老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渓流の音、道標の先

ラームです(ぺこり)

今回はP3rd関連の情報と、リンクに関するお知らせを記します。



【P3rd関連】

『東京ゲームショウ2010』が本日より開催され、ゲーム関連で色々と動きが見えてきているようです。
我々ハンターに関係のあるところではP3rdのプレイアブルが出典されており、
連動して公式ページの方でも新PVをはじめとして様々な情報の更新がされております。

モンスターハンターポータブル3rd PV(TGS2010)



今回は武器の新アクション、そして新モンスターについて特に力を入れた編集がされていますね。
個人的には水没林に新草食モンスター?が追加されているのが嬉しいところでした。
大型モンスターだけでなく、こういうところを補っている様子を見せてもらえるとなんだか安心します。

公式ページでは他に武器紹介のページで新デザインの武器や防具のグラフィックが追加されていたりしますので、
P3rdをお待ちになられている方はぜひご覧になられてみてくださいませ。
発売日までの時間をもう少しだけ楽しく過ごす事ができるかと思います(笑)



【リンク追加】

当ブログのリンク先に以下の三箇所を追加し、道筋を記させて頂きます。


『失われし砂の都』/管理人:楼蘭 様

 モンスターハンターを題材とした二次創作文章を中心に足跡を記されていらっしゃいます。
 二次創作文章には『モンスターハンターをプレイする人』に焦点を当てて描かれた物語など着眼に優れたものが多く、
 息遣いや空気の流れが聞こえてきそうな登場人物や情景の描写も秀逸で、良い意味での“生々しさ”を感じます。
 また一方では読みやすさをまず意識された文の記し方をされており、作品には短くない物語も多いものの、
 読者はさほど疲れずに先述した“生々しい”モンスターハンターの世界に入り込んでいく事ができると思います。

 一点だけご注意として、楼蘭さんの文章には「オトナの」性愛表現を伴う描写が見受けられる場合があります。
 (個人的には過剰すぎず抑えすぎず、実にほど良い表現だと思っています)
 そういう箇所にはブログ中でも管理人の楼蘭さんが注意書きをされていらっしゃいますので、
 その手の表現が苦手な方は注意書きをよくお読みの上、心の準備をしてから閲覧ないし退去されてくださいませ。

 心澄まずも冷え切らぬ、血の通った“ハンター”たちの物語。
 「綺麗な」狩猟の物語が物足りなく感じた時に、ぜひ。


『とりあえず、モンハン一回』/管理人:竹蔵 様

 モンスターハンター(主にポータブル系)の日々のプレイ記録を主に記されています。
 その足跡は簡潔ながら軽妙でテンポが良く読み手に負担をかけず、またしばしば共感を感じさせます。
 ブログというものの一つの在るべき姿ではないか、と自分などは常々思っているところですね。

 あるものをあるがままに、自分なりに楽しんでいく狩人の余分なもののない足跡。
 それを素直に読んで、笑い、頷き、時に考えて。
 時に淡白に見えるかもしれませんが、読み手に心地良い味わいを感じさせる、そんな足跡だと思います。


『ヘルメットガンナーの狩猟日記』/管理人:かにマジン 様

 tri-、P2ndGにおける狩猟日記を中心に、コラムなども記されていらっしゃいます。
 こちらでは主役となるハンターをはじめとして何名かのキャラクターを設定されており、
 日々の記録は彼らの対話によって綴られている場合が多いのですが、これが実に楽しいです。
 自分は記事を頭から最後まで読んで、一度も吹き出さない回がありません(笑)
 一方でしっかりとクエスト攻略の足跡もその中で記されており、
 注意点や反省点などもキャラクターのかけあいの中で分かりやすく(かつ面白く)紹介されています。
 この辺り味気なくなりがちな狩猟記録の記し方として、一つ大いに参考になるところですね。

 ボウガンのアセンブリやヘルム(剣士用頭防具)にこだわったガンナー用装備の紹介など、
 楽しくも実用性のある記事が多く、見応えと共に楽しさもある素敵な足跡です。
 自分のところのハンターにキャラクターを与える参考にもなると思いますので、
 興味がおありの方は一つご覧になられてみてくださいませ。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/09/16(木) 16:33:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<紅葉雑感 | ホーム | ヴォローナ・リポート 『彩りを唄う鳥竜』>>

コメント

今回は丁寧なご紹介と共にリンクに入れて頂きありがとうございます♪
なんだか爽やかに紹介いただいてますけれども( ^ω^)
中身はおっしゃるとおり、あるがままにモンハンをやってみたという感想だけなんで
まさか私のようなところがリンクいただけるとは思ってもみませんでしたw
これからも宜しくお願いします( ^ω^)

  1. 2010/09/16(木) 21:56:14 |
  2. URL |
  3. 竹蔵 #/Amn5WiM
  4. [ 編集]

ラームさん、こんばんは。
私もMHP3の新PVみました。
新モンスも今まで発表されていた以外にもいろいろと増えてましたね。

公式HPみてみたのですが、特別モデルのPSPが発表されており、購買意欲をそそられました。私、油ギッシュなのでマットブラックがたまらないです。しかし、PSP-3000であることが残念に思います。

また、体験版配布決定の報を見たときは、ビクッとしてしまいました。しかし、モンハン部限定ということで萎えてしまいましたが・・・・・。
(携帯のネット契約解除してしまったのに。)

それでは、よい狩りを。
  1. 2010/09/17(金) 00:12:12 |
  2. URL |
  3. cobra #-
  4. [ 編集]

お返事>竹蔵さん、cobraさん

お二方様、いらっしゃいませー(ぺこり)

--------------------------------------------------

>竹蔵さん

そういえば、肝心の竹蔵さんにリンクのご連絡を入れるのを失念してしまっておりました(爆)
快くお受け入れくださり、本当にありがとうございます。

読み手に堅苦しさを感じさせず、それでいて味わいのある竹蔵さんの足跡、いつも楽しみに拝見しております。
特に必要以上に堅苦しくなりがちな自分にとっては、一つのお手本といっても良いブログ様です(笑)
初めて声を賭けて頂いた時から随分間が空いてしまいましたが、どうぞ改めて宜しくお願い致します(礼)

最近は捕獲に精を出されていらっしゃるようですね。
Pシリーズはモンスターの体力が基本的に少なめですし「しまった、つい力が!」という状況が多いですよね・・・。
あとはオトモが討伐してしまったりとか(爆)いや、そこは連れて行かなければいいんでしょうけれど(笑)
ともあれ無事に全種捕獲が済みますように、お祈りをしております。

ちなみにP2Gですとライトボウガンも小回りが効く上に戦闘能力も悪くなく、捕獲作戦時に用いると面白い感じです。
老山龍砲の重さに腕がくたびれた時はぜひ一度お試しください(笑)

--------------------------------------------------

>cobraさん

今回はかなり手広く情報が公開された感じですね。
ケイブシャーク(仮)やら赤アルマジロ(仮)やら、なかなか狩り応えのありそうな感じのモンスターたちです。

ハンターズモデル、カッコ良いです。自分も欲しいところですが予算が・・・(爆)
む、しかし3000型はまだ評判が芳しくありませんか。
年末にかけてまた一波売れる型番でありましょうし、そこまでに評価が改善されると良いのですが。
時間はまだありますし、様子を見ながら検討されてみてください。自分も倹約しながら考えてみます(笑)

体験版の配布は意外でしたね。
すでに大きな人気を得ているタイトルですから、この辺りは無いだろうと踏んでいましたが・・・。
しかし確かに、モンハン部限定というのはちとあざとい感じが致しますね(滅)
どうにか一般配信も・・・という流れに変わってくるといいのですが。

いよいよ本格的にP3の足音も迫ってきましたね。
新たな狩場に想いを馳せつつ、お互い日々の狩りもさらに精進して参りましょう。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/09/17(金) 12:14:58 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

ついに来ましたね~
自分、昨日は2chに張り付きっぱなしでした。

期待を裏切らない出来のようで、今からどの武器を使おうか…ワクワクテカテカしております。

やはり変更の多いガンランス・笛・双剣からかな?
ジンオウガは向かって右周りで立ち回りかな?とか
発売前のこの一時、妄想が膨らんでとても楽しいものですね!
  1. 2010/09/17(金) 12:51:35 |
  2. URL |
  3. hs #-
  4. [ 編集]

これはこれは、ご丁寧なサイト紹介、大感謝です! しかし、中々に照れますなw

さてMHP3ですが、やはり注目はガンランスですねー。クイックリロードからの叩きつけ、そこからの砲撃派生? 叩きつけは他からの派生技として存在するのか?

こういった諸々気になるところを……もう待ってられないので、東京ゲームショウに行って自分で確かめてみることにしましたw

情報がまとまったら、またブログにアップしますね。
  1. 2010/09/17(金) 13:23:39 |
  2. URL |
  3. かにマジン #rKPxbfVA
  4. [ 編集]

お返事>hsさん、かにマジンさん

お二方様、いらっしゃいませー(ぺこり)

--------------------------------------------------

>hsさん

発売日が近づいてきた事もあって、今回は大きめに動きましたね。
思った以上に多くの要素が詰め込まれていそうで、自分も期待を膨らませているところです。

hsさんも考えておられるように、まずどの武器を使うかから迷いますよね。
自分はガンランスをメインに使いたいところですが、ガンや双剣も本当に面白そうで・・・。
ゼロの状態からの一週目は貴重な経験になりますから、今から悔いのないプランを立てておきたいところです。
(いざ始めたら絶対に予定通りにいかないだろうと思いますがw)

しかしこのぶんですと、本当に想像で楽しんでいる間に発売日が来てしまいそうです(笑)
ハンターの理想や希望が乱れ飛ぶ発売前のこの流れ、お互い存分に楽しんで参りましょうv

--------------------------------------------------

>かにマジンさん

紹介文の方、まずは失礼など無かったようで安堵しております^^
これからもどうぞ、楽しまれながら足跡を残されていってくださいませ。

ガンランスの新アクションに関しましては本日付の記事にも記しましたように、
公式ページのプレイアブル情報に操作方法と共にある程度の情報が掲載されております。
ゲームショウにお出向きとの事ですから、ぜひ確認されてみてはいかがでしょうか。

いやーそれにしても羨ましい・・・。
相当な人出になるでしょうから、人あたりなどに気をつけられつつ存分に楽しまれてきてください。
良い一日になりますように祈りつつ、またその足跡を楽しみに待たせて頂きます。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/09/17(金) 16:40:29 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

こんばんは、楼蘭です。

ここ最近、現実世界でもオフラインモードが続いておりまして、新PVとリンクいただいたことを知ったのは、つい昨日のこと……。

なにはともあれ、ご丁寧な道標をいただきましたこと、心より感謝いたします。

人間のもつ“生々しさ”の表現をテーマのひとつに据えているため、読者を選ぶブログではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、新PVと新モンスターの発表により、いよいよカウントダウンのムードも高まってきたように思います。携帯機用のモンハンがどのような進化を遂げるのか、1ユーザーとしても(二次創作者としても)非常に楽しみなところですね。

話題に乗り遅れないよう、今度こそ予約&腕を磨いておかなければ……(笑)

取り急ぎ、お礼を兼ねまして、今回はこのへんで失礼いたします。どうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/09/18(土) 23:15:41 |
  2. URL |
  3. 楼蘭 #jhHw6g8s
  4. [ 編集]

流音、砂幻に響く>楼蘭さん

はい、こんばんはですー(ぺこり)

当方への道筋はずいぶん前につけて頂いておりましたのに、
こちらからの道標立ては遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。
リンクに関しても事後承諾を頂く形になってしまいましたが、ご了解を頂きましてありがたい限りです。
改めまして、今後とも宜しくお願い致します(礼)

過ぎてゆく時間の中で懊悩や葛藤を抱き、些細な事に心癒され、進んでは立ち止まり。
楼蘭さんが描く“生々しい”ハンターたちの足跡を見る時、自分は彼の世界をより身近に感じる思いがしております。
これからの執筆活動も大いに楽しみにさせて頂きたいと思っておりますが、
どうぞまずはリアル第一に、マイペースで筆を執られていってくださいませ。

渓流の音、秋の色が深まるにつれはっきりと耳に響いてきましたね。
自分が思った以上に多くの要素が盛り込まれていそうで、本当に楽しみなところです。
楼蘭さんにとってもまず何より楽しく、そして執筆の糧となるような狩場に仕上がっていて欲しいと思います。
予約の方もどうやら半端ない事態になっているとの事ですので、お早めにぜひぜひ。

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/09/21(火) 09:52:49 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/424-7abe26d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。