老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビブレイド編)

ラームです(ぺこり)

新種の飛竜がそこここで発見される年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか。
自分がいる狩り場には関係ないと分かっている飛竜であっても、
やはりその動きや生態が気になってしまうのは狩人の性なのでしょうか……。

さて、それでは本題へ。
沼グラビモスに挑戦中の教官チャレンジ、今回はクロオビブレイドでの狩猟を振り返ります。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・硬化薬グレート×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・爆雷針×5
・シビレ罠
・砥石×20
・こんがり肉×10

今回も爆雷針を持ち込んでいます。
ガードができる武器ですが、ガスはガード不可のため硬化薬グレートも。
シビレ罠は序盤に使い、尻尾を切るために使おうと思っています。



【基本戦術】

前回は尻尾より腹破壊を優先しましたが、尻尾によるダメージを結構受けてしまいました。
そこで今回は尻尾から切断する事に。
尻尾が切れるまでは突進の前モーション(体勢を低くして唸る)、あるいは熱線放射に合わせて尻尾に斬りつけます。
尻尾の切断後は同じタイミングで胸へ攻撃を行います。



【狩猟記録】

今日もしっとりした雰囲気がたまらない(?)沼地にやってきました。

まずはキャンプで支給品(応急薬・砥石)を取って、各地のファンゴ&コンガ掃討に向かいます。
茸ヶ原(5)←→地獄の一丁目(4)を一回ずつ往復してファンゴとコンガを掃討、次に洞窟西側入口(エリア6)へ。

……グラビモスがいました。
ここに来たのはグラビモスがこちらに来ているかどうかの確認なので、
気付かれないうちにすぐに引き返して茸ヶ原(5)→地獄の一丁目(4)経由で霧の草原(8)へ。
ここにいる3頭のファンゴを掃討します。
掃討が完了して間もなくグラビモスが到着。ここから本格的に狩猟の開始です。

まずは尻尾を狙っていきます。突進の前モーションを確認。
腹を潜りつつ、走り出すグラビの尻尾に当たるように武器だし攻撃を振り抜……けずにガッキンと弾かれます。

しかしこれは肉質から予想済み。
それでもダメージ自体は通っているはずなので、構わずに斬りかかります。
と、5分たたないうちに尻尾を切断。
前回、弾かれないのにも関わらず尻尾切断までに割と時間がかかった事を考えれば良い感じです。


そういえばこの突進の前モーションを潜りつつ腹や尻尾を狙う方法、
自分より先にモンハンを始めた相方に教えてもらった方法です。
当時はグラビモスが本当に恐ろしく、潜り込みが及び腰になって逆に突進をもらったりしていました。
最近では近接で行く事自体が少なくなっていましたが、こうしてまたこの戦術を使う日が来るとは……
進歩がないとも言えるでしょうか(笑)


さて、グラビモスは霧の草原(8)での戦闘開始後、
洞窟西側入口(6)→茸ヶ原(5)→地獄の一丁目(4)と移動していきます。
追走しつつ、爆雷針を混ぜつつ胸を攻撃していくのですが……なかなか壊れません。

特に熱線放射に合わせての斬り込みは胸に当たっているかどうかも怪しかったので、
武器出しから斬り上げに繋げて、確実に胸に当てるように戦術を少し修正して戦闘を継続します。
この場合離脱がワンテンポ遅れるので睡眠ガスを数度もらってしまいましたが、
今回は全て踏みつけで起こされたので大事故には繋がりませんでした。

と、15分頃に胸殻の破壊を確認。引き続き腹の破壊を狙います。
グラビモスはここから茸ヶ原(5)→洞窟西側入口(6)→茸ヶ原(5)と、やや落ち着きのない移動。
キャンプ近くだったので、爆雷針や応急薬を補給しつつ立ち回ります。
途中、洞窟西側入口(6)で暴徒と化したモスの群れに襲われ、
あわや熱線放射に巻き込まれそうになった他は危ない場面も無く、狩猟は進行していきます。

そして25分頃に腹の破壊を確認。

こうなればこちらのものです。剥き出しになった弱点に武器出し攻撃を叩き込み続け……。

チェストー!

成敗!

かくして狩猟成功。
クリアタイムは31:53(残り時間18:07)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

尻尾を早めに切っておいたおかげか、斬り込んだ後の直撃弾が格段に減りました。
回復薬系の消費も応急薬を除けば薬草1つのみです。

しかし熱線放射に合わせて胸に斬り込む瞬間、何度か顎に吹き飛ばされる事がありました。
片手剣の時も何度かあったので、近接武器でやるからにはこれを無くしたいところです。

それにしても、落とし穴とタル爆弾が使えないだけで随分硬く感じます……。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/14(金) 13:57:52|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明けぬ夜 | ホーム | 隣の晩御飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/42-7ae63499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。