老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリーニング・クエスト

ラームです(ぺこり)

今年の6月に修理に出したPSP-3000ですが、
またしても同様の不調(アナログスティックの誤感知)が目立つようになってきました。
不調が目に付き始めたのは9月はじめ頃でしたので、6000円ちょっとで三ヶ月は動作が保証された算段ですね。
うむ、実に見事な商売です。

しかし落ち着いて考えてみると以前の1000型でも同じような症状が起きているわけでして、
これはもしかすると自分の使用環境及び使用方法にも問題があるのかもしれません。
とは言っても三ヶ月ごとに6000円ちょっとを払えるような余裕はありませんし、
不調の原因はおおよそ1000型の時と同じだろうと想定できましたので、
今回も以前の1000型同様、やむなく自己責任において状況の改善を試みる事にしました。

まずはネジを外して前面外装の取り外し。
機体上部の星型ネジは対応ドライバーが無かったので、
外せるネジを外してからコンパクトミラーのように折り開けました。
無論ジョイントになっているわけではないのでネジで止めてあった部分は折れてしまうわけですが、
幸か不幸か材質が柔らかかったので、自分の場合は綺麗に折れましたね。
その後は折れた部分をニッパーでカットし、再び組み上げた時に見苦しくないようにしておきました。

かくして前面外装は無事取り外しを終了。
外装の基本的なフォルムは1000型とあまり変わらない3000型ですが、内装は思ったより変わっていました。
むき出しになった液晶画面に埃などが付着しないように気をつけつつ、
アナログスティックパーツを取り出して分解します。
するとやはり1000型の時のように、アナログ入力を感知する基盤に謎の液体が付着しておりました。
前回もこれをふき取った事でアナログスティックの動作が正常化しましたので、これが不調の原因でありましょう。
アナログスティックを構成する各パーツにも付着しておりましたので、残らずふき取っておきました。
しかしこの液体?は一体なんであるのか・・・。
アナログスティックというパーツの性質を考えると潤滑剤の類かとも思えるのですが、さて。

再び組み上げたアナログスティックを元の位置に押し込み、前面外装を取り付けて電源投入。
P2Gで動作を確認してみますと、とりあえずスノウギアでレイアがストレスなく狩れましたので問題ないでしょう。
まだ不安があるにはありますが、このままいってくれればP3rd前に本体を買い直す羽目にはならずに済みそうです。
やれやれ・・・。

ともあれせっかくの貴重な体験ではあります。
自分用のメモを兼ねて、3000型分解清掃の注意点を挙げてみるとしましょう。


1:リスクを正しく理解し、肚を据える

2:埃の少ない環境で行なう

3:バッテリーを抜いておく

4:ネジや内部構造部品がどこに、どのようにセッティングされていたかをしっかり覚えておく

5:前面外装の取り外し後、液晶モニターに埃など付着しないようにカバーをしておく


この中で4は特に重要事項になります。
ネジの正確な場所の記憶や保管はこの手の作業の基本として、
内部構造にはフレキシブル基盤(ごく薄いフィルムに配線を走らせている)が多く、
ものによってはこれを本体内に収納する際の折り曲げ方一つで正常に動作しなくなる場合もあります。
これらは分解をしながら、どこがどのようになっていたかを図面やメモに残しておいた方がいいでしょう。

分解清掃は今回のような手順でやった場合、メーカー公式の修理が一切受けられなるというリスクがあります。
完全に自己責任で行なうものですし、不調が悪化する場合もありますので安易にお勧めできる手段ではありません。
ですが今回のように修理に出しても不調がすぐ再発し、その不調が自分でも何とか出来そうだと判断できる場合は、
下手を打った時は買い直す事を覚悟の上で挑戦してみるのも一つの方法ではありますね。


今回はモンハンそのものではなく、
彼の世界を“走らせる”ために必要な大前提であるPSP本体に関する記事になりましたが、いかがだったでしょうか。
P3rdの発売も近付いてきた昨今、皆様のPSP本体が今回のような状況にならず、
健やかに動作し続けてくれる事を願っております。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/11/08(月) 14:47:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<湯煙の向こう | ホーム | ヴォローナ・リポート 『伏竜、水底に謀る』>>

コメント

臨戦応急処置

これは…うちで『 Elder Scrolls IV OBLIVION 』のBDを「摘出」するために
PS3の初期型(60G)を「破壊」したできごとと同じですね。
星型ネジをえいやっとやったのが懐かしく思い出されます(遠い目)。

内装品の構成を記録しておくことは分解したものを再組成する際には
本当に重要なことだと思います。動作しないどころか閉じないことすらありますし。

しかし、PSP本体というのは
「あの」世界とハンター、ならびにその魂を生むプレイヤーをつなぐ物理的な躯体と言えます。
無免許医師の処置が正しいものであったことを願っております。
  1. 2010/11/08(月) 20:28:59 |
  2. URL |
  3. さふぃ #Sz7wXT42
  4. [ 編集]

パカっと

ラームさんこんにちはー。

禁断の箱を開けてしまった訳ですねw
僕もPSP2000を分解して割れた液晶交換とかしました。
しかしどこかに隙間が出来てしまったのか、気がついたら内側に埃が入る事が多々。
難しい物です、はい。定期的に分解清掃する理由付けになるし、まあいいんですけども。

PSPのメンテナンスも終わり、ラームさんのMHP3への準備もバッチリですね。
僕も発売日を楽しみに待つ今日この頃です。

リンクフリーということで、今更ながら頂いて参りまーす。
小さき太陽との旅は無事完了いたしましたw
  1. 2010/11/10(水) 12:47:56 |
  2. URL |
  3. Kigyou #UwJ9cKX2
  4. [ 編集]

お返事>さふぃさん、Kigyouさん

お二方様、いらっしゃいませー(ぺこり)
返事が遅れてしまい、申し訳ありません;

--------------------------------------------------

>さふぃさん

おお、さふぃさんも似たような経験をされていらっしゃいましたか。
しかもPS3はPSPと比べて高額ですから、決断されるまでには葛藤があったのではないでしょうか。
それでもやると決めたらきっぱりやってしまうところ、お見事だと思います。
そう、ヘマをやるとはまらなくなってしまうんですよねー。
そしてああでもないこうでもないとやっているうちに、部品が劣化して目も当てられなくなるという(滅)

星型ネジは回す時にネジ本体を痛めにくいため欧州では徐々に一般化しつつあるそうですが、
PSPやPS3などの場合は日本で対応ドライバーが入手しにくい事もあって、
どうも簡単に開けられない事のみを目的として設置されているような感じがします。
ネジのはめ込み位置ミスなどを起こさないよう分かりやすくするためであるかもしれませんが、
忌憚なく言わせてもらえば自分としてはなんとなく「せこい」モノ作りの印象を受けてしまいますね。
そこまで言わなくてもいいのかもしれませんが・・・(笑)

そういえば『Elder Scrolls IV OBLIVION』をプレイされていらっしゃったんですね。
自分も興味をひかれるタイトルでしたが、肝心のゲームハードを持っておりませんでしたのでどうにもならず・・・。
さふぃさんがあちらの世界ではどういう歩き方をされたのか、ちょっと気になるところです。

応急処置後の本体はなんとか正常に動いてくれておりますが、
ブラックジャックならぬモグリの身としては正直まだ不安がありますね。
せっかく縁あって手元に来たのですから長く使ってあげたいなという思いもあり、
そのために以前は公式の修理に依頼を出したのですが、動作の保証期間があの有様では・・・。
ただ二台続けて同じ症状が起きたという事は記事中でも記しましたように使い方にも原因があるかもしれませんので、
これからは色々と情報を収集して、使用環境にも気をつけてみようと思います。

ともあれ元々買い直しを前提とした処置ではありますし、
まずは新しい本体がやってくるまで持ち堪えてくれればありがたいところです。

--------------------------------------------------

>Kigyouさん

そして最後に現れたのは「希望」であった、となってくれるといいのですが(笑)

分解清掃の作業は性分なのかやりはじめると以外に楽しかったりするのですが、
P3rdを目前に控えた時期でもありましたので、さすがに日頃あまり使わぬ神経を使いました。
しかしKigyouさんはこの辺りもしかするとお詳しいかも・・・と薄々思っておりましたが、やはりご経験済みでしたか。
一度空けると埃の類はどうしても目に付いてしまいますね。
エアダスターなどでちゃんと吹き飛ばしたつもりでも、気がつくと気になる位置に・・・という。難儀なものです。

P3rd、新PVも発表されて発売に向けていよいよ秒読みの段階ですね。
発売日を楽しみにできるゲームと付き合えているのは、小さい事ではありましょうが幸せな事だと感じます。
PSPにしっかり動いてくれと念じつつ(笑)、自分も狩猟解禁の時を待とうと思います。

最後にリンクのお知らせ、ご丁寧にありがとうございます(礼)
今後とも宜しくお付き合いをいただければ幸いです^^
挨拶もせずに失礼しておりますが、自分もKigyouさんの歩みを楽しみに拝見しておりますので、
折を見て道筋をつけさせて頂く事になるやもしれません。その時はご了解を頂けると有難く思います。


<追伸>

 小さき太陽との旅、お疲れ様でした。
 自分も以前あの世界を旅した者で作品に大いに興味はあったのですが、
 開発元が解散した後の続編と言う事で二の足を踏んでおりました。
 しかしながらKigyouさんのプレイ記録を拝見して良い作品であるように感じましたので、
 折を見て自分もぜひ手にとって、久しぶりに筆を奔らせてみようと思います。
 好きだったあの世界が今度はどんな表情と物語を見せてくれるのか、P3rd共々楽しみなところです^^

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/11/11(木) 21:16:37 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/432-505f91a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。