老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現と夢、二つの重弩

ラームです(ぺこり)

自分がtri-で使用するボウガンはストレート・ミドル区分のものが多いです。
『トート・ギフト』『火烏』のようにコードネームを付けて愛用しているものをはじめ、
相手に合わせてボウガンを組む時も概ねストレート・ミドルになるように組み上げておりました。
ストレート・ミドルの軽快な運用性を以て不慣れな狩場に馴染もうとした判断は間違っていなかったと思いますし、
またこれからも長く付き合っていけそうな奥の深さを確かに感じています。

しかしモンスターの動きにもそれなりに慣れてきた近頃は、
やはりかつて最も馴染んでいた中折れ式のヘビィボウガンも使いたいな・・・と思うようになってきていました。
そんなわけで我ながら腰の落ち着かぬ事だとは思いますが(笑)、
ガンパーツも大部分が揃った今、自分が納得のできるヘビィボウガンを組んでみる事に。

今回はその試行の結果生まれた一挺と、
おまけに「こんなのがあれば楽しいな」と密かに思い描いているガンパーツ群の仕様書を併せて記して参ります。




・ヘビィボウガン【大峯】(たいほう)

『大峯』

系統:セパレート・ヘビィ
本体:ヘビィボウガン
銃身:峯山大砲
銃床:ポイズンギフト

『大峯』性能(1)
『大峯』性能(2)

異常属性弾によって狩猟対象の戦力を低下せしめる“搦め手”と、
汎用性に優れるLV2通常弾を用いた堅実な攻勢を以て狩猟を達成に導く重弩である。

武器重量、そしてセパレートフレーム独特の構造の複雑さによって機動力は良好とは言い難いが、
砂海の主たる峯山龍の素材を用いたバレルパーツを設計に組み込んだその打撃力は水準以上である。
また射程距離や発射弾の直進力、反動軽減性能に関しても安定しており、本体性能にクセが無い。
攻勢に用いる弾種は基本的にLV2通常弾一種と選択肢が狭いが、
これには選択肢を敢えて絞る事で射手の行動判断の迅速化を図る狙いがある。
実際に高い汎用性を持つLV2通常弾の10連装填は様々な状況への対応力に優れており、非常に運用しやすい。

異常属性弾の運用に関しても優秀で、特に毒弾・睡眠弾に関してはLV1・LV2の両対応となっている。
これにより運用に慣れぬ射手が数発外したとしても弾数によるカバーが可能であり、
狙撃の熟練者であれば更に複数回の異常化、同行者主導の異常化のサポートと運用の幅を広げられるはずである。

また以上のように堅実な性能を持つ本機であるが、
さらに“奥の手”としてLV3貫通弾・LV2竜撃弾・減気弾・滅龍弾も実用的な装填数での運用が可能となっている。
使用者の判断力と技量次第ではさらに強力な攻撃力を発揮する、奥の深さも兼ね備えているのである。

その扱いに慣れぬ者には手綱を引きやすい良馬であり、
扱いに熟練した者には猛々しい悍馬としての一面をも見せる。
銃手にとって、まことに付き合い甲斐のある一挺と言えるのではないだろうか。




コードネームに関しては、今回は単純に(笑)目立つ素材の主と武器種から付けております。

上で記した通り実に扱いやすい銃でありながら、また使い方を状況に応じて考える楽しみもあるという、
自分にとっては面白いヘビィボウガンに組み上がりました。

外観も並列銃身式のショットガンを思わせるフォルムで気に入っておりますね。
峯山バレルはサイズが個性的なので他シリーズのストックと繋げるのが自分の基準では難しいのですが、
性能面でもバレルを良くカバーしているヘビィフレームが頑張ってくれました。

性能・外観、いずれも好みのものに仕上がったセパレート・ヘビィ『大峯』。
併用スキルも色々と考えが湧いてきておりますし、他の竜撃銃共々運用を練磨していくのが非常に楽しみです。


さて、お次はラーム考案の「こんなのが欲しい」ガンパーツ群へ。
こちらは『大峯』と違って想像の産物でございますので、それを踏まえた上でご覧を頂ければ幸いです。



・火竜砲【零火】(れいか)

陸の女王と畏怖される雌火竜、リオレイアの戦闘力を再現する事を目指して設計されたボウガンパーツシリーズ。
緻密な計算によって配された雌火竜素材により機能美と隠密性を兼ね備えた外観を有する。


<バレル>

 『火竜砲改』において採用された連装式回転銃身を改良、
 雌火竜の甲殻と良質な鉱石を用いていかなる強烈な発射衝撃にも耐えられるようにしたバレルパーツ。
 LV1竜撃弾速射の実現を最優先し、その他の性能を全て切り捨てた特化型銃身である。
 工房間の規格協定により一応全ての弾丸を発射できるようになっているものの、
 接合部位の特異な設計のためにフレームの弾丸装填数に著しい悪影響を与え、
 また弾道のブレ修正に関しても考慮されていない。

 【カタログスペック】
  攻撃:108
  会心:0%
  装飾:なし
  重量:30
  距離:0.40
  弾曲:弱増加
  特殊:LV1竜撃弾速射(2連射)・・・初撃(連射数+1発動時は次撃も)反動中、終撃反動大

 ・装填数UP
  竜撃:1/0/0


<フレーム>

 竜撃弾速射の強烈な衝撃に耐えられるよう、耐火性能と本体強度の追求に設計主眼が置かれたフレームパーツ。
 その本体強度故に最高クラスの性能を持つ装薬の使用が可能であり、
 射出される弾丸に高い攻撃性能を与える事が可能である。
 ただし余裕のない設計のために装填可能弾種、及びその装填数は非常に限られたものとなっている。

 【カタログスペック】
  攻撃:216(最終)
  装飾:なし
  会心:0%
  重量:25
  距離:1.20
  装填:やや遅い
  反動:中
  弾曲:なし

 ・装填数UP
  通常:3/2/1
  貫通:0/1/0
  散弾:0/0/2
  榴弾:0/1/0
  拡散:0/0/1
  竜撃:0/0/1
  回復:2/0
  毒弾:2/0
  硬化:0/1
  火炎:1
  斬裂:2
  捕獲:2
  着色:2


<ストック>

 同シリーズ最大の特徴である、竜撃弾速射の反動を軽減する事に主眼を置いて設計されたストックパーツ。
 入念に計算された重心と重量が、強烈な連続反動をも射手が転倒せずに済むまでに軽減する。
 しかしその特殊な設計構造は通常攻撃弾の運用には悪影響を与えており、今後のさらなる改良が望まれている。

 【カタログスペック】
  会心:-10%
  装飾:1
  重量:30
  装填:上昇なし
  反動:軽減中
  特殊:防+10

 ・装填数UP
  通常:1/2/2
  貫通:0/1/0
  散弾:0/0/2
  榴弾:0/2/0
  拡散:1/1/0
  毒弾:1/2
  鬼人:1/0
  火炎:2
  斬裂:1


<シリーズ総合>

 【カタログスペック】
  攻撃:324
  会心:-10%
  装飾:1
  重量:85(ヘビィ)
  距離:0.48
  装填:やや遅い
  反動:小
  弾曲:左右/小
  特殊:LV1竜撃弾速射/防+10

 ・装填数
  通常:4/4/3
  貫通:0/2/0
  散弾:0/0/4
  榴弾:0/3/0
  拡散:1/1/1
  竜撃:1/0/1
  回復:2/0
  毒弾:3/2
  硬化:0/1
  鬼人:1/0
  火炎:3
  斬裂:3
  捕獲:2
  着色:2



うむ、実に微妙な性能でございますな(爆)
とにかく竜撃弾速射を最大のウリとして、弾種にレイアらしさが出るようにデザインをしたつもりです。
竜撃弾速射は爆装系速射の常として威力が減衰しないはずなので、かなり強力なはず。
連射数+1のスキルがないと3連ブレスになりませんが・・・(笑)
しかしこのパーツ群は単品として他に使えるのだろうか・・・うーん。

ともあれ久々の「こんなのがあったらいいな」を考えてみるのは実に楽しかったです。
tri-ではまだ武具の“隙間”があちこちにありますし、時にはこういう感じで好きにそれを埋めるように考えてみるのも、
狩りの合間の遊びとして良いのではないかなと思います。皆様もぜひぜひ(笑)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを!^^
  1. 2009/11/29(日) 20:30:00|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<力を確かめる | ホーム | 竜撃弾を撃つ(4)・発射準備時間のリスク軽減>>

コメント

もうすぐだ

こんにちは~

まだネット環境が繋がっていないので、もう少しモガで村長と酒を交わしたり、アイル―達と土にまみれたりのんびりな日々になりそうです

雌火竜砲なぜ無いW
自分が欲しいパーツは
ブナハ&オルタロスで
インジェとかいいなぁと思っております。
次回に期待しますW

無事街に辿り着いた時にはまた突撃ラッパを…(笑)

ではでは街(村)の片隅より
  1. 2009/11/30(月) 12:08:43 |
  2. URL |
  3. KIYO #-
  4. [ 編集]

歩いて楽しむ、考えて楽しむ>KIYOさん

いらっしゃいませー^^

ロックラックへの道は未だ復旧せず、ですか・・・。
でも確かにこれをむしろ幸いとして、モガの村での狩猟生活を満喫するのも良いかもしれません。
素材や報酬金は砂塵の街での狩猟に比べれば物足りないかもしれませんが、
じっくりと腰を据えて行動できるモガの村でこそ存分に楽しめる、狩りの妙味が確かにあると思います。
路が再び拓かれる日もそう遠くはないのでしょうし、ここはゆるりと孤島での狩猟生活を楽しまれてくださいませ(笑)

おお、なるほど・・・そういえば虫銃が今回はありませんでしたね。
安価かつサポートの手が広いガンパーツとして、ぜひともシリーズが欲しいところです。
ブナハ素材がベースならば色合いも素敵な感じのものができそうですね。
個人的には回復のLV1・2が併用できるといいなあ、とか・・・。
他にもガンパーツの素材となっていないモンスターはたくさんおりますし、
次があるのならば、いっそうtri-ガンナーたちの楽しみと歩きようが広がっていきそうな感じがします。
うむ、実に楽しみですっ。

今回はコメントを頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
またいつでも気軽に声をおかけくださいませ。そしてどうぞ、これからも良い狩りを^^

またお二人とご一緒する時に備えて、角笛の腕もしっかり磨いておきますぞ(笑)
  1. 2009/12/01(火) 18:35:56 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/373-4d0644ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。