老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竜撃弾を撃つ(6)・パーツ考察(ストック編)

ラームです(ぺこり)

引き続き竜撃弾の装弾増加に対応しているボウガンパーツの性能に対する所感を記していきます。

今回はストックパーツについて。
他のパーツカテゴリに比べると竜撃弾の装弾増加性能を持つものは少ないですが、
運用性に優れるLV2竜撃弾はほとんどこのパーツに設定されており、決して軽視する事ができないパーツ群です。




【ストック】



トロペクルガン/竜撃弾装填数:LV1×1

 シリーズのバレルと同じく、最も初期に作成可能な竜撃弾対応パーツです。
 重量数値はストックパーツの中では高めになっていますが、
 反動抑制が優秀な上に竜撃弾以外の装弾増加もまずまず手広く、扱いやすい性能です。

 欠点らしい欠点のないストックでボウガンの攻撃力にも影響を与えないため、
 重量に折り合いをつけられる、あるいは気にしない方は最終盤まで使っていけるでしょう。



海造砲【火刃】/竜撃弾装填数:LV2×1

 LV2通常弾と爆装系の装弾増加数が優秀なストックです。
 LV2竜撃弾の装弾増加に関しては後述のポイズンギフト及びアグナブラスターと比べるとやや劣りますが、
 その分軽量になっているので重量の調整に使いやすくなっていますね。
 増弾のピアスが解禁されている現在では併用で連装式にする事も可能ですし、十分な使いでがあると感じています。



ポイズンギフト/竜撃弾装填数:LV2×2

 通常弾、散弾、爆装、竜撃弾、毒弾、減気弾と幅広い装弾増加が特徴のパーツです。
 特に毒弾に関してはこの1パーツだけで2レベル弾が実用域に達するという優れものです。
 基本的なストックの性能(装填速度アップ小&反動軽減小)を備えており使いでに隙がありませんし、
 特性である防御力+10やスロットの設置も地味ではありますが確実に役に立ってくれるでしょう。

 欠点は重量がある事で、装弾性能が満足行くものになっても機動性能が損なわれてしまう事が少なくありません。
 竜撃撃ちにとっては機動力の有無は基本戦術を変化させる重要事項ですので、
 本パーツを用いる際はその辺りも考慮に入れてアセンブリを行なう必要がありますね。

 重量がある事を除けばクセの無い、実に安定感のあるパーツです。
 作成難度も極端に高いという事は無く、ギギネブラを狩れる段階になったら抑えておいて損のない一品でしょう。



アグナブラスター/竜撃弾装填数:LV2×2

 フレームと同じく、こちらもやはり結構な問題児です。
 重量が全ストック中最重の上に通常攻撃弾の装弾増加性能は実質無いに等しく、
 おまけにストックが備えるべき基本的な反動抑制性能を持ち合わせていません。
 竜撃弾に関しても同様の装弾増加を有するポイズンギフトが安定した性能を伴って存在しており、
 本ストックは少なくとも竜撃弾を撃つ場合には非常に扱いづらいパーツであると言わざるを得ないでしょう。

 メリットとしては物量爆撃が可能なLV2拡散弾の装弾増加性能があり、
 また火炎弾に関してもこのパーツのみで実用域を上回る数値を得る事が可能となっています。
 とはいえLV2拡散弾を集中運用するような狩猟は限られておりますし、物資の損耗も馬鹿になりません。
 また火炎弾にしても有効な相手は限定されており、汎用的な性能とは言い難いところです。

 限定的な局面での限られた運用法によって無類の強さを発揮するものの、
 一般的な狩猟ではあまり頼りにならない、というのが本パーツへの率直な感想ですね。
 (それ故に可愛らしくもあるのですが・・・(笑)



ここまでパーツに対する所感を記してきましたが、いかがでしたでしょうか。
数として見ると少ないとも思えるボウガンパーツ群ですが、
こうして一つずつ見ていくとやはり奥が深いな・・・と改めて感じました。
ご覧になられた皆様にも改めて各パーツを見直し、手に取って頂くきっかけとなれば幸いです。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/03/17(水) 13:13:49|
  2. 竜撃弾を撃つ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<想いは紅葉の地へ | ホーム | 竜撃弾を撃つ(6)・パーツ考察(バレル編)>>

コメント

ご無沙汰してます

これ誰だっけ?と思っても飲み込んでやってくださいw
本当にご無沙汰していました…相変わらずの詳細な検証に驚愕している次第です。 何故今ごろ書き込んだのかといいますと、昨日モンハン部からのメールで、P3の情報が明記されていたもので…
ラームさんはご存知かと思ったのですが、余りの嬉しさもあったのですが、ラームさんはどうされるのだろう…という興味もありました。
こんな書き込みをしてしまい、申し訳ないです。
  1. 2010/03/17(水) 20:03:33 |
  2. URL |
  3. Gou #-
  4. [ 編集]

忘れちゃいけないサポート弾

ども、SISです。
ラーム三の考察はいっつも詳しいですねー。いつも関心しながら拝見おります。
さて、余計な話かもしれませんが、自分は竜撃ガンナーとして、ストックの中から、峯山大砲のものを推奨します。

なぜかって?
それは、麻痺弾レベル2が二発装填可能であること、10という極めて軽量な点からです。
アグナブラスターと同じくデメリットを抱えているタイプのストックであり、それが装填速度となっては一見竜撃ガンナーとしては致命的に思えるかもしれません。
ですが、考えてみてください。
逃げ回りながら間隙をぬって竜撃を打ち込む。麻痺らせて動けないとこに悠々とぶちこむ。
はたしてどっちが楽か、と。
総火力を重視するなら、ラームさんのあげたストックこそが大正解です。実際自分もジエンに挑む時はアグナブラスターですし。
しかし、動き回るモンスター相手には、数値上のパラメーター以上に、”プレイヤーの精神力”の消耗が大きく戦況を左右するものだと私は考えています。ゆえに、多少の火力低下には目をつむり、より戦いやすく、より扱いやすく、を求めた結果が、峯山大砲のストックであり、それを装備したマルヤキクン五号なのです。

って、気がつけば愛銃の自慢になってる(汗
ごめんなさい。
  1. 2010/03/19(金) 03:50:21 |
  2. URL |
  3. SIS #CofySn7Q
  4. [ 編集]

お返事>Gouさん、SISさん

お二方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>Gouさん

はい、どうもお久しぶりです。無論忘れてはおりませんよー^^

MHP3rd、いよいよ発表になりましたね。
もちろん自分もキタコレヒャッハー状態で舞い上がっておりますともええ(爆)

明らかになった情報に関してこの場をお借りして感想などしゃべくりたいのはやまやまなのですが、
間違いなく長ったらしくなりそうなので記事の方で改めて記させて頂こうと思います。

ともあれポータブルシリーズの続編を待ち望んでいらっしゃった方には大変な朗報ですよね。
月並みですが、年末が待ち遠しくてなりません(笑)

--------------------------------------------------

>SISさん

実は今回、竜撃弾非対応の中からもいくつか有用なパーツを選んで紹介しようかとも考えたのですが、
少々思うところがあってその辺りは割愛させて頂いております。
にしても峯山ストックは自分の運用思想には入っていませんでしたので、SISさんの運用法は大変興味深いですね。
もちろん興味深いだけでなく、仰られている事も理に適っていると感じております。
拘束してから撃ち込むという戦術は集団狩猟においても有効であると思いますし、大いに頷かされるところです。
自分の場合はやはり通常戦力として用いたいという事で総火力と汎用性能を求めておりますが、
SISさんの設計と運用思想もまた一つの正解であろうと思います。これは参考になりますねぇ・・・。

愛銃自慢、大いに結構なのですよ。自分が見たいのはまさに「それ」ですからね(笑)
弾丸一つの運用法を取ってみても違う撃ち方を模索する二人がいて、しかもそれぞれがおそらく間違いではない。
うむ・・・tri-ボウガンの妙味ここにあり、という感じです。

コメント、いつも参考になっています。またよろしければいつでも愛銃自慢をご披露くださいb

--------------------------------------------------

今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2010/03/20(土) 15:16:54 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/393-9431b24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。