老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消えゆく道

ラームです(ぺこり)

モンスターハンターシリーズのオンラインを長く支え続けてきたマルチマッチングBBサービスが、
今年6月一杯で終了になるとの事。これにより無印・PS2-G・dosではオンラインプレイが不可能となります。




無印とGのオンライン拠点であるミナガルデに関しては別系統でオンラインサービスが続けられているWii-Gがあるため、
当面の間はまだ足を踏み入れる事が可能です。
しかし一方dosのオンライン拠点であったドンドルマはdosベース設計のフロンティアにおいてもすでに廃止されており、
人が行き交う街としてのドンドルマに赴く事はもうできなくなります。
後はP2シリーズの古龍迎撃戦クエストにおいてのみ、街の雰囲気を確認できる程度になってしまうでしょう。

風と水の街

思い返せば、ドンドルマという街は初め好きな場所ではありませんでした。
オフラインではそれなりに楽しんで遊び込み、さあいよいよオンラインだと期待に胸を膨らませて足を踏み入れた街。
そこで待っていたのは納得できない事の多い、厳しく苦しい狩場でした。

極めて高い体力と攻撃力を併せ持ち、雲霞の如く湧き出る小型モンスター。
“世界”に馴染まないように見え、戦っていても面白味が感じられない六本足の類。
その六本足の中でも極めつけに好きではない、炎王龍との連戦が必須の装備強化。

細かく挙げればさらに多くの不満点があり、これらの評価を自分は未だに変えていません。
MHGに関してはもう一度最初からやってみたいと考える事がありますが、
dosの上位に関しては二度とあの歩みを味わいたくないという思いが先行します。
そんな感じでしたので猟友と野良での良い巡り合わせによってどうにか全てのクエストを越えた後、
ドンドルマからは一気に足が遠のき、好評を得始めていたポータブルシリーズにメインの狩場を移していく事に。

大老殿にて

しかしその後故あってブログを記し始め、様々な縁を得る中で正直村とそこに関わる人々に出会い、
再び足を運び始めたドンドルマは実に色彩豊かな、面白味に溢れる狩場として自分を迎えてくれました。

互いに銃槍を手に喧嘩師と挑んだ雪山の古龍戦。
緑風の射手に支えられ、背を押されながら繰り広げた二頭の雌火竜との激闘。
紙一重ながらも念願の銃槍で制した、桜花の射手と共に臨んだ砂漠の四本角。

そこで経験した一つ一つの狩り、そして交わした言葉はすべからく非常に実りある、
忘れ難い記憶となって今の自分の狩りを支えています。

思い出の酒場

ドンドルマという街は多くの不満を自分に感じさせながらも、
また同時に全てのシリーズを通して最も大きな楽しみを自分に与えてくれた場所でもありました。
その良くも悪くも非常に思い出深い街への道が今、霞んで消えていこうとしている。
時の流れを実感すると共に、やはり寂寥を感じるところです。

しかしながらドンドルマそのものが、モンスターハンターの“世界”から消えてなくなるわけではありません。
彼の街への道を我々が辿る事はなくなりますが、モンスターハンターという“世界”の系譜が連なり、
またそこでの思い出を持つ狩人の記憶が絶えない限り、“世界”の一部として営みを続けていくのでしょう。
ならばここでは彼の街に対して長らく世話になった礼を述べつつ、一時のものとしてこの別れを惜しもうと思います。



さらば、唄姫の声響く風と水の街。
街門へ続く道が地図に記されなくなろうとも、私はこの地で得たものを糧として歩み続けるだろう。
苦しい事があった。心乱される事があった。大切な出会いがあった。語り尽くせぬ楽しみがあった。
いずれも私の歩みにとって無くてはならないものを、ここで得る事ができた。

今この別れに際して、ドンドルマの街へ心からの感謝を送る。
そして同時に、この街の営みがこれからも末永く続いていく事を切に願う。
再び縁の繋がる事があればまた訪れよう。それまで、壮健であれ。


記憶を胸に、次の未知へ
  1. 2011/02/23(水) 18:39:31|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<湯煙の中に未知を探す | ホーム | 開ける視界>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/02/28(月) 20:48:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

時代の流れとはいえ、慣れ親しんだ街が消えるというのは寂しいものですね。

今のままだと、私がオンラインデビューしたロックラックも、後数年で無くなってしまうのか……。

今のうちに、こうした街を舞台にした話を書いておきたいなぁ、と考えさせられました。

ではでは、ドンドルマ、ミナガルデに栄光あれ!
  1. 2011/03/01(火) 18:25:15 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

ドンドルマより愛を込めて>かにマジンさん

いらっしゃいませー(ぺこり)

『予告無く終了させていただく事があります』という文はオンライン対応ゲームの説明書においては常套句ですが、
それがいざ自分が慣れ親しんだ場所に適用されるとなると、想像以上の寂しさを感じます。
すでに足を運ぶ事も稀になっていた場所ではあるのですけれど・・・不思議なものです。

ミナガルデやロックラックへの道もまた、いつか閉ざされていくのではありましょう。
でもそうであればこそ、さらにそこでの思い出を積んでいきたいものですね。
そしてそういう記憶を我々ハンターが忘れずにいる限り、街が本当の意味で消え去ってしまう事はないのだと思います。
ブログに日々の狩猟の記憶を残していく事は、きっとその助けにもなるはずです。
お互いにブログ書きとして、その辺りの事も鑑みつつ足跡を残して参りましょうか。

ハンターの足元を支え続ける各拠点に、末永く変わらぬ営みがあらん事を。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/03/04(金) 23:00:52 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/454-3e3182e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。