老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上上下下左右左右回転斬り

ラームです(ぺこり)

当方は師走らしく公私共にせわしない日々を送っておりますが、皆様はどのような感じでありましょうか。
慌しい雰囲気に付き合って焦って動いてしまうと思わぬ事故の元になりますので、
こういう時期は特に時間や行動に意識して余裕を持つと良いようです。
どうか必要以上に慌てず騒がず、良い年の暮れを過ごされてくださいませ。


最近は竜撃弾をぶっ放す合間を縫いつつ、村で片手剣に慣れようと色々やっております。
一瞬の隙を突いて斬り込み、連撃のルート・続行の是非を瞬間ごとに判断しながら手数で攻め、
またその一方で狩り全体の流れを考え、必要に応じてアイテムを駆使しつつモンスターを追い詰めていく片手剣。
今作の片手剣は過度に衆目を集めるような性能ではないようですが、実に面白い武器であると改めて感じます。

攻め手の連撃はシールド打撃のモーションが増えた事により攻め手の分岐が増え、
右と左を局面に応じて使い分けている感覚が好きですね。
双剣がこんな感じだったら良いのになあ・・・と思っていたのがちょっと実現したように感じています。
モーションも相変わらず細かく分かれているため、瞬間ごとの判断に対するレスポンスが鋭いのも楽しいです。

もっとも気になるところもあり、多くの方が言われるように水中ではやはり使いにくさを感じています。
水中で使っても一番違和感が無さそうな片手剣が水中で使いにくいって、どういう事なの・・・(滅)
個人的にやはり地上・水中を問わず軽快に立ち回れるように設定して欲しかったな、と思っています。


お気に入りはデッドリーナイフ・レムオルニスナイフ・ナールドボッシェ・トキシックファングというところですが、
片手剣に関しては今まであまり使う事がなかったため、武器に拘る事無く色々と使ってみようと思っています。
スキルに関して今ひとつピンと来るものがないので他の剣士用装備を流用してやっておりますが、
いずれはちゃんとした装備も組んでみたいところですね。

必然超接近戦になる片手剣の運用経験は、竜撃弾を用いた立ち回りにも益になりそうな気がしております。
ここはひとつ色々な片手剣を手にとり、楽しみながら経験を重ねてみる事にしましょうか。

さてさて、俄か片手剣士の行く末やいかに(笑)


と・・・今回は短い記事になってしまいますが、この辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2009/12/15(火) 16:28:02|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ガンラック・ツリー(メモ) | ホーム | 竜撃弾を撃つ(5)・反動のリスク軽減>>

コメント

開始時に入力するとなんかスキル付きそうですねw

お久しぶりです、auriです
アサルトアックスかついで村レウスに行ったら3乙しました

ガンナーやってて、たまに近接武器使うとホント楽しいですよねw
近頃は私も仕事が忙しく、空いた時間はコイン集め・・・
まともにガン担いでおりませんが、
年末年始はゆっくり楽しめる時間が取れそうかなと、
今からやりたいことリストでも作っておきますw

特にネタも無いですスイマセン
お身体ご自愛下さいますよう・・・

それでは
  1. 2009/12/15(火) 18:12:51 |
  2. URL |
  3. auri #gJPpiQho
  4. [ 編集]

コマンド573>auriさん

いらっしゃいませー。お久しぶりです(ぺこり)
うむ、きっとオトモアイルー×3匹&精霊の加護&貫通弾強化の効果が発動するのですよ(笑)

ありゃ・・・剣斧は風圧の影響を受けにくいのでレウスとの相性はよさげなのですが、
ホバリング中に足元に陣取りやすくなってしまうので、
離脱の機会を見誤ってブレスの直撃をくらってしまう事が自分もありますね。
そうなると元々攻撃力は高いモンスターなので、普通に力尽きてしまうという・・・。
風圧を無効化できる武器でレウスといえば以前は結構楽だったのですが、今回はなかなかそうもいかないようです;

うむ、近接武器もやはり面白いですねー。
片手剣なんかは使いでに若干かつての双剣が入ってきているような感じもあり、楽しいです。
ハンマーや大剣も使ってみたい武器がありますし、下手をするとガンナーの操作を忘れてしまうかもしれませんな(笑)

おお、やりたい事リストですか。それはちょっと良さそうな。
リストに記しておく事で時間が少し空きそうな時に「あ、あれをやるかな」という感じに思い出せそうですし、
日頃から思いついた事はちょくちょくリスト化しておくといいかもしれませんね。
自分もやりたい事、やるべき事はメモしておきますか・・・。

慌しい年末、お互い体に気をつけつつ乗り切って、また狩りを楽しんで参りましょう^^

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/12/18(金) 17:38:20 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

どうもお久しぶりです、丼$魔です、こんばんは~。
相変わらずのKYぶりですが、ラームさんにいくつかお伺いしたい事がございまして、やってまいりました。
(1)火事場ガンスの事なのですが、ラームさんの所感では、ネコ火事場ガンスはリアルな戦法としてアリでしょうか?

(2)今週のファミ通で「ぽかぽかアイルー村」の画面写真が出ましたが、購入意欲はどれほど沸きましたでしょうか?

(3)新人ハンターさんがラームさんに教えを頂きたいという機会に直面しました。
狩人として、一番最初に何をお伝えしますか?

お時間ある時にお答え頂けたら幸いです♪
  1. 2009/12/18(金) 23:36:37 |
  2. URL |
  3. 丼$魔 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

徒然回答>丼$魔さん

こんばんはー。お久しぶりです^^
おお、今日はご質問ですか。それではさっそく回答して参りましょう。


>(1)火事場ガンスの事なのですが、ラームさんの所感では、ネコ火事場ガンスはリアルな戦法としてアリでしょうか?

 あくまで自分の技量と常の戦術を鑑みて・・・という前置きをした上で回答させて頂きたいと思いますが、
 ネコ火事場発動を伴う銃槍の運用は、非常に難しいと言わざるを得ないと思っております。
 まず発動までの準備に手間と、より確実性を求めるならばスキル枠と爆弾など物資の消費が必要ですし、
 一撃で力尽きるため立ち回りが萎縮して手数が過度に減少してしまうおそれがあり、ストレスも蓄積しやすいです。
 それら問題点はもちろん慣れや技量の向上で安定性がある程度向上するのではありましょうが、
 やはり近接武器、しかもガンランスのように至近距離を維持しつつ狩猟戦闘を行う武器の場合、
 直撃とは言わずとも削りをも一回ももらわずに狩猟を完遂するのは難しい事だと思います。
 (火事場+2スキルの場合は防御力が向上する事もあり、直撃を受けても生き残る事があります)

 そしてそこまでしないと目的が達成できないのだろうかと考えた時、
 少なくとも自分の常の狩猟ではそういう状況はないのですね。
 何かのミスで一撃もらえば即キャンプ送りという状況でストレスを溜めながら立ち回らずとも、
 武器を思うままに振り回して、楽しみながら目的を達成する方法が普通にあるわけです。
 クエストのクリアタイムアタックなどにおいてあるいは必須となる可能性もあるのでしょうけれど、
 自分はその辺りにあまり強い執着がありませんので、
 そうなるとやはり近接武器でのネコ火事場スキル運用という選択肢は出てこなくなってしまいますね。
 (自分の狩りの在りようは基本的に「最終的に勝てばよかろう」です(笑)

 そういうわけで自分の意見、そしてやり方としてはネコ火事場ガンスは基本的に「ナシ」でございます。
 ちなみにもちろん、それを「アリ」と定めて励んでおられる方の歩みを否定するつもりは全くありません。


>(2)今週のファミ通で「ぽかぽかアイルー村」の画面写真が出ましたが、購入意欲はどれほど沸きましたでしょうか?

 あれも思ったよりずいぶん可愛らしい作風になりましたですねー(笑)
 個人的にはデフォルメよりはリアルタイプのアイルーたちの方が好きなので、そこは少々残念なところかもしれません。

 アイルーを集めて村を発展させていく、というゲームのコンセプトには惹かれるものがありますが、
 それがどの程度まで突き詰められているのかが自分にとっては関心事でしょうか。
 例えば誰がやっても同じような最終形態の村になるのであれば、自分にとっては大きなマイナスポイントです。
 逆に例えばAさんの村は農場に力を入れているため作物の収穫が豊富、
 一方のBさんの村は狩猟特化でモンスターの素材確保に適している、
 というようなプレイヤーによって村の在り方が大きく変わるようなシステムであれば、
 ゲームそのものにも大いに惹かれると思います。
 その場合は通信で他プレイヤーの村と収穫物を取引できたりするようなシステムがあれば、一層面白いですね。

 まあ・・・その辺りは抜きにしましても開発にはその筋の方たち(笑)がしっかりと携わっているようですので、
 あの世界を構成するピースがまた一つ明らかに示されるようなゲームであってくれればそれでいいかな、とも思います。

 とと、これではまだ回答になっておりませんね;
 正直なところ、今回の画面写真と記事ではまだ判断がつきかねませんです。
 このゲームに関しては購入前提ではなく、非購入前提の様子見をしておりますが、そのまま現状維持というところです。


>(3)新人ハンターさんがラームさんに教えを頂きたいという機会に直面しました。
>狩人として、一番最初に何をお伝えしますか?

 うーむ、難しいですね。
 その方がモンハンをどう楽しみたいのか、それが分かればアドバイスのしようもあるのですが。
 でも新人さんだと、ご自分でもその辺りは分からないでしょうね。自分自身がそうでした(笑)

 モンハンというゲームは割合厳しいゲームで、最初の頃はとにかくすぐ壁にぶち当たります。
 でもその壁の乗り越え方を見出していく事にまず大きな楽しみがあり、
 そしてその楽しみを続けていくうちにやがて自分だけの楽しみを見出していく、という流れが一つあるように思います。

 ですから自分がもし新人さんに何かを伝えならば、
 まずこのゲームにはこんなの無理だと思っても絶対にクリアする、先に進む方法があるのだという事を伝えたいです。

 実家の甥っ子と一緒に狩りに出かける前、
 イャンクックとの対決に怯む彼に、自分は初めてクックを倒すまでの道程と苦労を話しました。
 交換したギルドカードには何百頭という狩猟記録が刻まれた相手に、そんなに苦労したのか。
 甥は話の合間合間に「本当に?」と聞いてきましたが、それは疑いではなく確認でありました。
 なんとなれば、彼が体験している事と自分の過去が似たものであったからでしょう。

 新しいモンスターが現れるたびに苦労をし、何百、いや何千回とキャンプに叩き帰され、
 でも自分は今こうして狩場に立っていて、日々の狩りも本当に楽しい。それをまず示し、伝えたいですね。
 それでその人に狩人として先に進む事への興味を持ってもらえれば、本当に嬉しい事だと思います。


と、質問への回答は以上となります。
脱線が多く、きちんとご所望のポイントへの回答となっているか甚だ不安なのですが・・・(滅)
もしまだ足りないところがありましたら、どうぞ遠慮なく仰ってくださいませ。

それでは、またいつでも気軽に声をおかけくださいませ^^
  1. 2009/12/21(月) 15:12:14 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/376-80f5a65d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。