老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンラック・ツリー

ラームです(ぺこり)

さふぃさんやシュガシュガさんに影響を受けて作成中であった、
ヴォローナのボウガン設計系譜図がなんとか仕上がりました。今回はそのお披露目と解説をしてみようと思います。
前回のメモからまた少し整理したりもしておりますが、興味がおありの方はしばしお付き合いくださいませ。

(今回の記事は画像が多くなっておりますので、そこだけご留意くださいませ)




猟弩の系譜・黒き鳥編
※パーツの並びは全て『フレーム/バレル/ストック』



<量産型>

 ・ライト/ミドル/ミドル

  ライト/ミドル/ミドル
  ボウガンを用いた狩猟に慣れるため、量産パーツで組み上げられた猟弩。
  量産パーツ唯一のストレートフレームを使い、機動力の確保と取り回しの良さを重視した設計である。
  ドスジャギィ、クルペッコ、ロアルドロスなど序盤の狩猟を大いに助け、後のボウガン設計・運用の土台を築いた。
  現在はその役割を終えて退役している。



<接近爆撃型>

 ・『ミミックリィ』:トロペクルガン/トロペクルガン/ミドルボウガン

  竜撃弾運用試行型【ミミックリィ】
  竜撃弾の性質・運用研究用に設計された試作機。LV1竜撃弾の二連装が特徴。
  研究用の試作機とは言うものの性能が安定しており、
  モガの村における狩猟では中盤の飛竜種戦などに広く用いられた。
  始めてコードネームが与えられた機体でもある。現在は退役。


 ・『トート・ギフト』:ポイズンギフト/海造砲【火刃】/ポイズンギフト

  トート・ギフト
  ミミックリィの運用で得られたデータを元に、竜撃弾の本格的な運用を行なうべく設計された。
  LV1竜撃弾に加えてLV2竜撃弾の二連装を採用し、竜撃弾を通常戦力として用いる事が可能になっている。
  当初は周囲に毒撃をメインとした猟弩であると思われていたが、
  後に竜撃弾の存在が広まるにつれ、これを主攻手段とする“竜撃銃”を称す。
  長く“黒き鳥”の愛銃となり、場所と相手を問わず様々な狩猟において活躍した。
  汎用性では後発に譲るものの、毒撃を併用した接近爆撃戦術に関しては今なお竜撃銃随一の安定性を有する。
  現在も“黒き鳥”の愛銃の一つとして稼動中。


 ・『トート・フランム』:ポイズンギフト/火竜砲/ポイズンギフト

  『トート・フランム』
  トート・ギフトをベースに改修を加えた、重爆撃用のバリエーション機。
  出力や基本的な戦術はベース機となったトート・ギフトと大差無いが、
  LV1竜撃弾に代えてLV3竜撃弾の運用が可能となっている。
  改修によって重量が大幅に増加しており、汎用性や展開時の機動力に難を抱える。
  このため通常の狩猟で用いられる事は少ないが、
  フレームシールドを備える事から身動きが取りにくい水中戦においてはベース機よりも安定した性能を発揮する。
  モガの村を脅かした大海龍を撃退せしめたのはこの銃が放ったLV3竜撃弾であったと伝わるが、真相は不明。
  現在も水中戦の安定性を評価され、時折持ち出されている模様。


 ・『火烏』:火竜砲改/海造砲【火刃】/ポイズンギフト

  『火烏』
  ミミックリィとトート・シリーズの運用によって蓄積された情報と経験を元に、
  より汎用的な性能を求めて設計された竜撃銃。
  接近爆撃を主攻手段とする一方、通常攻撃弾を用いた射撃戦を状況に応じて展開できるようになっている。
  軽重量と毒撃性能にも優れ、トート・ギフトの発展機と呼ぶに遜色無い。
  “黒き鳥”が現在最も信を置く愛銃となっている。


 ・『ブリザードギア』:ブリザードカノン/海造砲【火刃】/海造砲【火刃】

  ブリザードギア
  個人的な嗜好によって組み上げられた試作竜撃銃。
  同時期に設計された火烏と比較すると攻撃力・汎用性で劣り、未だ本格的な運用がなされていない。
  しかし睡眠弾の運用に優れた性能を示しており、またその他の性能も決して非実用的と言うほどではない。
  決して大仰なものではないにしろ、可能性を感じさせる機体である。
  現在も試験的運用が継続されている。


 ・雷迅砲サンダークルス/イビルマシーン/ポイズンギフト

  雷迅砲/イビル/ギフト
  火烏のコンセプトを引き継ぐ中量竜撃銃として運用研究が進められている機体。
  機動力を確保しつつ攻撃出力と汎用性をさらに高める一方で、
  フレームシールドを採用して防御面の補強も考えられている。
  さらには新機構としてLV1竜撃弾の三連射が可能となっており、
  実用化されれば中量竜撃銃の一つの理想形が誕生するはずである。
  しかし作成・強化素材の入手難度は従来機と比べて著しく増大しており、
  それを懸念する“黒き鳥”によって本機の本採用には未だ認可が与えられていない。
  目下運用試験中。


 ・イビルマシーン/イビルマシーン/ポイズンギフト

  イビル/イビル/ギフト
  全LV竜撃弾の使用を可能とした、トート・フランムの運用思想を受け継ぐ重爆撃型竜撃銃。
  重量があるため武器展開時の機動力は劣悪なものにならざるを得ないが、
  攻撃出力及び竜撃弾の運用性能は今までに登場した竜撃銃の中でも随一である。
  しかし本機も素材の調達難度に加えて運用性の低さが問題視されており、
  運用試験が続けられているものの本格採用には至っていない。
  現在は主に破壊力が最大に活かせる峯山龍狩猟において試験運用されているようである。



<試作銃槍>

 ・『リコリス』:アグナブラスター/ヘビィボウガン/火竜砲

  GLex-01『リコリス』
  謎に包まれた武器“ガンランス”を遠方から伝わってきた情報を元に再現した機体。
  見た目はボウガンパーツを組み合わせたものであるが内部構造には大きな改修が加えられており、
  (射出型)撃針、砲撃、竜撃弾など“ガンランス”に備わると言われる要素をほぼ全て取り入れてある。
  しかしながら運用性は本体を構成するパーツがパーツだけに通常のボウガンと変わらなくなっており、
  そこで“ボウガン”として本機を見た場合には実用性を疑わざるを得ないような総合性能である。
  後に特捜隊専用槍【百狐】が実は“ガンランス”なのではないかという話が広まるに至り、
  本系統の設計はその根本が疑問視されるようになってしまった。
  現在は運用を停止されており、後継機の立案も考えられていない。



<多連装射撃型>

 ・ロアルスリング/バズルボローカ/火竜砲
 ・ジャギットファイア/バズルボローカ/火竜砲
 ・火竜砲改/バズディアーカ/火竜砲
 ・火竜砲改/バズディアーカ/ブリザードカノン

  火竜改/ディア/ブリザ
  いずれも通常弾と貫通弾の高連装、短距離射撃型の猟弩。
  物資の消耗が激しく、その調達にも手間や資金が多くかかる竜撃銃の運用のみでは生活が成り立たないため、
  より安価な通常系攻撃弾のみで狩猟を達成するために設計された。
  設計動機は少々間に合わせ的なものではあるがいずれも攻撃性能は確かであり、
  通常弾・貫通弾の弾幕でモンスターを素早く安全、そして安価に制し竜撃銃の運用研究を陰で支えている。
  しかし一方では攻撃出力と装填数のみを追い求めた結果、弾道の安定性が極めて悪くなってしまっているので、
  本系統機の運用には弾道予測の感覚を鋭敏にする“力”のある防具の装備が必須である。
  より強力な素材の登場に併せて順次新型機が登場し、様々な狩猟で運用されている。



<汎用型>

 ・『大峯』:ヘビィボウガン/峯山大砲/ポイズンギフト

  『大峯』
  いかなる状況にも対応する高汎用性能を持つ“ヘビィボウガン”を求めて設計された。
  主攻手段はLV2通常弾(10連装)だが異常属性弾の運用性能にも優れ、
  また減気弾やLV3貫通弾、LV2竜撃弾などを携行・運用する事も可能である。
  攻撃出力・射程・装填可能弾種のいずれも基本的に尖ったところがない機体で、
  重弩の扱いに慣れない者にも扱いやすい。
  一方でその高汎用性から熟練者の判断行動次第では、数値性能以上の働きを見せるであろうとも期待される。
  中折れ式重弩に分類される中では唯一の“黒き鳥”の愛銃として運用されている。



あー・・・書いた書いた。うむ、こういうのは楽しいですv

ヴォローナが組み上げてきたボウガンの系統と傾向、記しながら自分でもなかなか楽しむ事ができたように思います。
こうして思い出してみる事によってまた改めて使いたくなったり、
系統の続きをどうにかして考えてあげたいな・・・と思えるものも出てきましたり。
いざ図にして文を添えるのは意外に大変でもあったのですが(笑)
その分またtri-でボウガンを使う楽しみが大きく増したような気がしています。

忙しさ極まる年の暮れも、もう少しすればひとまずの落ち着きを見せるという方も多いでしょう。
ここをご覧になられているtri-ガンナーの皆様も、ひとつ自らのボウガン開発系譜をまとめてみてはいかがでしょうか。
歩みを振り返る事は今までの楽しみのみならず、これからの楽しみもきっと見出させてくれると思います。

と・・・最後になってしまいましたが、今回素敵なバトンを考案されたさふぃさんにもお礼を申し上げます。
本当に有難うございました^^


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2009/12/23(水) 13:36:33|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<狩人(おとこ)の去り際 | ホーム | ガンラック・ツリー(メモ)>>

コメント

狩人達の道程

どーも
クリスマスも関係無し!
狩りをしてます(笑)

自分が今エースで使っているアセンが2つ程あり
ニヤリしました。

今相方の天つらツアー開催中でして… 
六本足用のブリザードカノンを担いで行ってますが
弾の素材の減りが激しくてガンナー稼業が破綻します 師走の雰囲気に踊らされがちですが(笑) ご自愛下さいませ^^

今年も僅か!頑張りますしょ~

ではでは街の片隅より







  1. 2009/12/26(土) 00:31:17 |
  2. URL |
  3. KIYO #-
  4. [ 編集]

系が繋がり、道を成す>KIYOさん

いらっしゃいませー(ぺこり)
どうやら街への航路も無事復旧された様子ですね^^
当方も師走正月関係無しで狩りにまい進・・・といきたいところなのですが、
現在のところは仕事の方により多くの時間を取られてしまっております;

お、KIYOさんも当方と同アセンのガンをいくつか使われていらっしゃるんですね。
さてさて、どれでしょうかねー・・・扱いやすさから探ってみますと雷迅砲/イビル/ギフトあたりでしょうか。
他の方も「これだ!」と思われるようなものを系譜に組み込めていたというのは、ちょっと嬉しい事ですね。
常々他の方とは感性が大きくズレてしまっているのではないかと危惧しておりますので・・・(爆)
もちろん個性は各々であって然るべきものですが、
だからといってスタンダードをおろそかにしたくはないという・・・欲張りなのでしょうね、これは(笑)

“六本足”と連戦中でございますか。
うむ・・・寒いこの時期、色々な意味でホットになれそうで良いですね。
しかし天つら、という略称はなんだか美味しそうじゃありませんか。こう、温かいうどんに乗せると良さそうな・・・。
おっと、話がずれましたw;
ブリザードベースと言う事は、睡眠などの異常弾を駆使しておられるのですね。あれは物資を食いますでしょう(笑)
自分はまだ彼のモンスターと本格的な連戦をした事はありませんが、それでも一戦ごとの消費量が半端ありませんで、
いつも閉口しておりますね。
それに加えてマイセット調合やアイテムの整理も大変で、もうー!という感じです(笑)
ともあれ相方さんにできるだけ早く角の数が揃いますように、お祈りをしております。

師走は確かに忙しいもの。
でも雰囲気に踊らされ慌ててせかせか動くのではなく、
忙しいからこそ一つ一つの仕事を丁寧に片付けて、新たな気持ちで新しい年を迎えたいものですね^^
KIYOさんと相方さんもお体に気をつけられつつ、年の暮れを良い狩りと共にお過ごしくださいませ。

今回はお返事が少し遅れて申し訳ありませんでしたが、温かいコメントをありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/12/28(月) 15:08:09 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/378-30a7eb77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。