老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐暴の峠を越えろ

ラームです(ぺこり)

ようやく狩りの時間がゆっくり取れるようになりまして狩り気に満ちている今日この頃ですが、
いつまでもリハビリ状態ではちょっと情けないと思い、自分にとって少し厳しい相手に挑む事にしてみました。

その相手とはモンハン界の万人敵、恐暴竜イビルジョー。
今更?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、自分にとっては未だ動きに慣れない相手であります。
基本的に集団狩猟で挑んできたためソロの経験が圧倒的に少なく、
ソロでの経験もどうにか捕獲を一回成功させたくらいで、とても自信を持って相手ができるレベルではありません。
そこで今回は今後の地力とするためにソロでの立ち回りを実戦で修練しつつ、討伐を目指します。




まずは回避性能+2&装填数UPの装備に『火烏』を抱えて凍土での一戦。
LV1貫通弾と竜撃弾を調合運用して挑みますが、しかしこの回は思いきりやられました。

攻撃はある程度回避できるものの攻撃できるタイミングの見極めがつかず、
そうこうしているうちに被弾が重なって1アウト。
その後も同じような状況が続き、残り5分の時点で脚を引きずる様子すらありません。
絶対的に手数が足りていないと感じつつ残り2分程度のところでリタイアを選択する事になってしまいました。


それでも立ち回りなどは多少得るところがありましたので、そのまま第二戦に突入する事に。
今度は場所を環境がより緩やかな砂原に変更。
装備も防具はそのままですが銃を『火竜改/イビル/火刃』に持ち替え、攻撃力を底上げして臨みます。

第一戦では竜撃弾を調合込みで持ち込み適宜投入していましたが、今回は所持分のみ。
腹への貫通射撃を基本として押し込んでいきます。

昼の砂原という事で視界が良く、慣れも入ってきたため恐暴竜の攻撃を調子良く捌けます。
こちらからのアタックは頭から首筋に抜けている感じのヒットが多く、有効打になっているのか少々疑問が残るところ。
それでも凍土での戦いに比べると手数はちゃんと出ておりますし、怯みも多く確認できますので効いてはいるようです。

と、追い込んでいく途中で第一戦では持ってきていた調合書を忘れてきた事が発覚。
LV1貫通弾の調合成功率は90%で滅多に失敗はしないのですが、こういうミスは気分がへこたれますね;

25分針でジョーの脚引きずりを確認。攻撃力を上げてきた甲斐はあったようです。
これなら十分に討伐が狙えそうですが、すでに主力の貫通弾はLV2、3が枯渇。
LV1も調合素材の数がそろそろ心許ないという段階に入ってきています。
仕方がないので今までの狩猟で蓄積した経験をもとに竜撃弾を投入開始。
動きがやや鈍る疲労時を狙って腹下に潜り込み、接近爆撃を戦術に交えていきます。
この時もほど良く集中できていたようで、被弾もなく体力を削り取る事に成功しました。

追い込みの中でLV1貫通弾がついに弾切れ。
しかしLV2通常弾は健在、また竜撃弾数発と散弾も残っています。こうなれば後は焦らずに仕留めるのみです。

一歩前進

かくして無事イビルジョーの初ソロ討伐に成功。所要時間は39:02でした。


貫通弾の通し方など基本的な攻め手に課題が残っていますが、
立ち回りが概ね安定しておりましたし、また竜撃弾の投入も上手くいったのでまずは満足というところ。
今後は折を見てソロでも集中的に練習を積んで、苦手意識をより薄めていきたいですね。

今回の達成は小さな一歩かもしれませんが、確かな前進でもあります。
自分が求めるモンハンの楽しみ方の一つとして、この歩みも少しずつ進めていくとしましょう。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/04/12(月) 15:42:12|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名も無き盾、雷の峰 | ホーム | フォックスハウンドならぬモンスターハンター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/398-a1d0d4e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。