老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まよいマンボウ

ラームです(ぺこり)

ここ最近tri-の水没林にて“ある物”を探しておりますが、これがなかなか姿を現してくれないで困っております。
となると幻の高級提灯球か、はたまた海竜の蒼玉か・・・と思われそうですが、目的の物は素材ではありません。




 マンボウ型遊泳魚
  ─ギャラリーモード『初めての漁』より

実はマンボウ型の遊泳魚を探しております。

先日唐突に思い出した事なのですが、
まだtri-を始めて間もない頃、村クエストでの水没林・エリア5においてマンボウと顔を合わせた事があります。

 水没林・エリア5(水中)
 水没林・エリア5(水面)
  ─水没林・エリア5の風景

その時自分は『何か』(記憶が定かではないのですが、大型モンスターだったと思います)と戦っており、
慣れない水中戦と新しく出会ったばかりの大型モンスターに四苦八苦しているところでした。
その最中、大型モンスターの動きを追おうと必死に動かしていた視線が不意にマンボウの姿を捉えたのです。

マンボウはハンターとモンスターの戦いなどどこ吹く風という感じでエリア外※方向から泳いできていたようで、
(※ハンターが行く事のできない“外側の水域”です)
丁度エリアの端で立ち回っていた自分とちょうど目が合うような形になりました。


『 ! ? 』


そんなテロップが出ていれば、さぞかし似合う瞬間であったと思います(笑)
こちらが丁々発止の狩場にはあまりにも不似合いな風体の珍客に一瞬狩りを忘れている間に、
マンボウはこれはまずいとばかりにヒレを翻し、
もと来た“外側”へと急いで(といってもあまり速くはなかったのですが・・・(爆)泳ぎ去ってしまいました。


その時は新しく体験する事がとても多く、
「こんなところにもマンボウがいるんだなぁ」という感じでこの出来事は記憶の片隅にしまわれてしまったのですが、
最近になって孤島でマンボウを目にした時、不意にこの記憶が蘇ってきたのですね。
と同時に、それ以来水没林ではマンボウを目にしていない事に気が付きました。

で、何と言いますか・・・陳腐な感情であるのかも分かりませんが、
「もう一度あのマンボウに会ってみたいな」という事になり、水没林でマンボウの魚影を追い求めているというわけです。

ところがいざ探してみるとなかなか会えないもので(この辺はモンハンらしいと言うべきでしょうか)、
水没林が舞台となる村クエストを何周かしても、あのマンボウは一向に姿を見せてくれません。
出現に何か条件が必要なのか、はたまた非常に低確率なのか・・・。


などと戦術の練磨などには縁遠い事をやっているわけですが、こうしているかいないか分からないものを探して回るのは、
同じクエストの繰り返しであっても意外に苦にならない気がします。
フィールドを目を皿にしながら動き回る事で細かいながらも色んな発見もあったりと、なかなか楽しいものです。

あのマンボウとの再会がいつになるのかは分かりませんが、これからも時間を見つけて探しに行ってみようと思います。
首尾よく会う事が出来たなら、今度は記念撮影といきたいです(笑)


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2010/06/04(金) 14:46:24|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<友、遠方より戻る | ホーム | エリア8崖下に海原を見た>>

コメント

こーゆーのも、狩りの醍醐味の一つですよね。
かつて、沼地かどこかに異様に大きいファンゴが出たことがあって、「え、これドスファンゴより大きくねぇ!?」と思わされた時代が懐かしかったりします。
ああいう「世界作り」こそがモンハンらしさの所以ですよね。
  1. 2010/06/04(金) 21:07:21 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お久しぶりです。

一つの仮説ですが、
(我々の世界の)マンボウは海水に棲息します。
そして調べてみたところ、水没林は「淡水に没している」」ようです。
ですので、マンボウは水没林には基本的に棲息しない・出来ないのではないでしょうか。

ですが、海水域と程近い場所ならば、あるいはおっちょこちょいなマンボウが遡上してくることがあったりして・・・?
  1. 2010/06/05(土) 12:32:51 |
  2. URL |
  3. hs #-
  4. [ 編集]

むかーしむかしの話ですが、MH2をまだ始めたばかりの時、
密林エリア8で、ドスでもなんでもないファンゴを、シビレ罠に嵌めて倒した記憶があります。
「え!? こいつドスじゃないの!?」とビックリしました。
その後初めてのドスファンゴ戦でボコボコにされました(笑)
しかしエリア8にファンゴっていましたっけ? あとシビレ罠効きましたっけ……?
本当に昔の話ですから、何か記憶がごっちゃになっているのかもしれません。
けど妙に鮮明な記憶として残ってるのが……。今度試してみよう! と毎回思うのですが、
WiiやPS2、PSPを起動するとその瞬間に忘れてしまうという。

なんだかんだで自分はそれなりの経験を積んだハンターだと思っていましたが、
この世界には謎がいっぱいですね。……と、この記事を読んで感じました。
  1. 2010/06/05(土) 17:48:04 |
  2. URL |
  3. Night #Ik3TjJOs
  4. [ 編集]

お返事>丼$魔さん、hsさん、Nightさん

お三方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>丼$魔さん

こうしたクエストクリアに必ずしも必須ではない要素に興味を抱き、
時間を使ってそれを追っていくというのは考え方の違う人からすれば「?」という感じなのでしょうけれども、
自分にとってはこのゲームと付き合っていく上で欠かせない歩き方でもあると感じています。

アイスクリームに添えられているウエハースのように、
ともすればモンスターを効率よく討ち倒す事だけに傾倒しがちな自分に、
自分が惹かれてやまない彼の世界の“味”を再び新鮮に感じさせてくれるもの。
それを改めて意識せずとも自然と感じさせてくれる様々な要素を持つモンスターハンターは、
やはり素敵なゲームだと思います。

今や押しも押されぬビッグネームとなったモンハンですが、今後もそういうところは大事にしていってほしいですね。

水没林のマンボウ、大岩の如きファンゴ、キャンプを見下ろしながら眠り続ける老山龍・・・。

思いがけない時に出会う、決して深刻ではないものの、感動と共に思わず笑いがこぼれてしまうような驚き。
P3でもぜひ探し出して、大いに呆気にとられたいものです(笑)

--------------------------------------------------

>hsさん

どうもお久しぶりです^^

そうそう、そうなんですよね。
マンボウという魚は我々の世界では海水魚なのでして、
明らかに淡水系の魚類が生息している水没林には生息できないのではないか・・・と自分も感じています。
もちろんあくまでマンボウ『型』なのであって、マンボウではないと言う事もできるのですが、
それだけではちょっと面白くありませんよね(笑)

ちなみに自分個人の考えとして水没林の水域には汽水域が含まれているのではと思っていますので、
ご意見は自分にとって大いに納得のいくところですね。
(汽水域:海水と淡水が混ざっている水域。河口などに見られる)
さらにいうならば、おっちょこちょいな・・・という部分が自分好みでもあります(笑)
まさに「迷いマンボウ」だったのでしょうね。

川にアザラシが現れるようなもので、簡単に再会とはいかなさそうですが・・・ま、気長に探してみようと思います。

--------------------------------------------------

>Nightさん

ほうほう、普通のファンゴをシビレ罠で?大変興味深いお話です。
エリア8といいますと、飛竜の卵が採取できる洞窟ですね。
うーむ・・・クエストによってはあのエリアでもファンゴの姿を見かけたような気がしますが、
ドスファンゴと見間違うほどのファンゴがいたか、と言われると覚えがありません。
(エリア2では見かけた事があるような・・・)
またシビレ罠も小型モンスターには効果を発揮しないですから、普通のファンゴがひっかかる事はないはずです。

ですが単に思い違いの一言で片付けてしまうには、なんとも興味をそそられる体験談ですね。
地面に潜るドスファンゴの話も最初は妙な与太話だと思っていましたが本当でしたし(笑)、
仮に細かい部分に思い違いがあったとしても、その『元』になる何がしかの体験があったのでは・・・とも考えられます。
さてはて、真実はいかに。自分もドスを起動させる事があれば、ちょっと探りを入れてみようと思います。

本当にモンスターハンターの“謎”は尽きませんね。
それは時に設定の形を取り、ゲームシステムの形を取り、我々を悩ませながらも楽しませてくれます。
これからもそういう“謎”と一つでも多く出会い、見聞を深めていきたいですね。

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/06/07(月) 14:38:50 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

はじめまして★

そうそう、水没林にマンボウ!居ますよ!
モガ森でも、水生獣が大発生!時にしか現れないマンボウ。
そのものが低確率ではありますが…(さらに、低確率でマンボウから命の粉末がはぎ取れるように。この魚自体ボーナスアイテム的な意味合いがあるようです。)

水没林では、稀にですが滝のあるポイントの見えない壁付近から出没します。
見つけたらモリでつきたいのですが、そんな時に限ってポーチにモリが入っていない!?

水没林にはラギアクルスが進入することもあるぐらいで、おそらく海とどこかで繋がっている汽水域があるはずです。
よくロアルドロスの巣穴にされている青い洞窟付近は、海水なのかもしれません。
それと、このゲーム…マンボウ、ナマズ、サメ
クラゲなどのわりと大きな魚類以外にも、背景の一部の様な小魚さえもモリで突くことができますw
孤島のカツオやイワシのような小魚。(なぜか狂走エキスが剥ぎ取れます。)
水没林のアロワナ……いや、よく見るとガノトトスの稚魚だと思われる顔つきの小魚なども。
…願くば、この小魚がガノトトスに成長しませんように。
あんなに水中で元気な魚竜と水没林の湖の底で決戦などということになれば、ラギアクルス以上に危険なことになってしまうので。
  1. 2010/06/10(木) 04:59:44 |
  2. URL |
  3. nido #SFo5/nok
  4. [ 編集]

漁獲生活>nidoさん

いらっしゃいませ、どうもはじめまして。
当ブログの管理人、ラームと申します(ぺこり)

コメントを拝見してさっそくモガの村に慌てて帰り確認してみましたが、
確かに水生獣の大発生時にマンボウの姿を確認する事が出来ました!
マンボウを探すにはこういう方法もあったのですね・・・情報、大変ありがたく頂きます。
水没林では滝のある・・・と言いますと、エリア6になるのでしょうか。
自身の経験からエリア5でのみ網を張っていたのですが、あちらにも現れるんですねー。
これもさっそく参考にさせて頂きます。
そうそう、マンボウって見かける時に限ってモリを持っていないんですよね。
分かります(と言うより、普段からモリを持って行ってないのですが・・・(笑)

汽水域についてのご意見ですが、なるほどと頷いているところです。
自分は“外”に繋がっているエリア5を中心としてそういう水域なのかなと思っているのですが、
考えてみればあの『青の洞窟』はほとんどの水中マップと水続き(一部モンスター専用の通路により)になっており、
水没林マップにおける水系の中心部と言って良い場所ですね。
そこが海と繋がっているエリアであり、周辺の水系を汽水域たらしめているというのも大いにありそうな線ですね。
うーむ、これは面白い。

そして実は自分、今回マンボウを探し始めるまでアロワナを獲った事がありませんでした(笑)
ちなみにカツオは発売前のPVで突いているのを見ておりましたので、そちらは抜かりなく。
(狂走エキスに関しては、回遊魚の数種が「止まると窒息するのでいかなる時も泳ぎ続ける」のを反映させたのかもです)
アロワナは実際にはモリでつけない小魚をずっとそれだと思っていたのですが、
マンボウを探して水没林を徘徊するうちにようやく本物のアロワナに出会いまして、無事漁獲の運びとなった次第です。
こちらも増強薬が取れたりして地味に美味しいので、もっと早くに知っていればなぁ・・・などと思っております。

ガノトトスと水中戦・・・自分も幾度と無く想像したのですが、怖いですね(滅)
ことスピードに関してはおそらく既出の海竜種を凌ぐ能力を持っているかと思われますし、
攻撃に関しても本来の活動場所ではないはずの陸上で“あれ”ですからね・・・いやはや。
水中では未だ戦う機会のないガノトトスですが、もし折があればぜひとも水の中でも一曲踊ってみたいものです。

今回は有益な情報を含むコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^
  1. 2010/06/10(木) 12:31:20 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/409-7ba9482b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。