老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビハンマー編)

ラームです(ぺこり)

今年も残すところあと僅かになりました。
教官チャレンジ、今年中に上位に……と思っていたのですが、どうやら間に合わなさそうな感じです><
ペースを上げようかなとも思いましたが、なんとなくそれも違うような気がするので(笑)じっくりと進めていきたいと思います。

さて、今回は毎度予想以上の攻撃力を見せつけてくれるクロオビハンマーでグラビモスに挑みます。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・硬化薬グレート×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・爆雷針×5
・砥石×20
・こんがり肉×10



【基本戦術】

突進の前モーション(体勢を低くして唸る)、あるいは熱線放射に合わせて胸に溜め3のスタンプを叩き込みます。
攻撃後はキャンセル回避を入れて、速やかに尻尾が届く範囲から離脱します。
なお、スタンプを入れる前に突進が始まりそうな場合は移動しながら溜めを解放し、
回転攻撃×2からの振り下ろし&かちあげを胸か腹、尻尾に当てるように攻撃します。

怒り咆哮への対処はボウガンと同じく腹下への潜り込みです。
一撃もらうのを覚悟の上で、致命傷を避けるようにします。



【狩猟記録】

序盤の流れはいつも通り、茸ヶ原(エリア5)と地獄の一丁目(エリア4)の小型モンスター掃討から。
地獄の一丁目のコンガを掃討し終わったところでグラビモスが出現。そのまま戦闘を開始しました。

まずは振り向きに合わせて爆雷針を胸に当たるように設置していきます。
しかし、これが本当に胸に当たっているのかどうかさっぱりわかりません(死)
ダメージにはなっているので、とりあえずは良しとしましょう。
爆雷針が切れたら基本戦術を展開し、まずは胸→腹の破壊を狙います。

尻尾が切れないので、スタンプを入れた後の離脱にやや不安が。
そこで今回は回避のタイミングを前提にして攻撃をしています。
途中から完全に振り向きに対するタイミングを掴み、
回転尻尾による被弾が全く無くなった事を考えるとそれなりに成果はあったかと思います。

そうこうしているうちに胸殻が壊れ、グラビモスは霧の草原(エリア8)へ移動。
ボウガンの時と同じく西側から迂回して霧の草原へ向かいますが、今回はキャンプによって爆雷針を補充しておきます。

霧の草原(8)に到着。まず西側のファンゴを仕留めます。
反対側の出口にいるグラビモスがこちらに気付かずキョロキョロしているので、
ついでに中央にいる少し大きめのファンゴも仕留めておきました。

と、ここで発覚状態解除。エリア中央付近で少し待って再度発覚状態へ。
エリアの西側におびき寄せて交戦します。
初回の交戦時と同じく、爆雷針を使ってから通常戦闘を行います。
ここでは腹の破壊はならず、グラビモスは再び地獄の一丁目(4)へ。

しかしP2ndではこの『地獄の一丁目』の呼称はあまり相応しくないような気がしますね。
Dosではイーオス、ゲネポス、ガブラス、コンガ、ファンゴがうじゃうじゃいるのでそう呼んでいましたが、
P2ndではそうでもありませんし。まあ……どうでも良い事でしょうか(笑)

地獄の一丁目(4)での交戦中、腹の破壊を確認。
ここからは腹の怯みを頼りに、回転攻撃からのホームランを混ぜたりして多少強引に攻めていきます。

さらに霧の草原(8)に移動したグラビモスを追撃し、しばらく戦っていると……
ホームランに繋げる前の横振りでグラビモス昇天。

粉骨砕身


かくして狩猟成功。クリアタイムは22:51(残り27:09)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

まず、自分的にはそれなりに納得の行く狩猟であったかと思います。
ハンマーは立ち回りが確定すると強い武器であるという事を、またしても実感させられました。
(どの武器でも少なからずそうではあると思いますが(笑)

と、いっても上位への不安がないわけではなく。
今は怒り咆哮を比較的軽い一撃を受ける形で防いでいますが、上位ではこの一撃が致命傷になる可能性も。
何とか確実な対処ができないかな、と思います。うーん。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/19(水) 10:43:27|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爆炎は夢を乗せて | ホーム | 教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビボウガン編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/45-08a32483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。