老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅葉雑感

ラームです(ぺこり)

昨日はP3rdの新情報が色々と公開された事を記しましたが、
一日を置いた今回は明らかになった各情報について、自分自身が感じた事を記してみようと思います。




【ガンランスの新アクション】(公式HP/東京ゲームショウ2010プレイアブル情報/各武器の操作/ガンランス)

 まずは何といっても気になるガンランス。
 プレイアブル出典という事で、その操作方法が明らかになっています。


 『クイックリロード』
  砲撃後に○ボタン
  →弾薬を1発分だけリロードします。
  ※連携専用行動


  連携専用のアクションで、単体では使う事ができないアクションのようです。
  砲撃そのものにある程度隙がありますのに、さらにそこから1アクション。現段階では微妙な感じがします。
  しかし砲撃のみで押し込んでいくと考えれば使いでが見えてきそうな・・・。
  砲撃のみに特化した機種が登場するとか、そんな感じであればこのアクションの面白味は一気に増してきますね。


 『溜め砲撃』
  各攻撃後、またはクイックリロード後、Rボタンを押しながら○ボタン
  →威力の高い砲撃を放ちます。回避行動に派生する事が可能です。
  ※連携専用攻撃


  これは今回初めて明らかになったアクションですね。
  砲撃発射までの所要時間を大きくして、威力を上昇させるアクションのようです。
  目を引くのは「砲撃の後に回避が可能」というところ。
  どのような使用感になるのかは実際に見てみないと分かりませんが、
  また一つ攻め手を組み立てる要素が増えた事は大変に喜ばしいです。


 『叩きつけ』
  クイックリロード後、または前方突き2回目の後、△ボタン
  →「竜撃砲」「フルバースト」へ派生する事が可能です。
  ※連携専用攻撃


  クイックリロードのみならず前方突き2回目からの派生も可能、
  さらにフルバーストのみならず、竜撃砲にも派生させられる仕様のようで、なかなか面白い感じです。
  攻め手のバリエーションの想像が膨らみますね(笑)
  砲撃と竜撃砲のレベルを分けて設定したりあったりすると、また一つ使い分けの面などで楽しそうです。


 『フルバースト』
  叩きつけ後、○ボタン
  →弾薬をまとめて発射します。弾倉に残っている弾薬の数が多いほど、威力が高くなります。
  ※連携専用攻撃


  性能的には未だ未知数のフルバースト。
  砲撃型の種類なども明らかになっておりませんし、この辺りは仕方ありませんが・・・。
  説明文だけを見ると装弾数が多い方が適していそうですが、
  竜撃砲との差別化として、砲撃型によって使いでが異なってくると良い感じかもしれません。

  狗竜爆吼

 攻防一体という特性がより極まっていくランスと、攻め手の多様性が広がっていくガンランス。
 この差別化の流れは有用性などを抜きにして好ましいものだと思います。
 ガンランスに関してはさらに機種ごとに攻め方が大きく変わるような調整がしてあると素敵ですが、
 さすがにそこまでは高望みでしょうか(笑)

 それにしても、今作では砲撃に関する新要素が多く増えている感じがします。
 あるいはP3rdは今まで通常攻撃の間の“繋ぎ”という立ち位置からなかなか脱却できなかった、
 砲撃というアクションの飛躍のシーズンにもなるかもしれませんね。



【新型ガンランス】(TGS2010 プロモーションムービーなど)

 モンスターの種類が基本的にtri-ベースへとリニューアルされるのに伴い、
 新型のガンランスが現状においても何種類か確認されていますね。
 ムービー内で目に付くところではドスジャギィ素材や赤アルマジロ(仮)素材のガンランス、
 また目立ちませんが黒轟竜無双のシーンではレウス素材由来らしき機種も確認されています。
 いずれも素敵なデザインで、その性能を直に目にする時が大変楽しみです。

 個人的にはレウス機種の登場により、火竜夫婦のガンランスが揃う事が大変嬉しいですね。
 というよりなぜ今まで無かったし(爆)
 これでレイア機が汎用性のある毒属性になる可能性も一層・・・フフフ。
 ちなみにもしレイア機→レウス機の段階強化でしたら呪います(滅)



【しゃがみ撃ち】(TGS2010 プロモーションムービーなど)

 ヘビィガンナー注目の新アクション、しゃがみ撃ちの操作も明らかになっておりました。


 『しゃがみ撃ち』
  ○+△ボタン入力後、△ボタンor×ボタンで弾を選択、○ボタンで決定
  →移動が出来なくなりますが、一時的に装填数が増大し連続して攻撃する事ができます。
  ○ボタンを押したままにすると、連続で射撃を行ないます。
  ※×ボタンで通常状態に戻ります。


  バズディアーカ type-3rd

 ムービーではバズディアーカと思しきヘビィボウガンを用いたしゃがみ撃ちの様子が流れております・・・が・・・。

 大丈夫なんですかね・・・これ(爆)

 いや連続で射撃って、これじゃ遅すぎるような・・・(dos速射の悪夢が・・・)。
 押しっぱなしではなく一発ずつ撃っている、あるいは弾丸によるものだと信じたいところです。

 ともあれ連射性能はともかくとしてシールドの性能がtri-同様であれば、
 謳い文句どおり「不動の巨砲」と化す事も可能かもしれません。
 (tri-におけるガードのダメージ軽減性能は、ガンシールドを含めて非常に優秀でした)
 あとはそこにガード強化系のスキルがどう絡んでくるか、が使いでの分かれ道になってきそうですね。
 しゃがみ撃ち中は姿勢が安定しているので、自動的にガード性能+1とかでもよさそうな・・・。
 いや、もしかするとしゃがみ撃ち中はガード不可という斜め後ろ方向の設定かもしれませんが(滅)
 アクション展開、終了に要する時間なども不明ですし、まだ未知の部分が多いアクションでありますね。

 余談ですが、ヘビィはtri-のミドル同様に射撃後の回転回避ができるようになっているようです。
 武器種の使いでとしてはセパレート(中折れ式)・ミドルのそれになりそうですね。



【オトモアイルー関連】(『モンスターハンターポータブル 3rd』発表会実況中継

 まずオトモたちの名前が変えられるのは、自分にとっては大変嬉しいところです。
 狩りの相棒として、より一層思い入れができる存在になってくれるのではないでしょうか。

 そしてペア狩猟では一人一匹ずつ自慢のオトモを連れていけるとの事。これもまた良い感じです。
 他のハンターがアイルーたちにどんな名を与えてあげるのか、どのように育てているのか。
 それはまぎれもなくそのハンターならではの歩み方の一面を表します。
 それを狩場で自分が信を置くオトモと並べ見る事ができるのは、一つ大きな楽しみであろうと思います。

 オトモアイルーは邪魔くさいという事で嫌われる事もあるようですが、
 彼らもまた確かに狩猟生活に彩りや楽しさをもたらしてくれる存在でもあります。
 自分の歩みを顧みた時、彼らなくして白鱗の銃槍との歩みがあそこまで到達する事はなかったかもしれない、
 という思いもありますし、自分自身はユクモ村においても彼らと良い感じに付き合っていきたいなと思います。



他にも新モンスターの事など色々と書き足りないところはあるのですが、今のところはこの辺で。
ゲームショウの展示が一般のお客さんにも開放される明日以降はプレイアブルに触れられた方の感想も出てきそうで、
また一つ楽しみなところですね。

皆様もぜひ、気になる情報についてはご自分なりに予測や希望を立てられてみてくださいませ。
意味の無い遊びといえばそうなるのかもしれませんけれど、これはこれで意外に楽しいものでもあります(笑)

さてそれでは、今回はそろそろ失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/09/17(金) 16:01:54|
  2. MH P3rd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヴォローナ・リポート 『道の礎、水獣』 | ホーム | 渓流の音、道標の先>>

コメント

しゃがみうちについて

ども。SISです。
自分は速射のようなものではなく、単に装填数が一時的に増加するスキルと認識していますね。
罠にはめたりしたり、そういう一方的な攻撃チャンスでリロードするのは非常にもったいない……そんなとこでかゆいところに手が届く、というか。
現状、竜撃弾っぽいものが見当たらない(絶望)ので、従来の麻痺とかそういう竜撃チャンスみたいな時に一気に弾丸をたたきこむ、そんな感じで運用したいと思ってます。
またよくわかりませんが、反動も軽減されるなら麻痺弾のしこたま射撃など、支援目的でも結構な効果を発揮できるんじゃないかと。
もしdos速射みたいなものだったとしても、ヘヴィの火力ならまだ希望はあるはず。あきらめるのはまだ早いです、と思いたいですね(苦笑
  1. 2010/09/17(金) 18:43:30 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

ラームさん、こんばんは。
先ほど公式HPにてゲームショウ向け各武器の操作方法を見たのですが、武器によってはセレクトボタンを使用するものもありPSPでの操作ボタン割り当てに限界を感じてしまいました。

MHP3発売までのモチベーション維持にMH2Gでやり残した事(最大・最小金冠、G級訓練所、トレジャーなど。)が沢山ありまして現在、G級訓練を消化しています。訓練もいよいよ佳境に入ってきましたが、超苦手ラージャン(弓以外の4種が残っています。)なので教官に卒業証書が戴けるかどうか・・・・。

それでは、よい狩りを。

  1. 2010/09/20(月) 23:48:32 |
  2. URL |
  3. cobra #-
  4. [ 編集]

私はタメ砲撃に期待度大ですねー。水平砲撃→タメ砲撃→ステップ回避、などにつなげられれば、モンスターの背後からでも攻防一体のダメージ源になりそうですし。

って、こういう話をしている時点でお分かりかとは思いますが、東京ゲームショウ、行ったはいいものの試遊はできませんでした……。

まあ、それだけモンハン人気はスゴいんだな、と体感出来ただけでも良しとはしていますがw
  1. 2010/09/21(火) 09:18:23 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

お返事>SISさん、cobraさん、かにマジンさん

御三方様、いらっしゃいませー。

--------------------------------------------------

>SISさん

チャンスにおけるヘビィの“必殺技”ですか・・・なるほど。
竜撃弾の続投は怪しいところですし、その運用法を基本に設定されている線は大いにありそうな。
ヘビィの攻撃力であれば、リロードせずに撃ち続けられると確かにかなりの火力になりそうです。
反動の軽減もあの姿勢ですし、あって然るべきかなと思いますね。
異常弾対応のヘビィがあれば拘束を連携させる時など、面白い使い方ができそうです。

通常運用への切り替えもできるという事ですし、
機種そのものの使いでに致命的なダメージを与えたdos速射のような事にはならないだろうとは思いますが・・・。
あのトラウマのおかげで、どうにも予測が良くない方向へと向いてしまいます(笑)

待望の新アクションなのですから、確かな使いがある事を期待したいところですね。

--------------------------------------------------

>cobraさん

セレクトボタンも、ついに普通のアクションボタンとして使用する事になりそうですね・・・。
狩猟笛の柄殴りなんかは動きが細かくて使いやすいアクションですし、
ああ離れた位置に配置されると使用感が気になるところですね。
慣れてくると気にならなくなるのでしょうか・・・(笑)
しかしぼちぼちキーコンフィグくらいは搭載しても良いような気がしますが。

もともとPS2のコントローラを想定してデザインされたゲームですから、
ボタン数が少なくなっているPSPではどうしてもボタン設定に無理が出てしまう感じですね。
もうあれですね、PSPに繋ぐコントローラでも開発するべきなのかもしれません(爆)

P2Gでやり残した事を消化しつつ3rdに向けて勘を磨くのには、丁度良い感じの時間が残っておりますね。
金冠系はハマりすぎると病む可能性がありますので、1日何回までと決めるノリで気を楽にして臨まれてください(笑)
訓練系はタイムを出そうとすると難儀する場合がありますが、
苦手としている相手でも時間をかけて秘薬や罠・爆弾などのアイテムを確保してから戦闘に臨むと、
モンスターの体力が低めに設定されている事もあり意外とすんなりといける事も少なくありません。
もし厳しいと感じられましたら無理をせず安全第一の立ち回りを念頭に、
キャンプでの回復などもフル活用しつつ挑んでみてくださいませ。

教官の涙にまみれた(爆)卒業証書を無事入手されるよう、こちらからもお祈りしております。

--------------------------------------------------

>かにマジンさん

東京ゲームショウの方、なんともお疲れ様でした;
しかし朝一に行って遊べないとは、やはり人気タイトルなんですねぇ・・・。
カプコン側もそれを見こして数は設置しているのでしょうけれども、半端ない事です。
ともあれ実際にゲームショウの雰囲気を肌で感じられた事は、
ゲームユーザーとしてひとつ間違いなく良い経験になるのではと思います。
プレイの方は製品版、ないし体験版までしばし待つと致しましょう。

溜め砲撃、期待が膨らむところですよね。
なるほど考えてみると砲撃→溜め砲撃、なんていうアクションも取れるわけですね。うーん面白い。
ガンランスの扱い方、プレイヤーによって幅が出てくるものになるかもしれませんね。
あるいは装弾数増加なども3rdではプレイスタイルで強力なスキルになるのかも・・・うむ、楽しそうです。

新型ガンランスの運用開始まで、残すところは二ヶ月とそこそこ。
自分なりの攻め手を遊想しつつ、日々を送っていくとしましょうか。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/09/21(火) 10:35:35 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/425-b4684ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。