老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビボウガン編)

ラームです(ぺこり)

気を取り直して……という事で、教官チャレンジを再開いたします。
しかし何となく近接の気分ではなかったので、今回はちょっと順番を変えてクロオビボウガンを持ち出しました。

グラビモスにはいつもボウガンで行っているので、狙い所は理解しているつもりですが……
やはり怖いのは咆哮による硬直です。
Gの頃は短い硬直だったのでガードが無くてもギリギリなんとかなる事が多かったですが、今回はそうもいきません。
そて、どうしたものでしょうか……とりあえず実際の状況を見て対策を決めるという事で、出発です。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・硬化薬グレート×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×10
・LV1 通常弾
・LV2 通常弾×99
・LV3 通常弾×99
・LV1 貫通弾×60
・LV1 散弾×60
・LV1 徹甲榴弾×9
・LV1 拡散弾×3
・水冷弾×60
・LV1 毒弾×12
・LV2 毒弾×8

下の基本戦術でも書いていますが、攻撃を一発はもらう事を考慮して硬化薬グレートを持ち込みました。
これでダメでしたら秘薬も持ち込む他ありません。



【基本戦術】

突進後の振り向きや熱線放射の隙を狙って、胸殻に拡散弾・徹甲榴弾・水冷弾を撃ち込んでいきます。
これらの弾丸が切れた後は貫通弾・通常弾に切り替えて攻撃を継続。
また、腹まで壊れたら狙いを腹に変えて撃ち込んでいきます。

怒り突入の咆哮には前転でグラビモスの首下くらいの間合いに入り込みます。
タックルか回転尻尾をくらうでしょうが、熱線の直撃を受けるよりはマシという事ですね。
どれか一撃くらうのはほぼ確実なので、交戦時の体力は最大値を維持しておくよう心がけます。



【狩猟記録】

まずは小型モンスターの掃討から。
茸ヶ原(5)、地獄の一丁目(4)のファンゴとコンガを掃討していきます。
今回はLV3通常弾で掃討を行いましたが、大体ファンゴが6発、コンガが9発といったところです。

茸ヶ原(5)と地獄の一丁目(4)を一回往復し、丁度掃討が終わったところでグラビモスの登場。交戦開始です。
まずはLV1毒弾を撃ち込んで毒化させてから拡散弾→徹甲榴弾→水冷弾と使い、全力で胸を狙っていきます。
原種は突進が多いので胸に弾を当てるタイミングが少し限られてしまいますが、ここで胸の破壊には成功しました。
怒り咆哮も尻尾攻撃の範囲に入り込み、一撃もらいましたが事なきを得ています。

少ししてグラビモスは霧の草原(8)へ。
そのまま追いかけたいところですが、霧の草原のファンゴはまだ掃討していません。
このまま進入するとグラビモスとファンゴを同時に相手にする事になります。

このため、ここは急がば回れで西側から廻り込んで霧の草原に進入しました。
こちらからなら、グラビモスがこちらにやってくるまでに西側にいるファンゴ一頭を仕留める事が可能です。
(熱線も届きません。突進には注意が必要ですが)
今回はのんびりと歩いて接近してきたので、ファンゴをしっかり仕留めて迎撃体勢へ。
ここでの戦闘で水冷弾までを使いきったので、弾を貫通弾に切り替えて胸を狙います。
怒り咆哮をここでも受けますが、この時は熱線放射の顎に当たって大事にはなりませんでした。
やがて5分経過し、グラビモスは洞窟西側入口(6)へ。

こちらが残っていたファンゴを片付けてから追走すると、グラビモスはすでに茸ヶ原(5)に移動するところでした。
すぐに追いかけ、戦闘を継続します。

と、15分針中ほどで腹甲殻の破壊を確認。
追い込みをかけますが、ダメージが大きくなった分怒りも頻発。
二回ほど間合いに入り込めず、熱線の直撃を受けています。
二回とも直後にグラビモスが突進体勢に入り非常に危なかったのですが、どうにか起き上がりから回避が間に合いました。
黒だと確実に力尽きている気がします……(汗)

ともかく、どうにか力尽きずに弾を撃ち込む事数分。
グラビモスが足を引きずりながら再び洞窟西側入口(6)へ逃げ込みます。
もうここまでくれば討伐は目前だろう、と追走します。

さぁ、仕留めるぞー!

……

……

……

画面がローディングから進まないんですが?(死)

どうも読み込み不良を起こした模様。嫌な汗が背中を伝います。
一応動いてはいるので、一度ディスクを取り出して汚れを確認。吹き飛ばして再度セットしました。

……

……

映りましたー!(安堵)

後はとくに問題もなく、腹に数発撃ち込んだところでグラビモスが崩れ落ちます。

鎧竜撃破

最後に思わぬ伏兵がいましたが、かくして狩猟成功。
クリアタイムは20:22(残り時間29:38)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

怒り咆哮の回避は序盤こそそれなりに上手くいったわけですが、後半は見切りができていませんでした。
下位の原種という事でどうにか助かった部分が多々あるように思います。

しかしやはり咆哮からの攻撃は熱線の直撃を受けなかったとしてもキツいものがありますね。
上位だと秘薬は必須でしょうか……まだまだ技術の練磨と戦術の研究が必要です。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/18(火) 09:35:19|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビハンマー編) | ホーム | 明けぬ夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/44-fc671896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。