老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さえずるが如く

ラームです(ぺこり)

最近また更新の頻度が落ちており、足を運んでくださっている皆様には申し訳ありません。
銃槍記であったりヴォローナ・リポートであったり書く事は多いのではありますが、
PCに向かい合って記事を記す時間が取りにくい生活形態が続いております。
ひとえに年末にある程度まとまった自由時間をキープするためではあるのですが・・・(爆)
といって仕事はさほど忙しい感じではなく、単に時間を取られる形になってしまっているのが微妙なところ。
ポメラでも導入して、休み時間に記事の下書きをするというスタイルの導入時期なのかもしれません。うーん。

そんな感じで今日も今日とて時間があまりないのではありますが、ごく軽く雑記などを。



【魅惑のこよみ】

先日カプコンオフィシャルのオンラインショップである『イーカプコン』にて、
P3rdの予約ついでに(もう一品何か買って送料を無料にすべく)色々と品物を見て回っていたのですが、
その中で次のような商品が目に止まりました。

 『カプコンガールズカレンダー 2011』

名前の通りカプコンゲームに関わりのある女性キャラクターたちのイラストをテーマとしたカレンダーなのですが、
そのテーマ作品の中になんと我らが『モンスターハンター』もラインナップされております。

人気作なのだし、別に不思議ではないのでは・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし『ストリートファイター』や『戦国BASARA』といった同じくラインナップされているシリーズタイトルに比べて、
モンハンには題材となるようなオフィシャルによって設定され、かつ人気のある女性キャラクターはいないように思えます。
(受付嬢などはいますが、それにしても彼女らがそこまでの人気とは・・・(爆)
実際に西村キヌさんが描かれた表紙に描かれているのは『ベリオロス剣士装備の女性ハンター』ですし、
こういう企画の商品においてモンスターハンターがテーマの一つとして選ばれる事はなんとも異質な感じがします。
それでもここで選ばれたのは、それだけモンハンもカプコンにとって大きな商品になったという事なのでしょうね・・・。
何を今更、という感じもしますが(笑)この流れが良い感じで続いていく事を願うばかりです。

ちなみに商品としては単純に気になります(笑)
2ヶ月替わりでシリーズが変わるそうで、モンハンが担当するページは2枚ですね。
予想としては各種装備の女性ハンターがずらりという感じになりそうですが、
2枚目はレイアと黒ディアの大激突シーンとかでしたらごく個人的に大変好みであります。
大部分の購入したお客さんに怒られそうですが・・・(爆)
しかしあの二頭はガールというにはちと熟味がありすぎるかもしれませんね(そういう問題ではない)



長々と間を空けた挙句のモンハンと関わりがあるかないか・・・という微妙な雑記でしたが、
今回のところはこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
近日中にヴォローナ・リポートのボルボロス編をお届け・・・できるといいのですが(爆)

それでは本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/10/02(土) 16:48:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ヴォローナ・リポート 『泥装の喧嘩巧者』 | ホーム | ヴォローナ・リポート 『道の礎、水獣』>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/03(日) 22:49:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

確かにモンハンには固定キャラクターが居ないので、あまりピンときませんね。

なにせ、一番有名なのは「キリン装備をした女性ハンター」ですからw

これだけの支持を集めているゲームなのだし、アニメ化などの話があっても良さそうなものですけども。


ちなみに私、過去はストリートファイターシリーズのヘビィユーザーでして、そのころからカプコンのお世話になってるんですね。

それも踏まえて、『カプコンガールズカレンダー2011』、大いに気になるところですw
  1. 2010/10/05(火) 14:21:20 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

形無きが故に>かにマジンさん

どうもどうも、いらっしゃいませ^^

確かにピンと来ないお話です(笑)
しかしその後そのあたりに詳しい友人に話を聞いてみたところ、
『○○装備の女性ハンター』という素材は造型や同人誌などの界隈においても結構な人気があるそうですね。
してみると今回のカレンダーにモンハンが採用されたのも、あながち斜め上の判断というわけでもなさそうです。
しかし公式に確立された設定の無い「プレイヤーキャラクター」がこういう風に用いられる日が来るとは・・・。
自分のような者からするとなんとも言えぬ一種の感慨を覚えます(そういうのもいいかなぁと思いますが(爆)

うーむ、アニメですか。どうも良くない予感しかしませんな(爆)
しかし上手く作ればモンハンの世界観や、プレイヤーの遊び方をさらに広げられそうな感じもします。
例えばある一人のハンターを全編の主人公に据えてその物語を追っていくのではなく、
様々なハンターがそれぞれの理由で狩猟生活を続ける中で出会った、
少しだけ心に響くエピソードを短編形式で放送していくというような感じですと自分的にはもう本当に好みです。
どうもモンハン版『シートン動物記』になってしまうのかもしれませんが・・・(笑)

おっ、かにマジンさんもカプコンさんとは長いお付き合いのようですね。
自分も『ストリートファイター』や『ヴァンパイア』シリーズなど、
対戦格闘ゲームを中心として割合長くカプコンのゲームを楽しんで遊んでおります。
そんなわけでモリガンの指の動きに魅了された思い出を持つ身としては(笑)、カレンダー全体にも興味があります。
おりんさんとか、成長したアニタとかを描いていてくださらんものか・・・すいませんマニアックでした(爆)
自分で購入する予定は今のところないのですが、友人などに勧めてみてはおりますので、
もし機会があればカプコンの誇る女性キャラクター達の晴れ姿、ぜひ目にしてみたいものです。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/10/06(水) 16:45:04 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/427-7ecedceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。