老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誰そ狩れ時に蛇は這う

ラームです(ぺこり)

先日の記事『道を繋ぐは黒狼鳥』に頂いたりむさんのコメントへのお返事にありますように、
最近の自分はモンハンと並行してPSPのゲームソフト『メタルギアソリッド ピースウォーカー』を楽しんでおります。

メタルギアソリッド(以下MGS)シリーズは主人公を操作して、一つの話の筋を追っていくゲームです。
シナリオやそれを彩る演出が秀逸である一方、「ゲーム」である事に拘って(また遊び心を忘れずに)作りこまれており、
その相乗効果でプレイヤーは作品世界にぐいぐいと引き込まれていきます。
今作ピースウォーカー(以下PW)でも基本的にその流れは変わらないのですが、
今回はかなり「ゲーム」寄りに作られており、しかもその出来はかなり秀逸であると感じています。

従来作ではストーリーがオープニングからエンディングまで(ある程度の区切りはありますが)の繋がり方が強く、
道中に散りばめられた「遊び」は非常に豊富であるのに、それを少し楽しみにくい印象がありました。
(同じステージで様々な楽しみ方を試すには、区切りごとにセーブデータを取っておく必要があったりします)
然るにPWにおいてはストーリーはミッションという形で分割されており、クリアすればいつでもリトライする事が可能です。
またそのリトライの結果もプレイの成果としてデータに蓄積されてゆき、
人材の獲得や武器装備の開発・強化などプレイヤーはできる事を段階的に増やしてゆく事が可能となっています。
ストーリーに関わらない外伝的なミッションも多く(むしろこちらが「ゲーム」としては本番かもしれません)、
内容も激しい銃撃戦から心霊写真の撮影(笑)など多様性に富んでおり、実に遊び甲斐があります。

また携帯機ならではという事で気軽に複数人数でのミッションプレイも可能ですが、これもまた楽しいですね。
MGSシリーズの基本は「敵に見つからない事」ですので、
仲間と協力して上手く敵の裏をかきながら目的を達成しなければならない事も多いのですが、
直接声をかけられる事もあって連帯感が半端ありません(笑)
またたとえ失敗しても所要時間が短いミッション制ですので、
「今度はああしてみようか」「次はあれを持っていこう」というノリでどんどん楽しめますし、
作戦が上手くいった時の達成感や爽快感も大きいです。

しかし従来のMGS(あるいは元祖メタルギア)シリーズを愛好されてこられた方の中には、
あるいはこのゲームデザインには違和感を覚えられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですが自分の所感を言わせて頂くならばPWは「ゲーム」としての面白さを追求したシリーズタイトルであり、
そしてMGSシリーズが持つ可能性をさらに広げる一作に仕上がっていると思います。
「メタルギアを楽しんでもらう」。おそらくはそれがPWの最たるコンセプトではないでしょうか。
これからシリーズに入る人も、今までシリーズを愛してきた人も楽しめる一作。
どうか食わず嫌いをされずに、興味があるならばぜひ手に取ってみてくださいませ(笑)

しかしこの流れ、いつかモンハンも同じように様々な可能性への展開が現れる時が来るのかもしれませんね・・・。
“アイルー村”とかを見るにその日もそう遠くはないような気がしますが、さて。


と、このままではモンハンに全く関係なく記事が終わってしまいそうですので(爆)、一つ狩猟の記録を。
MGSPWがモンハンとコラボを展開したのは以前記した記事の通りですが、
自分の操るスネーク(MGSPWの主人公)もようやくその別世界のモンスターたちに挑めるようになりましたので、
続き以降ではその様子をお送りしようと思います。




<状況>

 作戦エリア:イスラ・デル・モンストルオ
 目標:リオレウス一頭の狩猟


 イスラ・デル・モンストルオ(怪獣島)は今作の舞台となる中南米・コスタリカの沖にあるという、
 ネコの肉球の形をした島です。
 時間は日中と夕暮れ時が選べるのですが、ここでは個人的により風情がある夕方を選択してみました。



<装備>

 服装:野戦服

 主武装1:PTRD1941(対戦車ライフル)
 主武装2:XFIM-92A(携行型地対空ミサイル)

 副武装1:C4(プラスチック爆弾)
 副武装2:スタングレネード
 副武装3:設置型補給支援要請用マーカー


 服装はオーソドックスな性能を持つ野戦服をチョイス。
 リオレウスは体力・攻撃力共に高いので本当は防御力が高く、
 武器の携行量も多いアーマースーツの方が有利なのですが、機動性の確保のためにこちらにしています。

 第一兵装は対戦車ライフルのPTRD1941(通称デグチャレフ)。
 装填数は一発のみで再装填には足を止めた上で長い時間がかかるという問題児ですが、
 銃器としての威力は文字通り抜群です。ヘビィボウガンにもこういうの出ないかなぁ・・・(待て)

 第二兵装は携行型の地対空ミサイルXFIM-92A(通称スティンガー)。
 誘導性能があるので、こちらはレウスの空中巡航に対して使用していきます。

 本当ですとこれらに加えてランポスに対処する小銃あたりが欲しいのですが、
 今回の野戦服装備では主兵装が持てるのは二種類まで。
 仕方がありませんのでランポスには設置爆弾のC4で対処を行ないます。



<アイテム>

 レーション(体力回復)×4
 ボンカレーネオ(体力回復)×4
 マテ茶(気力回復)×9
 ウォークマン



<狩猟記録>

 作戦を通じて知り合った喋る猫『トレニャー』の船に乗り、イスラ・デル・モンストルオに到着したスネーク。
 夕暮れの空に現れたのは、夕日を映したかのごとき赤い鱗を持つ火竜リオレウスです。
 こちらに吼えかかるレウスに対して、まずは先制射を加えておきます。
 頭へ慎重に狙いを定めて一発。レウスが大きく怯みました。空恐ろしい火力です。
 すかさずレウスが怒り状態に突入しますので、さらにもう一発。うむ、先制攻撃は成功しました。

 このあたりでランポスが接近してくるため落ち着いた狙撃は難しくなりますので、
 まずはランポスの排除を最優先に考えて行動を行います。
 自動照準をオンにして自動小銃あたりで蹴散らすのが一番有効なのですが、
 生憎と今回は持ってこれていませんので、設置爆弾のC4に誘導して吹き飛ばす戦術を用います。

 今回のレウスは割と頻繁に巡航飛行(いわゆるワールドツアー)を行ないます。
 ハンターですと巡航飛行に対する攻撃方法はないのですが、ここはすでに個人用の対空火器が存在している世界。
 対戦車ライフルでも射程内ではありますが(!)ここは誘導ミサイルで安定して打撃を与えていきましょう。

 やがてランポスの波状攻撃もしのぎきり、レウスとの一騎討ちに。
 少し余裕も出ましたので一気に勝負をつけるべくスタングレネードの投入を図ります。
 ・・・が、これがなかなか当たりません(滅)
 閃光玉に比べて効果範囲が狭いので上手い具合に鼻先に投げなければなりませんが、
 さらにそこから炸裂までにはタイムラグがあるため、狙ったとおりに決めるのはちょっと難しくなっています。
 しかも下手に自分のそばに投げてしまうと自分の目と耳を塞いでしまいますので、
 閃光玉に比べると使いでは悪いといわざるを得ませんね。
 いや、元が対人用ですから文句を言うほうが間違いなのですが(爆)

 ともあれ何度目かの投入でようやくレウスを拘束。
 一気に集中射撃を加えます。スコープを覗いてからの銃口移動が極めて遅くて重い対戦車ライフルですが、
 こういう状況であれば最大限にその火力を発揮する事ができます。
 スコープに頭を捉えて撃つ、撃つ、撃つ・・・!

 この大火力の集中にさしものリオレウスも力尽き、かくして蛇の竜狩猟は成功とあいなったのでした。

 所要時間は09:47でした。



<狩猟記憶>

 



<狩猟を終えて>

 とにかく良く飛ぶなぁ、という印象です。
 ホバリング時にはついクセで(笑)影に潜り込みたくなるのですが、
 風圧がこちらのメンタルゲージにダメージをビシバシと与えてくるので、やめておいた方が賢明なようです。
 一方で滞空からの強襲攻撃は狙いが非常に甘くなっているため、
 滞空時にもブレスに気をつけながら距離を空けて対空射撃で攻撃を加えていくのが良さそうですね。
 巡航飛行に対してはやはり地対空ミサイルが最も安定していますが、
 長射程のライフル系で狙いをつけるのも乙なものだと思います。

 スタングレネードの有用性は決まれば大きいものの、やはり今ひとつといった印象でしょうか。
 慣れてくればまた少し違うのかもしれませんが・・・。
 そういえばスモークグレネードはまだ試した事がありませんね。今度使ってみましょうか。
 レウス戦でまだ使っていない武器も多いですし、ランポスへの対処も含めてもっと色々なやりようがありそうです。

 少し違う世界でのモンスターハンター。
 本家をおろそかにするわけではありませんが、こちらももう少し色々と遊び方を探ってみたいですね。



今回はモンハンではないゲームの話題で記事をお送りしました。
浮気だと怒られても仕方がないような感じなのですが、
どうにかモンスターも出てきてはいますので、大目に見て頂けると幸いです(笑)

それでは今回は、この辺りで失礼を致します(ぺこり)
どうぞ、本日も良い狩りを!
  1. 2010/05/12(水) 20:43:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<終わりなき火線-無限供給を考える- | ホーム | 道を繋ぐは黒狼鳥>>

コメント

今まであまり深くはやらなかったMGSシリーズですが、今作はとても面白いですね。ACやMHのように、短い内容が複数あるスタイルと携帯機の手軽さがマッチした感じです。

一部から、あまり評判良くないMHFですが、こうした多様な「お遊び」は、ナンバリングタイトルやPシリーズよりも多々見受けられた気がします。ただ、参加する人の大半が「所詮は素材目当て」の感が強かったのは、残念な限りですが‥‥


こちらは、昼間ミッションのレウス討伐してみました。かなり悪戦苦闘しました。

野戦服にRPGと凸ライ。凸ライでランポポを蹴散らし、RPGでレウスの頭を狙い撃ち。ただ、ミサイルと違ってRPGでは旋回飛行中はまともに狙えない為、かなり時間がかかってしまい、約30分での討伐となりました。

ちなみに本編ミッションでは、「敵は全殺」をモットーに進んでおります。
砂ライで暗殺とか、増援湧きポイントの前で機関銃弾幕とか、凸ライとレーションでゴリ押しの白兵戦とか、とりあえずRPGで強襲とか‥‥。

手投げ系は弾道がアレなので、やや使いにくい感ありますが、今作は装備可能なメイン武装の数が少なく、装備重量も重要な要素なので、活用してみたいです。
  1. 2010/05/13(木) 00:27:18 |
  2. URL |
  3. りむ #-
  4. [ 編集]

サーチ・アンド・スナイプ>りむさん

りむさん、いらっしゃいませー。

うむ、PW良いですね。
MGSシリーズの一つをこのような形で展開させてくるとは予想外でありましたが、
スタイルを大きく変えてもしっかりとシリーズの雰囲気は出ておりますし、何より「面白い」のは流石の一言です。

フロンティアに対しては色んな意見があるのでしょうが、
自分はあの狩場の「遊び」を広げるための要素を意欲的に組み込んでいく姿勢には好感を持っております。
システム方面においても調整を細かくやっているようですし、未だ問題は色々と抱えているとは思いますが、
自分が以前一時期に感じていたような眉を顰めたくなるような空気は薄れて、基盤が固まってきた感がありますね。
X-BOX版の発売も間近ですし、プレイヤーの在り方等含めてこれからもより良い方向に進んでいってほしいものです。


お、レウスと戦われましたかー。
いやー、自分も最初は30分では済まない時間をかけておりましたよ。
最近は武器のパワーに助けられておりますが、やはりモンスターはこの世界でも強かった(笑)

突撃銃にRPG。戦況を安定させる確実な火力と好機における突破力というところでしょうか。良い組み合わせです。
周回飛行に手が届かないのは確かにネックかもしれませんが、
割り切って設置武器なんかを展開させておくのも手かもしれませんですね。

ミッションも楽しまれているようで何よりです。
見敵必殺ですかー。うむ、実にりむさんらしいアグレッシブなプレイスタイルですかと。
自分は場所にもよりますが、C4やグレネードで陽動をかけてからの狙撃がメインの制圧戦術ですね。
ポジショニングに気をつけないと応援にいきなり発見されたりして泡を食うわけですが(笑)

今作はミッション制故に何もかも持っていくというわけにはいきませんから、その辺りも少し考えどころになっていて良い感じですね。

ま・・・せっかく面白いゲームに出会ったのですし、お互いあまり急がずに好きなように遊んで参りましょうか^^b


今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それでは次のミッションでも、幸運を!
  1. 2010/05/14(金) 22:10:55 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/405-00fe77c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。