老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビソード編)

ラームです(ぺこり)

まだ下位だというのに、ひいこら言いながらの教官チャレンジ。
今回からは昼の沼地でグラビモスを狩猟する事になります。



『湿地帯の激闘』

依頼主:沼地の街の代表者

依頼内容:
比較的平穏だった湿地帯にも、モンスターが増え始めている。
特に、硬い外殻をまとった竜は我々の手には負えない。
どうかあいつを狩ってもらいたい…。



Dosで上位沼地に一度でも足を踏み入れた事があれば、
湿地帯が比較的平穏だとはとても思えないのですが……(死)
それ故にハンターの出番となるのでしょうけれども。

それにしても沼地の街、いったいどんな場所なのでしょうか。
あまり住みたくはない気がしますが(笑)

さて、今回の得物は片手剣・クロオビソード。
しかし、自分が今までグラビモスに片手剣で挑んだ回数はそれこそ片手の指で数えられるほどしかありません。
村でも苦闘の末にようやく達成していた片手剣vs鎧竜。果たして今回は……。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・硬化薬グレート×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・爆雷針×5
・砥石×20

昼の沼地は雨が降っているので、爆弾は使えません。
よって爆雷針を持ち出しました。
ちなみに、この一つ前に採取クエストに行っていたので、こんがり肉を忘れています(死)



【基本戦術】

突進の前モーション(体勢を低くして唸る)、あるいは熱線放射に合わせて胸に斬り込み。
基本的に二撃目を入れたら回避に繋げ、その後のグラビモスのアクションに対応します。
この後のアクションがタックルであれば右方向に回避後、胸にもう一度斬り込みを。
その他の行動であれば一旦間合いを離して様子を見、再度斬り込みのチャンスをうかがいます。

尻尾も狙っていきますが、胸への攻撃を最優先で。



【狩猟記録】

まずはキャンプで支給品ボックスを漁り、応急薬・携帯食料・携帯砥石を取り出します。
それと爆雷針が4個入っていますが、今は5個持ち込んでいるので取れません。
沼地はキャンプまで戻るのはそう苦ではないので、手持ち分を使ったら補充する事にしてキャンプから出ました。

まずは地獄の一丁目(エリア4)にいるコンガと、茸ヶ原(エリア5)にいるファンゴをそれぞれ始末しておきます。
それぞれ一回ずつのエリアチェンジで掃討完了。

地獄の一丁目でのコンガ掃討完了と同時にエリアにグラビモスの咆哮が響き渡り、狩猟開始となりました。
ディアブロスのように動きを拘束する手段もないので、基本戦術通りにちくちくとダメージを与えていきます。
しかし全く効いているように思えません(泣)腹が壊れるまでの辛抱ですが。
斬り込みからの離脱際、尻尾振り回しやタックルを何度かもらいながら、移動したグラビモスを追って茸ヶ原(エリア5)へ。

と、ここで操作を誤り、回避で熱線放射に自ら飛び込んでしまいます。
グラビモスが怒り状態だったので大ダメージを受けて吹き飛ぶラーム。
起き上がりに合わせてグラビモスの突進。……ガードを一応しましたが削り倒され、力尽きてしまいました。

操作ミスに凹みながらも硬化薬グレートと携帯食料を飲み、再び戦線に。
しばらくすると、グラビモスは洞窟西側入口(エリア6)へ。すぐに追撃します。

と、ここでまたしても……(泣)
睡眠ガスからのタックルを浮け、吹き飛んだラームの起き上がりに突進してくるグラビモス。
体力は直撃ならば危ないですが、ガードすればしのげそうです。

が。

眠った後って武器しまってるんでした……orz
人為的ガード不能攻撃により(滅)、開始10分少々で二回目のネコタク体験。

よし、リタしようと言いたくなりますが、それも癪なので続行です。
洞窟西側入口に到着すると、グラビモスはちょうど霧の草原(エリア8)に移動したところでした。
追いかけて霧の草原に入ったならば、そこにはファンゴが3頭。

こちらに気付いた西側の1頭を始末してから、グラビモスと本格的に交戦します。
ここで爆雷針を熱線放射に合わせて続けざまに投入。胸の破壊に成功しました。

しかし爆雷針、上から降ってくるので当たり判定は背中になるかと思いましたが……
どうやら爆弾同様、地表付近に攻撃判定が発生するようですね。これならばグラビモスの腹破壊にも使えそうです。

ここからは先程来たルートを逆方向に周回しつつ転戦し、地獄の一丁目まで戻ってきたところでようやく尻尾切断に成功。
ここまで尻尾振り回しを何度もくらっていますので、少し気が楽に。もう少し早く切っておくべきでした(汗)

あと一回力尽きるとクエスト失敗です。
そのため立ち回りをさらに慎重にしたせいか、
支給品の爆雷針も全て投入して30分針を経過してもまだ腹は壊れず、足も引きずりません。
しかしダメージは十分与えていると信じて攻撃を続けます。

と、霧の草原での戦闘中についに腹の破壊を確認。ここからは効果的にダメージを与える事ができます。
俄然勢いづいたラーム、多少の被弾なにするものぞと勢い込んで攻め込みます。
腹が壊れるとよく怯んでくれるので、攻撃を中断させてさらにたたみかける事も可能です。
途中残り10分のアナウンスが流れましたが、ここまでくればこちらのもの。

数多くのハンターたちが小型モンスターにたかられて力尽きた地獄の一丁目で、今日はグラビモスが力尽きます。

剣は沼地に閃く

(↑もはや何が何だか……(爆)

かくして狩猟成功。
クリアタイムは44:23(残り時間05:37)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

対グラビモス戦の近接に慣れていないとはいえ、序盤の攻撃の見切りは甘すぎました。
尻尾やタックルを結構もらってしまっています。あまつさえ自ら熱線の中に飛び込むとか……><
尻尾は切った後の被弾率が格段に下がりましたので、やはり第一目標にするべきかもしれません。

なお、回復系アイテムの消費は

・応急薬×9
・回復薬×6
・回復薬グレート×2
・薬草×3

でした。

二回力尽きた上に残り5分少々と、なかなかの苦戦でした。
しかし苦戦した分接近時のグラビモスのアクションはある程度分かってきた……ように思います。
次こそは力尽きないように頑張りましょう。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/10(月) 06:35:36|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<境界なき世界 | ホーム | 教官への道・集会所☆5『黒き角竜の猛攻』(クロオビランス編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/39-14a78844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。