老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

境界なき世界

ラームです(ぺこり)

モンスターハンター3の姿は未だその全容が見えませんが、
あちこち見て回ると多くの方が期待される要素に「マップのシームレス化」があるようです。
いわゆるエリアチェンジが無くなった世界での狩猟を望まれているのですね。

確かにハンターならば一度は夢見る世界だろうと思います。
(3での実装は難しい、と考えられていますが)
そこで、今回はもしモンスターハンターがシームレスだったらどのような仕様になるのだろうか、
と自問自答形式で妄想してみました。
以下、多分に妄想成分が含まれた文章になりますので苦手な方はご注意ください><


・大型モンスターから延々と追いかけられるのでは……

 一定距離離れると足を止めて索敵(きょろきょろと辺りを見回す)状態になり、
 やがて未発覚状態に戻るというので問題なさそうです。
 しかしながらモンスターもこちらを追ってくるでしょうから、逃げるにもコツが必要に。

 視覚が優れたモンスターには閃光玉やけむり玉で視界を遮る。
 嗅覚が優れたモンスターにはこやし玉で嗅覚を封じる。
 聴覚に優れたモンスターには音爆弾や小タル爆弾で注意を逸らす。

 また、PT時は味方の一時離脱を援護したり、一斉に散開してモンスターを撒いたり……
 なんだか逃げたり逃がしたりするのがすごく楽しそうなんですが!(爆)
 何にせよ、モンスターが何に頼ってこちらの動きを察知するかの設定は必須ではないでしょうか。


・小型モンスターからはどう逃げる?

 倒してしまうのが一番早そうですが(笑)
 縄張りみたいなものを設定しておいて、そこから大きく離れると初期配置の場所に戻って行く……みたいな。
 もちろん大型モンスターにとった方法も使えるという事で。


・キャンプにも敵が入ってくるんじゃ……

 地形的にモンスターが進入しないと納得できる場所に作ってあれば、問題ないと思います。
 今までのキャンプはそういう場所に作ってありますよね?


うーむ、今のモンスターハンターをシームレスにした場合、気になりそうな箇所はこんなところでしょうか?
意外と少ない気がします。実際になってみるともっと気になる点が出てきそうですが……。

とりあえずラグによるエリアチェンジ時の不意打ちがなくなったり、
マップの全体像をより把握しやすくなるであろう点については単純にそうなって欲しいと思えます。
無論慣れ親しんだエリア制が採用されたとしても、「進歩が無くてダメだ、買わない」と言うつもりはありませんが。
(モンハンの根本的な魅力が損なわれない限りは)

マップで一番高い場所に登って双眼鏡で飛んでいる飛竜を発見し、それを仲間に教える……
とか、いつかやってみたいです(笑)


さて、本日は妄想にお付き合い頂きありがとうございました。

皆様もどうぞ良い妄想を(笑)
  1. 2007/12/11(火) 09:57:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<隣の晩御飯 | ホーム | 教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビソード編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/40-8a33745b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。