老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猟影再び

ラームです(ぺこり)

前回の更新から、少々長めの休憩を頂いてしまいました。
特に体調不良などで更新できなかったわけではないのですが、
ここしばらく空き時間のほとんどをゲームプレイや外出にあてていまして、
気がついたら一週間以上経っていたという始末。足を運んで頂いた皆様には、何とも申し訳ない事です。

P3rdでは先程ガンランスを担いでの出猟回数が500回を越え、
勲章を獲得したのを機に放置していたヘビィボウガンの運用を再開したところです。
正直今の段階(使用回数100回程度)ではあまり楽しさを見出せていないのですが、
もう少し腰を据えて付き合ってみてから結論を出してみようと、色々なクエストに赴いています。

そしてそんな狩猟行の現在の正装がこちら。



【猟装・跳影(はねかげ)】

 猟装・跳影

 頭:ナルガSヘルム(早気珠【2】×1)
 胴:アシラSレジスト
 腕:ナルガSガード(忍脚珠【1】×1)
 腰:ドーベルコート
 脚:ナルガSレギンス(早気珠【2】×1)
 守:城塞の護石(回避距離6/接撃瓶追加-3)

 発動スキル:回避距離UP/スタミナ急速回復/隠密



以前組み上げた汎用猟装であるところの『追枯』の使い勝手が良く、そのまま使っても良かったのですが、
あからさまに対ガンナーを意識した攻撃行動を取るモンスターが増えて辟易としてきたため、
回避距離UPスキルで少しでもストレスを減らそうという目論見で作製された装備セットです。
外観はP2Gにおいて愛用の猟装であった『跳ぶ黒』の再現を図っています。

運用に適した重弩は妃竜砲・46式・黒風などの銃本体の性能をスキルで補う必要が低いタイプ。
採用スキルの効果実感は回避距離UP◎・スタミナ急速回復○・隠密△というところで、まずまずの使いでです。
隠密はしゃがみ撃ちのサポートに採用しているのですが、
オトモは手数が少なくすぐに力尽きて潜ってしまいますので、ハンターとの集団狩猟でないと効果を実感しにくいですね。
もっとも半ば外観に合わせた趣味スキルでもありますので、その程度でも特に問題はなかったります(爆)



先々は運用にスキルが必要なタイプの銃に合わせた装備セットも考えてみたいなとは思いますが、さてさて・・・。
まずは重弩のラインナップを揃えて、実際の使いでを自分の目と手でしっかりと見極めてみるところからですね。

それでは短くなってしまいますが、今回のところはこれで失礼を致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2011/03/28(月) 19:42:46|
  2. MH P3rd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<願望解放 | ホーム | 銃槍記・『災い払う力』>>

コメント

いつもお世話になっています。

やはり私も今回の相棒候補となると、46式・妃竜砲・火刃のバランス型か、黒風・裏黒風・虎頭といった貫通重視型あたり。いつもの私なら前者が好みですが、今回はそれでは何かが足りない気がします。

うーん、正直何かが違う‥‥
まだ何なのかが掴めていません。

とりあえず、最終クエを目指して順番にクエ埋めをしつつ、銃槍と重砲くらいは武器を揃えていますが、やはり何かが足りません。上記に挙げた候補達も、いざ選ぶとなると決め手になる部分がありません。
ゆえにまだ相棒は未定。と言うより、ヘビィの使用回数3回とか‥‥

今回、一発生産でない為、どんな武器があるか分からないのが難点でもあります。まあ、剣士は昔からそうだった訳ですが‥‥
  1. 2011/03/28(月) 23:53:19 |
  2. URL |
  3. りむ #-
  4. [ 編集]

おじゃましますー

どーもいちですー。 ついにヘビィを持たれましたか。自分はまだ訓練所でしか使ってないです。2Gの時はかなり使ったんですがね~。ガンランスは使用500回目前に停滞しています…。というか笛楽しくて夜な夜な吹いてます(笑)チビちゃんが寝てからがゲームタイムなので。色んな武器に触れることで見える景色もありますよね。P3をまだまだ楽しめそうで安心です(笑)それでは失礼します。
  1. 2011/03/29(火) 22:59:24 |
  2. URL |
  3. いち #-
  4. [ 編集]

お晩ですー

銃槍が"達人"の域に達したとの事、流石でございます
小生は、あと70回程で到達です
えぇソルバイトバーストと共に邁進しております(笑

ついに本格的にヘビィを使うのですねー
ボウガンに関しては小生もP2Gではヘビィ派だったのですが、P3ではライトばかりになっていました
最近はようやくヘビィも使うようになりましたが、やっぱり強かったと認識を改めていたところです
特に貫通弾はジエン、アグナ、ジョーに対しては比類無き強さを発揮しますね

ラーム殿のヘビィ運用術をご披露していただけることを楽しみにしております
  1. 2011/03/30(水) 01:23:29 |
  2. URL |
  3. カルツ #-
  4. [ 編集]

銃本体の性能をスキルで補う必要が低いタイプ。これは結構重要ですよね。黒風など、精密射撃に貫通弾追加がデフォルトで付いているようなものですし。

私が惚れこむギガン=バールやバズディアーカは、やれ装填速度だ、やれ精密射撃だ、とスキルを声高々に主張する問題児でして。。

まあ、できの悪い子ほど可愛い、と言わんばかりに、右に左に曲がりまくるボウガンを担ぐのも、それはそれで楽しいのですがw

  1. 2011/03/30(水) 17:48:06 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

お返事>りむさん、いちさん、カルツさん、かにマジンさん

皆様、いらっしゃいませー(ぺこり)

--------------------------------------------------

>りむさん

どうもです。こちらこそいつもお世話になっておりますー。

今回ヘビィの選択が難しいです。
しかも個人的にはどれも魅力的で目移りするのではなく、
あまりピンと来ないラインナップの中から一番マシなものを探す感覚になってしまっているのがなんとも・・・。
結局のところ外観と性能面で“違和感が無い”妃竜砲か46式で落ち着きそうではあるのですが、
そも今作におけるヘビィでの狩猟にあまり楽しさを感じていない身としては、
このままヘビィを使っていて良いのかという気にもなっています。うーむ。

ともあれ自分にとってP3rdヘビィがどういうものであるのか、
その答えが一つ形になるまでは使い込んでみようと思います。

--------------------------------------------------

>いちさん

はい、どうもですー。

おっ、狩猟笛ですか。
P3rdではかなり使いでが変わりましたが、自分はなかなか面白い仕様になったと感じておりますね。
系列や単独・集団狩猟の別によってできる事や楽しみが大きく変わるという、
遠距離武器にも通じる厚みのある面白味を持つ武器。自分もちょっと手を出してみましょうか・・・。
チビちゃんが起きてしまわない程度の音量を心がけられつつ(笑)、存分に狩りの音色を響かせてくださいませ。

そうですね・・・色々と考えるところはありますが、自分はまだP3rdの景色をほんの少ししか見ていません。
P3rdはきっともっと、色んな楽しみを自分に見せてくれるはず。そう思いつつ歩みを進めていっております。
ちょいと味付けが薄いスルメだなぁと思わなくもないのですが(爆)、これはこれで悪くないかもと舌が慣れ始めたところ。
せっかくですので、まだまだ噛み続けていこうかと思いますw

いちさんの狩りにもにも、さらなる楽しみがありますように。

--------------------------------------------------

>カルツさん

件の勲章はあくまで出猟回数に送られるもので、実を伴わない“達人”の称であるのかもしれません。
しかし『継続は力なり』でもあるのですよね。やはり一つの区切りとして意味がある勲章だとも思います。
カルツさんももう少しですね。ここまできたら、ぜひソルバイトと共に勲章授与に臨まれて下さいませ(笑)

本格的に、と改めて宣言をしなければならないのが実は辛いところだったりします。
今までにヘビィをメインで用いていたシリーズでは四の五の言う前に、
気がつけばヘビィを担いで狩りに出かけているという感じでしたので・・・。

P3rdヘビィ、仰る通り底力のある武器だと使っていて実感します。
ライトの属性弾速射が脚光を浴びる昨今ではありますが、丁寧に扱えばそれに劣らぬ攻撃力を発揮してくれますし、
(どうもこの文言には何か重大な問題があるような気がしますが(爆)<ヘビィがライトに劣らぬ攻撃力を発揮する)
使い勝手そのものは従来のシリーズから落ちているわけでもないと思います。

未だ芯からの熱が入らぬ今作のヘビィ運用ですが、もう少し腰を据えて付き合っていけば、
また一つならではの妙味を見せてくれるのではと思い、背に担いで出猟しております。
いつかカルツさんにもお見せできるような、自分でも納得がいくヘビィ運用ができるように頑張ってみるとしますb

--------------------------------------------------

>かにマジンさん

どうもどうも、年度末でお忙しい中ご来訪を頂きましてありがとうございます。

うーむ。実はその辺りも、今ひとつ今作のヘビィ運用に熱が入らない原因だったりします。
今作では今までのシリーズにも増して、スキルが必須と思えるような仕様のヘビィが多いような気がするのですね。
それはそれで味のある事なのでしょうし、ギガン系やディアーカ系はいかにも暴れ馬というノリですから、
そういう“クセ”の表現の仕方もアリなのだろうとは思いますが・・・。
かにマジンさんの愛銃たちに対してお気に障る言い方になってしまうかもしれませんが、
ちと武器側の都合をプレイヤーに押し付けすぎではないか、という気がしてどうも運用に二の足を踏んでしまいます。

しかしアタックパワーを愚直なまでに追求したギガン系や、
新要素であるしゃがみ撃ちに特化した弾幕の化身であるところのディアーカ系に大きな魅力を感じるのもまた事実。
食わず嫌いは趣味ではないので、これからは彼の暴れ馬たちとも一手の手合わせを願おうと思っています。
P3rdにおける自分自身の楽しみを広げるためにも、ひとつ頑張ってみましょう。
暴れ馬ライダーの先輩として(爆)当方へのアドバイスなど思いつかれる事がありましたら、
どうぞいつでも声をおかけくださいませ^^

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/03/31(木) 17:33:58 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

世間からの情報を断っているので世情に疎いのですが、『ライトの速射が超強くて、ヘビィに火力で勝ってしまう。今作でのヘビィの存在価値は‥‥』って話は奔騰なのでしょうか?

だとするなら‥‥

「ヘビィがライトに火力で劣るとか、開発は何考えてんだ!」と、言っておかねばなりません。一応、建前として形式上は。

しかし、本心では望んでいた事やも知れません。むしろ、そこから始まるヘビィガンナーなのだと思います。
  1. 2011/03/31(木) 21:28:28 |
  2. URL |
  3. りむ #-
  4. [ 編集]

ヘビィ・ウォーク>りむさん

お、再度いらっしゃいませー。

P3rdにおいて、ライトの属性弾速射がかなり強力であるのは確かですね。
特に『連発数+1/属性攻撃強化/○属性強化』の組み合わせを併用する場合、
狩猟達成までのタイムが明らかに他の武器とは一段違う感じです。

機動力が低い上に火力も劣るとなれば、ヘビィの存在意義を問う声が上がるのも無理のないところでありましょう。
しかし自分個人としてはヘビィもまたいずれの武器種にも見劣りのしない、十分な攻撃性能を持っていると感じています。
ヘビィの火力が低いのではなく属性弾速射の火力が頭一つ群を抜いていると言った方が正しいでしょうし、
その思いは近頃実際にヘビィの運用を進めるにつれてより深まってきています。

ヘビィボウガンという武器は、長く安定した使いでと絶妙なリスクと共にある運用の楽しみをハンターに提供してきました。
しかしながらどうも今この時期には次に踏み出すべき一歩(あるいは保つべき姿)を迷い、
それ故に武器種が本来持つ魅力や存在感を減じているようにも感じられます。

そうした時こそ使い手が腰を据えて踏ん張り、様々な可能性を示さなければならないのでしょうね。
それであってこそヘビィボウガンという魅力溢れる武器を、より良い形で次に繋げていく事ができるでしょう。

武器も人も、世界すらいまだ歩みの途中。
自分も焦らずに、じっくりとヘビィと向き合う事を今この時から『始めて』みようと思います。
  1. 2011/04/04(月) 20:08:13 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/459-f2846227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。