老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道を繋ぐは黒狼鳥

ラームです(ぺこり)

皆様は連休はいかがお過ごしだったでしょうか。
こちらは毎度の如くお仕事でございましたが(滅)、その合間にモンハンがらみでいくつか楽しい事をやっておりました。

その一つはリンクをさせて頂いている『女神の機械槍』様方管理人、丼$魔さんが考案されたクエストへの挑戦です。
「はじめてのともだち」と題されたこのクエストには様々な方が参加され、
各々の思考と技量を存分にふるってそれぞれの納得する結果を出すために狩りに挑まれました。

詳しい流れや結果は『女神の機械槍』様本家にお任せしまして(タイムアタックの結果はこちらから)、
ここではラームが「はじめてのともだち」にどうアプローチしたか、その足跡を記しておこうと思います。




<状況>

 クエスト名:「はじめてのともだち」

 目的:P2G村☆『孤高の黒狼鳥』に出現するイャンガルルガの討伐、もしくは捕獲

 条件:
  (1)武器はレア2まで使用許可。武器種は問わない(ボウガンは強化OK)
  (2)防具はマフモフのみ。ただし強化OK
  (3)物資、装飾品の制限なし
  (4)オトモアイルーの随伴、キッチンスキルの使用はNG



 ガルルガといえばモンスターハンターの世界でも屈指の俊敏さと攻撃力、そして硬い肉質を持つ手強いモンスター。
 それを村クエストとはいえレア2までの武器で下せとは・・・なかなかシビアな依頼です。
 おそらく正面から突破される猛者もいらっしゃるでしょうが、
 敢えて苦労を背負い込むのは自分の趣味ではありませんし、ここは何か“やりよう”を考えてみるとしましょう。



<装備>

 武器:ショットボウガン・蒼(強化レベル5・サイレンサー・爆師珠×2)

 防具:マフモフ一式(全て未強化・爆師珠×3)

 発動スキル:寒さ【大】無効/精霊の加護/ボマー/暑さ倍加【小】

 食事:なし



<アイテム>

 ハレツアロワナ(10)
 雷光虫(10)
 落とし穴
 爆雷針(10)
 ポリタン爆弾(10)
 LV2通常弾(99)
 LV1睡眠弾(12)
 LV1拡散弾(3)

 カラの実(10)
 ネムリ草(10)
 閃光玉(5)
 調合書1
 調合書2
 調合書3
 調合書4

 トラップツール(1)
 ネット(1)
 力の護符
 力の爪
 守りの護符
 守りの爪



 力押し以外でダメージを与えていく、となれば出てくるのはやはり爆弾系のアイテムです。
 今回目的地では雨が降っていますので爆弾は使えませんが、こういう時のための爆雷針。
 大タル爆弾系に比べるとややダメージが心許ないのですが、その分数を出す事ができるのが強みですね。
 そして地味に全天候対応の設置狩猟具、ポリタン爆弾。こちらも久しぶりの出番となりました。



<戦術>

 武器として持ち出したショットボウガン・蒼はLV1睡眠弾を撃てますので、
 睡眠雷撃でダメージ二倍・・・といきたいところですが、
 今回は大タル爆弾と比べて一撃のダメージが少なめであり、数で押していかなければならない状況です。
 よってその戦術はやや不向きであると判断をしました。

 そこで睡眠弾は未発覚での落とし穴拘束(発覚時に比べて拘束時間が長くなる)に用い、
 その間にポリタン爆弾を設置、爆雷針で起爆していくという戦術を採る事にします。



<狩猟の様子>

 狩猟開始。
 まずはキャンプから西側湖岸(エリア4)を通過して交戦ポイントに設定した北側湖岸(エリア3)に向かいます。

 エリア3に到着後、ガルルガに気付かれないうちにまずはコンガをLV2通常弾で討伐。
 装填弾をLV1睡眠弾に切り替え、ガルルガと交戦開始。
 LV1睡眠弾×6の命中でガルルガが眠り状態に。すぐに閃光玉を使い、ランゴスタの動きを拘束します。

 ガルルガの足元に落とし穴を展開し、次いでポリタン爆弾×2の設置→爆雷針による攻撃兼起爆を5セット。
 一連の攻撃終了と同時にガルルガの拘束が解除されます。 

 LV1睡眠弾を装填。直後にLV1睡眠弾、爆雷針、落とし穴を調合。
 LV1睡眠弾による攻撃を行ない、8発命中。ガルルガが再び動きを止めて居眠りを始めます。
 すぐに先程と同じように閃光玉を使用。ランゴスタの動きを拘束しました。

 その後はガルルガの足元に落とし穴を展開し、拘束開始と同時に爆雷針による攻撃を開始。
 爆雷針を10個全て設置した後は同アイテムを即座に5個調合。
 攻撃を再開してすぐ(爆雷針×1個分)に討伐完了。所要時間は03:12(残り時間46:48)でした。

 ・狩猟の様子
 



<狩猟後記>

 LV1睡眠弾と爆雷針、及びポリタン爆弾を用いる戦術は思いついたものの、
 とにかくランゴスタによる行動の阻害が多く、運頼みになってしまう場面が多く見られたのが不満でした。
 そこでランゴスタを可能な限り素早く排除する手段として閃光玉を用いる事に。
 P2Gのランゴスタは視界が非常に広いため、ある程度適当に投げても上手い具合に落ちてくれます。
 拘束時間そのものはさほど長くはありませんが、『ガルルガを眠らせる→落とし穴の展開完了』という、
 本クエストの成否において非常に重要かつデリケートな時間帯の状況をこれで安定させる事ができました。

 タイムは立ち回りや調合の手際によってもう少し縮められる(3分は切りそうな気がします)と思いますが、
 とにかくも自分の考える範囲内で納得できる結果が出ましたので、これを記録として丼$魔さんにお送りしました。

 実のところ捕獲でもOKという条件を見落としてしまっていたのですが(爆)、
 それはこちらの手落ちですし、今回途中から自分が思い描きはじめたのは「もう一度やれ」と言われても再現できる、
 安定した手順の狩りでありました。
 そして少なくとも自分にとってのそれは上手い具合に組み立てられたかなと思っておりますので、
 負け惜しみに聞こえてしまうでしょうけれど(笑)まずは満足です。



それにしても、本当に素敵な企画でした。

提案される一つの題。
その一つの題に全員が同じ解法を以て、その解く速さをのみ競って提案者に返すのではなく、
誰でもない自分を納得させられる、自分で考えた“最適”の答えを返す。
ここにまたモンスターハンターが持つ可能性を垣間見た、というのは決して大仰な表現ではないと思います。


もっと速く。心を削って一秒を縮める。

こんなやり方でもクリアできるんじゃないか。様々なアイデアを試す。

勝負とはこういうものじゃないかい?一回きりの挑戦。


今回のクエストはタイムアタックが最たる目的であり、ルールに則って順位が設定されました。
しかしそのいずれの答えも、誠に見事な自身を表す“道”であったと思います。
この企画に参加し、改めて様々な狩人の在りようをより強く感じられた事は自分にとって大きな収穫でした。

きっかけを与えてくださった丼$魔さん、そして参加者の皆様。
クエストは無事終了となりましたが、まずはお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
また折りあらばぜひ互いの“道”を見せびらかしあいましょう(笑)


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/05/06(木) 20:02:45|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<誰そ狩れ時に蛇は這う | ホーム | 闘角士、再び>>

コメント

どうもこんばんは、女神の機械槍の丼$魔です。先日は、拙ブログの企画にご参加頂き、ありがとうございました!!

あまり個人的な事を言ってはアレなのですが、ラームさんだったら確実にポリタン爆弾の存在に気づくだろうな、と思っておりました(笑)

そして、期待通りの理詰めかつ普遍的回答は、凄くラームさんらしくて良かったですw

惜しい事に、捕獲を試みられていれば、結果もかなり違ったと思いますが、人生は一発勝負ですから、これもまた「味」ではないかと思うのです。
もしかしたら凹んでたりして、とちょっと心配になっておりましたが、また記事が読めて安心しました!
お互いにまた良い狩りを!!
  1. 2010/05/06(木) 21:59:47 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

狩人の文化祭>丼$魔さん

丼$魔さん、いらっしゃいませー。
こちらこそ大変有意義な狩りを提供して頂きまして、ありがとうございました。

ポリタン爆弾に関しては、岩山龍戦でお世話になった時に何気なく目にした情報が役に立った感じです。
あの時は「ふーん、雨でも使えるんだ」くらいの感覚だったのですが・・・。
一つの狩りで刻んだ足跡が、遠く離れた別の一歩に不意に繋がる。これも狩りの妙味でありますね。

捕獲に関しては正直に言えば「あー、しまった;」と思いましたが、凹んではおりませんです(笑)
記事が遅くなった事でご心配をおかけしてしまったようで、申し訳ありません。
(閑忙の波が割と激しい仕事をしておりまして、最近は高波が来る事が多かったので、その状況によるものです)
理詰めかつ普遍的な回答。まさにそれが今回自分が出したかった答えなのかなと思います。
なので主催である丼$魔さんにその評を頂けた事で、自分の挑戦は十分以上に報われました。
そうでなくてもすでに大きな活力を企画そのものから頂いておりますのに、ありがたい事です。


それにしても、繰り返しになってしまいますが本当に得るものが多いイベントでした。
「参加する事に意義がある」というような殊勝な考えはネコの額程度しか持ち合わせていない自分ですが、
どこか一枚フィルターを通して見ていた感があった(直接狩場でお会いできない)他の方のハンターとしての歩みを、
こうまで身近に感じられたのは初めてのような気がします。
これを機に自分の在りようを見出されたり、または再確認された方も少なくないのではないでしょうか。

ちなみに自分が一際大きな感銘を受けたのは「最速報告」の記録でしたね。
ハンターが狩りのためにできる事は、ゲームの外側にだってある。これは本当に目から鱗が落ちました(笑)
その他の方の挑戦もいずれ劣らぬ個性的な取り組みばかりで、実に狩魂の保養になりましたです。
今回得た物は、これからの自分の歩みにしっかりと活かしていきたいと思います。

しばらくは今回の賞品を含めて創作に集中される事と思います(もちろんそれも大変楽しみです)が、
またいつかこのようにハンターが自らの道を持ち寄って大騒ぎするような機会がありましたら、
その時も喜んで参加をさせて頂きたいと思います。また何か思い付かれましたら、ぜひ形にされてみて下さいませ。
次こそトップを・・・!(笑)


今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/05/09(日) 19:25:28 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

轟と火とRPG

メタルギア買いました。今は轟竜に苦戦中です。

モンハン系の敵は、全体的にモーションが速くなった上に、攻撃と攻撃の合間がかなり短くなり、隙が減っています。かなり厄介です。

しかも、仕様上、メタルギアには自分が転倒時の無敵時間が短いです。起き攻めどころか、立ち上がるまでに追撃を加えてハメ攻撃してくる轟竜相手に苦戦しています。(基本的にガードもできません)
なにげに轟竜の肉質が結構違います。第一弱点は頭ですが、次点が後脚でなく前肢の翼膜。普通、翼膜なんか狙わないから、不意を突かれました。

あと火竜は、風圧に硬直だけでなく、気絶蓄積まであるのが厄介でした‥‥。足元に潜ると、呆気なく気絶します。


RPGの大火力や機関銃の弾幕は勿論、C4や対戦車地雷みたいな設置系、他にも狙撃銃やミサイルといったMHとは違う武器が多く、結構面白いです。

ただ、やっぱり黒滅や電銃槍の方が狩りやすいのは、仕方ないトコロです(笑)
  1. 2010/05/10(月) 00:33:14 |
  2. URL |
  3. りむ #-
  4. [ 編集]

復帰準備中

ども、お久しぶりです。
なんか楽しそうな事やっておられますね。こういう、オリジナルクエストみたいなのは見ててワクワクします。
普段から竜撃弾しばりみたいな事やってる私がいってもアレですが(苦笑

最近、ようやく仕事も落ち着いてきて、ゲームをする余裕も戻ってきたのでトライのオンに復帰する心づもりでいます。かつて銃を並べた方々は今でも元気でいらっしゃるのでしょうか?
………自然消滅するみたいな形で消えたこと、怒ってないかなぁ。

オンでまたお会いできたらよろしくおねがいします、。
  1. 2010/05/12(水) 01:09:58 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

お返事>りむさん、SISさん

お二方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>りむさん

うむ、これは実にタイムリーなコメントを頂きましたね。
自分もMGSPWを大変にハマってやっておりまして、次の記事の題にしようと思っていたところでした(笑)
携帯機版はやはり休憩中など少しの時間にも触れるのが良いところです。
レウスもティガも共に元シリーズの動きを基本にしながら結構パターンや間合が違っていたりして、
近代兵器との兼ね合いも含め、これはこれでなかなか楽しいかなと自分も思っているところです。

ティガ厳しいですよね・・・本当にガードが欲しいです。
技術研究班は大盾を開発してくれと・・・あ、レールガンとかも防げると嬉しいですな。うん(爆)
普段はバトルドレスで行かれているのでしょうか。
慣れてこられたら動きが少し軽くなる野戦服なんかだとローリングを使わずに回避できる機会も増え、
良い感じにアタックチャンスが増えるのではないかな、と思います。
(りむさんの事ですから、このお返事が届く頃にはもう自分なりの上手いやり方を見つけられているとは思いますが(笑)
あー・・・レウスのホバリングも最初はクセで足元に潜り込んで気絶しましたとも、ええ(滅)

すでにすっかり慣れた感のある二頭でしたが根本のシステムが異なる事と、
そしてPW開発陣が独自に加えた動きのアレンジが良い感じに新鮮味を与えてくれましたね。
色んな武器や戦術を試したりとPW本編共々、まだまだ遊び込んでいけそうです。

ちなみに最近の自分はレウスに対戦車ライフルのデグチャレフ(PTRD1941)&スティンガー、
ティガには同様にデグチャレフ&カンプピストルという組み合わせが多いですね。
野戦服がメインで対小型モンスター制圧用の小銃系が持てないため、ランポスは手榴弾やC4で対処しています。
やっていると確かにああー銃槍だったらこんな事には・・・とかも思うのですけれどね(笑)

それにしても楽しいゲームに仕上がってきましたね。
うーむ、りむさんやSasamingさんとCO-OPやれたら楽しそうだなぁ(笑)
発売前はあまり期待していなかったところもあったのですが、これは嬉しい誤算でした。
個人的には「ゲーム」としての面白さではシリーズでも随一のものを持った作品だと感じています。
こちらは相変わらず基本的にモンハンがメインではありますが、しばし同じ道も共に楽しんで参りましょう。

セイ・ピース!

--------------------------------------------------

>SISさん

どうもどうも、お久しぶりです(ぺこり)

用意された遊び方だけを楽しむのではなくて、プレイヤーがそこからさらに自ら遊び方を見出していくというのは、
モンハンに限らずゲームを楽しむにあたって非常に有効な手法ですよね。
今回丼$魔さんの企画もそういう流れから生まれたクエストだったわけですが、
しかし自分は“竜撃弾縛り”もそれと位置を同じくする「自ら見出した遊び方」ではないかなと思いますよ。
いわゆる“縛り”は決してゲームの遊び方を狭めるものではなく、
むしろそれを基点として道が広がり伸びてゆく「自分なりの遊び方」の礎であるように感じています。
決してアレではありませんとも、ええ(笑)

うむ、SISさんもお仕事が大変だったようですね。
正直村のメンツは概ね減気・・・もとい元気で狩りに励まれていますよ。
当方からリンクされている「正直村の広場」でおおよその現況が確認できるかと思います。
よろしければ覗かれてみてくださいませ。

正直村は基本的に去るもの追わず、来るもの拒まず。そして旧友を喜んで迎える場所であります。
誰も怒ってはおりませんよ(笑)復帰の際は、またぜひ脚をお運びくださいませ。

自分も最近は隠密を解除する事が増えました。見かけられた際はぜひ一声おかけになってくださいませ。
喜んでお供をさせて頂きたいと思いますb

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)

またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/05/12(水) 16:14:28 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/05/12(水) 20:09:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/404-2889500d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。