげで、つやつやしております(爆)

と、仕事の休憩中にガンス三昧な自分のプレイを横から見ていた同僚(ランサー)から一言。


「そのスノウギアとかガノスガンランス(海王槍リヴァイアサン)って、
 火に弱そうな素材なのに砲撃は火属性ってちょっと不自然に思えませんか?
 ギアノスのトサカを使った銃剣部とか溶けちゃいそうじゃないですか(笑)」


その場は「特殊コーティングがしてあるのだ」などと煙に巻きましたが(爆)、気持ちは非常に分かります。
自分も通常攻撃に属性無くていいから砲撃、竜撃砲をそれぞれの属性にして欲しい……と思っているクチですし。

しかしあえて火薬を用いるそのスタイルも、試作新兵器の匂いがして好きなのも事実です。

片手剣や大剣といった、長く狩猟に使われてきた『実績』を感じさせる武器群があります。
実績によって醸し出される、腰のすわった安定感のある魅力。

しかしそれらを作り上げた事に満足してしまうのではなく
「さらに新しい分野を開拓しよう」という、武器の製作に関わる人々の熱い意志を感じさせてくれる、
現状のガンランスにも独自の魅力があると自分は思うのですね。
そういう人々の意志と共に自分も在るのだ、と思えるといいますか(笑)

今後砲撃が各種属性攻撃になる事があれば自分は非常に喜ぶでしょうが、
同時に一抹の寂しさを感じる事になるのではないかと思っています。


ガンランス。
これからもこの『未完成の魅力』を持つ武器と共に、今しばらく道を歩んで行こうと思います。

爆炎は夢を乗せて

それでは今回はこの辺りで。皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/21(金) 09:11:43|
  2. MH P2nd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<虎が降る | ホーム | 教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビハンマー編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/46-734af52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。