老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『黒き角竜の猛攻』(クロオビランス編)

ラームです(ぺこり)

生活がいつものサイクルに戻ったところで、教官チャレンジを継続していきましょう。
今回は下位ディアブロス亜種との最終戦、クロオビランス編を振り返ります。


【準備したアイテム】

・薬草×10
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・ホットドリンク×5
・千里眼の薬×3
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉×10
・小タル爆弾×10
・大タル爆弾×3
・大タル爆弾G×2
・ペイントボール×20
・閃光玉×5
・音爆弾×6
・砥石×20
・角笛



【基本戦術】

ガード性能が無くてもノックバックを受ける事があまりないので、ディアブロスの攻撃が当たる範囲で立ち回ります。
ただし、潜行したら間合いを外します。

タックル、咆哮をガードした後、潜行飛び出し後の尻尾振りの隙には脚へ攻撃。
ショートレンジ突進のガード時はそのまま振り向いて尻尾裏か腹に当たるように上段突きを突き込みます。
(ディアブロスのサイズによっては届かない場合がありますが、その場合は脚へ)
回転尻尾攻撃は立ち位置の状況に応じて行動(ガードのみ、ガード後に反撃、攻撃)を判断します。

以上、立ち回り変更の必要を特に認めませんでしたので原種編のままとなっています。



【狩猟記録】

キャンプに到着。

これでディアともしばらく教官装備で戦う事はないかと思うと、見上げる蒼い月も少し違って見えますが……
別段狩猟自体をこれで終えるわけではないので、無用な感傷はカットです。

支給品ボックスから応急薬・携帯食料・携帯砥石・音爆弾を手に入れて川辺(エリア7)に向かいます。

地底湖(エリア6)経由で川辺に到着。ゲネポスを一匹倒したところで角笛を吹いて黒ディアに戦闘の意思表示です。
しかし今回原種→亜種と戦って思ったのですが、亜種戦では原種戦に比べて角笛をよく吹いたように思います。
(一度は気付かれないまま移動されたりもしています)
亜種と原種で感知能力に差があったりするのでしょうか?まぁ、自分の動き次第かとは思うのですが。

ともかく狩猟を開始。まずは黒ディアをいなしつつゲネポスの掃討です。
ゲネポスの掃討が済んだら角刺し拘束から脚、腹、頭を適度に散らして狙います。

そういえば、今回改めてP2ndは『音』を効果的に使ってあると思いました。
ザザミ、ギザミの瀕死時の泡吹き音が大きくなっているのが最も大きな例でしょうが、
例えば今回黒ディアと戦っている時なども、
硬部位と弱点ではヒット時の効果音がはっきり耳で聞いて分かるほどの差があります。
これはP2ndでは表現できない『振動』という要素をカバーするためだろうなとは思いますが……。
できれば弾も着弾音に差をつけてくれないかな、と思う今日この頃です(笑)

と、話が逸れました。

5分経過し、黒ディアは高台広場(エリア3)へ。
ここでもまずゲネポスを片付けてから本格的に戦闘を行います。
角刺し拘束は高台の上に乗らないと使いにくいのですが、まだ角を折る予定もないのでここでは平地戦です。
しばらく戦闘していると、黒ディアは川辺に戻っていきます。

再度川辺での戦闘。ここで片角を折る事にしますが……潜行ばかりでちっとも拘束ができません。
角折りに拘って攻撃がおろそかになってはいけないので、
適度に音爆弾を炸裂させて地中から引きずり出し、ダメージを与えておきます。
と……どうにか角折りに成功。少しして黒ディアは南の砂漠(エリア5)へ移動。追走します。

南の砂漠にもゲネポスがいます。
広いエリアに散在しているので一気に仕留めてしまうわけにもいかず、放置気味に戦う事に。
ここでの戦闘中、ショートレンジ突進をガード後の尻尾への突きで尻尾が切れました。
これで尻尾振り時の接近がしやすくなりました。

次に黒ディアが移動したのはオアシス(エリア1)です。
夜のここにはガレオスが数匹たむろしています。はっきりいってまともな戦闘になりません(死)
広い砂漠だからこそあのルーチンでようやく大丈夫(それでも相当うざいですが(爆)なのに、
こんな狭いところにガレオスを詰め込んだらこうなるだろうと予測できなかったのかと小一時間(略)

……ゴホン(滅)

ほどなく黒ディアは南の砂漠に戻りました。
ここでの戦闘は、黒ディアから直撃を受ける事もなくおおむね順調に推移しています。
しかし、やはり痛いのは潜行時の攻撃判定です。二回もくらうと、もはや削りとはいえないダメージを受ける事に。
上位ではより警戒しなくてはならないでしょうが、しかしそれだと時間が……うーむ。

そんな事を考えているうちに、黒ディアはネコ村前広場(エリア8)へ。
ここに着くとしばらく前までティガに爆弾を仕掛けていた事を思い出しますが、
黒ディアが相手では呑気に回想している暇はありません。
ここでも高台は使わず、平地戦で基本戦術通りに戦います。
ショートレンジ突進や咆哮が多めでしたので、割とまとまったダメージを与える事ができたかと思います。

南の砂漠に戻った黒ディアを追撃。
ここでしばらく戦い、川辺に黒ディアを追いやります。

川辺で角刺し拘束を使いつつ攻撃していたところ常時怒りを確認。角折りと爆弾での追い込みを決定しました。
まず角を大タル爆弾Gで破壊。次いで音爆弾→閃光玉から残りの爆弾を足元に仕掛けます。

と、脚に仕掛けた大タル爆弾で黒ディアが転びました。
これ幸いともう一つ足元に……しかし爆発する前に黒ディアが立ち上がり、爆弾の位置がずれてしまいます。
結果、爆弾を無駄にしてしまいました(泣)
この辺りは大きなダメージソースなのですから、もう少し見極めをしっかりしたいところです。

この後は基本戦術を展開しつつ、隙を見て音爆弾や閃光玉を投入しながら戦っていると……

明日に向かって突く

思ったよりは早く、黒ディアの巨体が崩れ落ちました。

かくして狩猟成功。
クリアタイムは37:15(残り時間12:45)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

回復薬は応急薬と薬草だけで事足りており、危なげはなかったわけですが……どうも時間がかかりすぎています。

まだ上位の黒ディアや4本角も待ちうけているわけで、武器がアップグレードする予定とはいえ少し不安です。
もう少し立ち回りやアイテム投入のタイミングを練磨して、時間の短縮を図りたいところですね。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2007/12/08(土) 11:19:45|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『湿地帯の激闘』(クロオビソード編) | ホーム | 故郷にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/38-240cc690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。