老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

力を確かめる

ラームです(ぺこり)

先日発売になったtri-の公式ガイド、僻地の当方にもようやく入荷がなりまして入手する事が叶いました。
例によって凄まじい情報量と工夫された構成で重宝をしているのですが、ちょっと気になるところもありましたり。
それは(自分にとっては)重要な竜撃弾に関する記述です。

竜撃弾についての情報が見受けられるのは『固定ダメージ』に区分される攻撃手段をまとめてある箇所、
そしてボウガンの弾丸についての情報をまとめてある箇所ですが、
このうち前者における記述は特に誤解を招きやすい表記になっており、少々気になっているところです。

そこでは『固定ダメージ』をモンスターの肉質やハンターの攻撃力に影響を受けないものと記しており、
しかも竜撃弾の『威力』※をダメージ値としてそのまま掲載してしてあります。
(例:大タル爆弾=80、LV3竜撃弾=25)
これは竜撃弾をあまり使った事がない人が見た場合、ものすごく弱い攻撃に見える気がするのですが・・・。
発生攻撃回数も『固定ダメージ』ページでは記しておらず(拡散弾は表記してあります)、
竜撃撃ちとしてはちょっと見過ごす事ができない感じです。

※『威力』はあくまでダメージ計算の基本となる数値で、ダメージ値そのものではない


とはいえこの書は公式を謳うガイドブックであり、また正しい情報が多いのも確かです。
もしやすると自分こそが勘違いをしている可能性も。
威力の検証に関しても攻撃時に併発する火属性に弱く、体力が変動するドスジャギィに対して行なったものであり、
正確とは言い難いものがあります。
そこで竜撃弾の肉質無視ダメージがボウガンの攻撃力に左右されるか否か、
今回はそれをしっかりと調べてみる事にしました。

色々と考えてみた結果、村★5『火山の炎獣ウロコトル!』に現れるウロコトル、
彼らが今回の調査には適しているようでしたのでお付き合いを願う事にします。
このクエストに現れるウロコトルの体力は176(個体変動なし)、火属性ダメージを完全に無効化します。
また全体防御率は100%で算出されるダメージの減衰はありません。
これに『F:イビルマシーン/B:イビルマシーン/S:ポイズンギフト』の試験機でLV3竜撃弾を撃ち込みます。
もし竜撃弾が固定ダメージであるならば、176の体力を削りきるならば4発撃ち込まなければならないはずです。

結果として、2発でウロコトルは倒れました。
これだけでも十分竜撃弾の性質確認にはなりますが、
今回は更にこのボウガンに攻撃値の修正を加え、その影響も確かめてみます。

公式ガイドブックのダメージ計算式に依れば・・・


・試験機の基本攻撃力+力の護符&爪
 表示攻撃力:402=約167ダメージ

・試験機の基本攻撃力;+力の護符&爪+攻撃力UP【大】+鬼人薬グレート
 表示攻撃力:432=180ダメージ


試験機に攻撃力UP【大】と鬼人薬グレートの効果を合わせるとウロコトルは一撃で沈むはずです。

そして結果は予想通り、修正を追加した試験機ではウロコトルを一撃で倒す事が可能でした。


結論としてやはり竜撃弾の肉質無視ダメージはボウガンの攻撃力を基本としていますし、
修正によるダメージの増強もしっかりと見込めます。少なくともダメージ的には“弱い”攻撃ではありません。
公式ガイドでは拡散弾や徹甲榴弾とまとめられ、同じくダメージが固定された攻撃であるかのように表記されていますが、
そんな事はありませんです。

しかしどうも、公式ガイドの編者の中には竜撃弾を使った事がある方がいないような気がしてなりません。
ACLRでミッションの攻略に射突ブレードを強く推していた気概はどこにいったのか・・・(担当の方が違うでしょうが(笑)
ともあれまた一つ自分にとっては有益な証明を得る事ができましたので、有難いと言えば有難いです。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2009/12/05(土) 23:58:00|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<竜撃弾を撃つ(5)・反動のリスク軽減 | ホーム | 現と夢、二つの重弩>>

コメント

NIOHですね!

パルさん相手に、仁王でブチ貫くのですね!?
強大な敵を相手にして、真正面からブチ貫いてこそ『射突ブレードの美学』があります。
最近だと、全長数kmというバケモノを一撃で粉砕したのは、記憶に新しいトコロ!
しかし、LRはジナ姐さん・雷雲先生・バレットライフ息子・烏大人と、他にも厄介な相手が多いので、いまいちパルさんの存在感が‥‥


かの昔の攻略本を見ると、ハンドレールガンに『主兵装としての性能は十分あり』とか、ENマシのシルキーに『思った以上に使いやすい』などと書かれていたりしますし、やはり攻略本は参考程度にして、自分で確かめるのがベストかも知れませんね。無論、2つとも見事なまでの産廃武器です。

まだまだ、MH3の解明は始まったばかりです。長い目で見ていきましょう。(私はMHやってませんけど‥‥)
  1. 2009/12/06(日) 21:28:32 |
  2. URL |
  3. 蜍 #-
  4. [ 編集]

そのような書物がでていたとは・・・

ラームさん検証お疲れ様でした。

その記述ははいただけないですね><;
1ヒット目だけ固定ダメみたいな噂は以前に耳にしたことがありましたが、この検証結果は2ヒットとも武器倍率の影響ありと証明していますねw
ご苦労様です^^そして貴重な情報アリガトウゴザイマスm(__)mペコリ

25ダメージしか行かなければ俺の炎上ソロも海竜ソロも不可能でしたw
アグナに30発ほどかましてますけど相当なダメージソースですよ^-^

プッシュ!竜撃弾!プッシュ!!

火事場+2、不屈のLv3竜撃弾を編集者に食らわしてやる!!
  1. 2009/12/06(日) 22:24:43 |
  2. URL |
  3. ビズ #-
  4. [ 編集]

お返事>蜍さん、ビズさん

お二方様、いらっしゃいませー^^

--------------------------------------------------

>蜍さん

わはは、左様でございます(笑)
弱点を狙い撃ち抜くのではなく、真正面から突っ込んでブチ抜く。まさに射突ブレードの本懐ですな。
技術の粋を集めた巨大兵器が、極めて原始的な武器の一撃で沈むのも実に爽快です。
しかし確かにパルヴァライザーは少々存在感が薄い相手ではありましたね。
ま・・・アレより“ヒト”の方が色々と厄介なのは、それはそれで好きではありますが・・・(笑)

かのシリーズの攻略本を思い返してみれば、
確かに「ホントに使ってみたのかな?」と思うような記述はそこかしこにありましたですねぇ。
シルキーなんかは天地がひっくり返っても使いやすいとは思えませんな(滅)
仰るとおり攻略本などの情報はただうのみにするのではなく、自分で確かめてみる事が肝要ですね。

竜撃弾の事はともかくとして(笑)いよいよ公式の情報源も手に入り、
確かにtri-がより深く解き明かされていくのはこれからですね。
(けむり玉の有効な活用法なんかも、今になって発見されておりますし・・・)
お言葉どおり長い目で付き合いながら、色々な事を見出していきたいなと思います。

--------------------------------------------------

>ビズさん

多くのハンターが目にして参考にするであろう書であるのに、残念な事です。
実のところ自分はこれまでの運用で竜撃弾の威力が侮れないものである事を実感してもおりましたし、
公式ガイドにどう記されたところで困る事もありませんでした。
しかしながらこれを根拠として竜撃弾を撃つ人が減ったり、
あるいは非難を受けるような事があれば誠に迷惑千万な事だと思い、今回の検証を行う事にしたものです。
ビズさんにとっても何か参考になる事がありましたら幸いです。

竜撃弾は、その使いにくさに見合った破壊力を確かに持っている弾丸です。
“次”の公式ガイドでは編者の中に竜撃撃ちが紛れ込んで、その威力と魅力を記して欲しいものですな(笑)

--------------------------------------------------

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)

またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。それではどうぞ、これからも良い狩りないし幸運を!
  1. 2009/12/08(火) 14:07:28 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして 竹蔵と申します。
リンク踏んでるうちにお邪魔しました。

過去記事拝見しました
最近になって2ndGをはじめてしまったんですが
dosの頃との比較をされているところに
ものすごく共感しました

dosで行けなかった森丘って
すばらしいとこだよなー とか
最近肉焼かないなー とか思ってたんです

そしたら よろず焼き あったなー とか 
森丘の記事を読ませていただいて
すごく今の心境と一致したんで
ちょっとだけ記事にさせていただきました

もうちょっと森丘について書きたいことがあるんですが
お嫌でなければ、参考にさせてもらってよろしいでしょうか
  1. 2009/12/10(木) 00:53:05 |
  2. URL |
  3. 竹蔵 #-
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ!>竹蔵さん

いらっしゃいませ。初めまして(ぺこり)
当ブログの管理人、ラームと申します。

記事に共感を頂けたとの事、とても嬉しく思います。
モンハンのシステムは、新たな狩猟シーズンの到来ごとに便利になっていきますね。
ユーザーの声を取り入れて遊びやすくしてゆく事は良い事ですし、
自分たちもまたそれを活用してメインとなる『狩り』を大いに楽しんでおります。

しかしながら『狩り』の面白さというのは、モンスターと対峙するクエストのみにあるものではないのかもしれません。
肉をこがし、魚に餌を取られ、ファンゴやランポスに怯えながら少しずつ狩りと狩場を覚え、
自分の手の届くところを少しずつ広げてゆく。それを実感する事は確かな喜び、そして大きな楽しみでありました。
竹蔵さんが今よろず焼きセットや森丘に心を惹かれるのは、システムが便利になるにつれ少々薄くなってきている、
そういった感覚を大事に思われているからかもしれませんね。

マカライト鉱石を一個掘るために何回も森丘に出向いた日々。
それは確かに自分が今狩猟生活を楽しんでいる、その基盤になっているのだろうと思います。
森丘がそういった日々の積み重ねをあまり苦にさせず、楽しませてくれる素敵な雰囲気を持った場所であったのは、
自分にとって本当に幸いな事でありました。
(dos・P2シリーズの密林もそれに劣らず素敵なのですけれど、補正というやつです(笑)


森丘についてもう少し記されたい事がおありという事ですが、
当方の記事に参考になるものなどありましたら、どうぞ気がねなくお使いくださいませ。
道筋を辿って竹蔵さんの呟きを拝見しましたが、当方もまた共感するものを多く得ました。
森丘についての呟きも目にする時を楽しみにさせて頂きたいと思います。
(でも作成はどうぞ急がれずに、マイペースで進められてくださいませ^^)

今回は丁寧なご挨拶、そして忘れてはならないものを思い出させて頂くコメント、本当に有難うございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/12/10(木) 11:27:27 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

ありがとうございます

ラーム様 記事転用にあたり快諾いただき 心よりお礼申し上げます
更に 丁寧な返信をいただき ありがとうございます

頂いたコメント 何度も読み直しました
もう激しく同意です!! 胸が熱くなりました ホントですよ

dosでナズチと戦ってみたかったなー
ナズチの攻略記事に胸を膨らませて 砂漠のナナで挫折した私は
特に森丘にあこがれを持っていました
森丘の苦労を知らないからかもしれませんね

おっと ここに書いてしまうと 書く事がなくなってしまいますので(^^;
お言葉に甘えて早速記事を書きました
ラーム様の記事に比べて 激しく劣化していますが
なにとぞご容赦の程 お願い致します m(_ _)m

  1. 2009/12/10(木) 22:49:56 |
  2. URL |
  3. 竹蔵 #-
  4. [ 編集]

望郷>竹蔵さん

再度いらっしゃいませー^^
少しお返事が遅くなってしまいました、申し訳ありません;

森丘の記事二編、拝見致しました。
読み進めるにしたがって一生懸命にあの地を走り回っていた頃を思い出して、こちらも胸が熱くなるのを感じました。
劣化なんてとんでもないですよー。本当に良いものを見させて頂いたと思っております。

エリアごとの思い出、良いですねぇ。
思えば自分も一つ一つのエリアに色んな思い出を持っています。


卵を持って断崖を降りる途中でレウスに見つかり、
パニックになった末に何を思ったか卵を持ったままレウスに向かってジャンプしたあの時。

満を持して取り出した閃光玉を手にしたまま、背後に迫ったランゴスタの一刺しで痺れ崩れる我が分身。
こちらに向き直ったレイアの眼光に絶望したあの時。


思い出の大半はその当時「ムキー!」となっていたものだったりするのですが、
今振り返ってみると良い思い出だと思えるから不思議です(笑)

しばらくの間、自分は森丘が遠い地で思い出を重ねる事になりそうですが、
竹蔵さんの森丘での思い出はこれからまだまだ増えていくのでしょうね。偽りなく、少なからず羨ましく思います。
これからもどうぞ「とりあえず、モンハン一回」の日々の中で、素敵な思い出を繋げていってくださいませ。
自分も竹蔵さんに負けないよう、めいっぱい楽しみつつ日々の狩りに励んで参ります(笑)


今回もコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを!
  1. 2009/12/14(月) 12:45:27 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/374-e6ec0a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。