老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開ける視界

ラームです(ぺこり)

ふとした事から始まった、ポッケ村での双剣を用いた翠水竜狩猟。
自分でもよく分からない狩猟熱が囁くままに『水面下の恐怖』に挑み続けた結果、
どうにか対水竜の立ち回りが形になってきました。

恐怖を討つ




【基本戦術】

 1:ブレスに合わせて攻撃

  対水竜戦術・1

  ガノトトスのブレス攻撃に合わせて、右方向から切り払いで踏み込む。
  エラの下、顎と喉の境目辺りを狙うと弾かれにくい。


 2:続けて攻撃

  対水竜戦術・2

  切り払いの後は追加攻撃。踏み込んだ時の状況によって2~3撃。
  途中でガノトトスが怯んだ場合は、連撃の後に○の回転斬りで締めても良い。
  いずれの場合も連撃フィニッシュの突+斬コンビネーションは使用しない。


 3:離脱

  対水竜戦術・3

  追加攻撃の隙をキャンセルしつつ、ガノトトスの鼻先に向かって横転回避。


 4:移動

  対水竜戦術・4

  回避が終わったら回転尻尾が届かないように間合を広げつつ、向かって右方向へ移動する。
  この後のガノトトスの攻撃はタックルか噛みつきが多い。
  タックルが来たら5へ。再度ブレスが来るようなら1へ戻る。
  他の攻撃なら様子を見て、ガノトトスの次のアクションに備える。


 5:タックル回避

  対水竜戦術・5

  対水竜戦術・6

  向かって左前方にガノトトスがいる場合、タックルが当たりにくい。


 6:攻撃

  対水竜戦術・7

  タックルのモーションによってガノトトスの首が攻撃しやすい位置に来るので、首下から喉の辺りを狙って攻撃。
  この時は切り払いを使わず、切り下ろし→二連斬り上げを用いる(状況によって回転斬りを追加)。
  一連の攻撃が終了したらキャンセル回避は使わず、やや右後方に退いて間合を取る。


 基本戦術のポイントはガノトトスを左前方に捉えつつ立ち回る事でしょうか。
 回転尻尾の回転が時計回りなのでそれとは相性が悪くなりますが、
 距離感を間違えず手数を欲張らなければ十分回避できます。

 その他のポイントとしては釣り上げた後は立ち上がるまで乱舞が二回決まる事、そして罠の運用がしやすい事です。
 水中への飛び込み地点に仕掛けても良いですし、釣り上げて跳ねている間に設置するのも良い手だと思います。
 爆弾などを併用するとさらに効果的ですね。



そして上記をふまえて、自分がまず納得できたタイムはこちら(ドスゲネポス討伐込み)。

恐怖を越えて

ちなみに装備はトラウマを刻まれた初回と全く同じ、メルトウォーリア改に剣聖のピアス&クックX一色です。
オトモ・罠・爆弾は使用しておりません。
「普通に遅い」と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが(笑)
トラウマ回ではタイムアップギリギリでしたので、それが約半分に縮まったと思えば自分としては上出来です。
回復薬もノーマル・グレートと共に6個ずつを残しており、まずまず余裕の残る狩り模様となりました。
ちなみにこの後に罠爆弾つきでも試してみまして、そちらでは22分程度の所要時間でした。
ドスゲネポスを回避したり攻め手を練っていけば15分針も・・・と思うのですが、
とりあえず納得のいく立ち回りは組み上げる事ができましたし、そこまではいいかなという感じですね(爆)


思いがけずのめり込んでしまった今さらながらの翠水竜戦ですが、実に楽しかったです。
他のクエストへの寄り道も楽しめましたし、良い気分転換が出来ました。
さらにポッケ村でアルマの狩りを続けるか、ユクモ村に戻ってラームの歩みを進めるかは決めておりませんが、
またぞろ火がついてきた狩猟熱をさらに高めるような、そんな狩りを探していけるといいなと思います。

翠水竜、討ち狩ったり!

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2011/02/19(土) 20:21:19|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<消えゆく道 | ホーム | 過酷なる星を歩む>>

コメント

初めまして。

初めまして。いちと申します。いつも楽しく記事を拝見させてもらっています。ユクモ村で目覚めた銃槍魂をポッケ村で爆発させています。目指せ武神!(いまさら
  1. 2011/02/19(土) 21:12:53 |
  2. URL |
  3. いち #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/02/20(日) 22:31:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ^^>いちさん

どうも初めまして。当ブログの管理人、ラームです(ぺこり)
当方の記事を楽しんで頂いているようで、大変嬉しく思います^^

いちさんはユクモ村から銃槍を本格的に手にされたんですね。
あちらに比べるとP2Gの銃槍は少々地味目の立ち回り方をしなければならないと思いますが、
使い込んでいくに従って面白味が深まっていくあたりは共通しています。
ぜひぜひ色んな銃槍で色んなモンスターに挑まれて、さらに銃槍魂を炸裂させていってくださいませ。

今さらと言うならば、自分のガノトトスチャレンジも大概今さらですかね(笑)
ですが、それをことさらに気にする事はないと思います。
自分が面白いと思う事をする。これはモンハンに限らず、ゲームを楽しむ上でとても大事な事です。
それがひいてはプレイしているゲームへの思い入れを深め、
そのゲームにおけるさらなる楽しみを発掘していくきっかけになるのではないでしょうか。

多くの状況に対して安定した立ち回りができるP2G仕様の銃槍は、
しかし同時に時間当たりのダメージ効率では他の武器種に遅れを取る事も少なくなく、
時間との勝負にもなる武神闘宴のようなクエストには向いていない面があります。
ですが故にこそそこを詰めていく面白さ、楽しさもまたあります。
決して楽な道程ではないと思いますが、それでもいちさんが楽しい狩りをされながら武神の宴に歩を進め、
見事に目標を達成される事を一モンスターハンターとして、心より祈っております。

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2011/02/22(火) 15:56:42 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/453-3d32719c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。