老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竜撃弾を撃つ(1):竜撃弾の威力

ラームです(ぺこり)

運用を始めて三ヵ月少々、そろそろ竜撃弾について少しずつ記して参ります。
もちろんまだまだ練磨が必要な所ではありますが、ここに折々の所感や考察を記していく事で現状を見直したり、
新たな発想を得られる事を期待して筆を進めていこうと思います。
物事を系統立てて記す事が元より不得手でもあり、何かと思い違いや書き損じなどあるかもしれませんが、
ある一人のガンナーが竜撃弾の運用を試みた記録に興味がおありの皆様は、お付き合いを頂ければ幸いです。


第一回の今回は、竜撃弾の威力について。




黒き雛より親鳥へ。

この地方の弩砲によって運用される『竜撃弾』は予想通り、恐るべき攻撃威力を持つものである。
大型モンスターにとって防御の要となる鱗・甲殻ごと圧し破るその破壊力には目を見張るものがあり、
対人用としては費用の面から言ってもいささか大仰に過ぎる威力であるものの、
攻城戦における城門の破壊、敵陣の防柵突破などに有用ではないかと考えられる・・・・・・


 -某国の機密暗号文書より-




竜撃弾の攻撃特性は、武器攻撃力に依存する肉質を無視するダメージです。
簡単に言うならば、大タル爆弾を目の前で爆発させているようなものだと考えて頂いて結構だと思います。
似たような攻撃特性を持つ弾丸には徹甲榴弾と拡散弾がありますが、
これらの爆発の攻撃力は武器の攻撃力の値に関わらず固定となっている点が異なります。

まず前述の徹甲榴弾と拡散弾による肉質無視ダメージを確認してみましょう。


 LV1徹甲榴弾・・・20
 LV2徹甲榴弾・・・30
 LV3徹甲榴弾・・・40



 LV1拡散弾・・・25×3=75
 LV2拡散弾・・・25×4=100
 LV3拡散弾・・・25×5=125



拡散弾がダメージ面では徹甲榴弾を大きくリードしています。
ですが拡散弾は文字通り目標に当たった後に子爆弾が拡散する性質を持つため、
最大ダメージを与える事ができるかどうかは目標の動きや着弾のタイミング次第でやや不安定なところがありますね。

では次に竜撃弾の肉質無視ダメージを確認します。
竜撃弾の場合は武器攻撃力でダメージが左右されますので、
ここでは架空の二挺の試験機を設定して算出・比較を行ないます。
なお、ダメージの算出方式はdosに準拠、小数点以下は切り捨てて計算するものとします。
(※tri-においては正確な算出式ではない可能性があります)


 ・試験機1:攻撃力312(『火烏』と同等の攻撃力)

  LV1竜撃弾・・・46×2=92
  LV2竜撃弾・・・52×2=104
  LV3竜撃弾・・・65×2=130



 ・試験機2:攻撃力384

  LV1竜撃弾・・・57×2=114
  LV2竜撃弾・・・64×2=128
  LV3竜撃弾・・・80×2=160



こうして見るとやはり相当に強力な攻撃である事が分かります。
上位では標準的といえる攻撃力の試験機1でもLV1竜撃弾のダメージは大タル爆弾一個分(80)を上回っており、
試験機2でLV3竜撃弾を撃ち込んだ場合は大タル爆弾G一個分(150)を凌ぐダメージを与える事が可能です。
拡散弾と同じく複数ヒットの攻撃ですが、こちらはほぼ密着して発射する事が前提であり、
必然的に2ヒット爆域内に目標を捉える事となるために(命中すれば)ほぼ毎回最大ダメージを与える事ができるでしょう。
実際に運用していても命中時にモンスターを怯ませる事が多く、
売りである攻撃威力に関してはまず及第点をつけても良いのではないかと思います。


ここまでで、弾丸の基本となる攻撃威力に関してはひとまずの確認が取れました。
この後はこれをふまえつつ竜撃弾の長所と短所を考え、
それらから導き出される竜撃弾の運用法を探っていこうと思います。


参考資料:『MH3@Wiki』(数値資料。公式ではないため正確ではない可能性があります)



さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2009/11/09(月) 19:04:59|
  2. 竜撃弾を撃つ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クラコン・ブートキャンプ | ホーム | 霞と奇面>>

コメント

吼える弾丸

お邪魔します。

実は興味はありつつも、殆ど竜撃弾を運用した事が無かったりするのですが・・
先日の竜撃銃2丁のクエストに支援手として随伴させていただいたて、しっかり勉強させて頂きました。
こちらの記事もしっかりと読ませてもらって、ラームさんの隣でいつの日か竜撃弾を撃ってみたいと、密かに目論むフクロウであります。

ではまた狩り場で・・
  1. 2009/11/09(月) 22:44:00 |
  2. URL |
  3. フクロウ #-
  4. [ 編集]

火を吹く鳥達>フクロウさん

いらっしゃいませー^^

お、フクロウさんも竜撃弾に興味をお持ちでしたか。これは嬉しい(笑)
竜撃弾はちょっと扱いにくいところもありますが、それ故使い手に中々尽きぬ楽しみを感じさせる弾丸でもありますね。
これから自分なりに竜撃弾について諸々の事を記して参りますが、
その中でもし琴線に触れられる部分がありましたらどうぞ遠慮なく取り込み、
それをぜひフクロウさん流に育ててみてくださいませ。もしそれが叶う事があったら、自分は最高に嬉しく思います。
(自分もまたフクロウさんたちの「在りよう」を常に学び、ハンターとしての自分を育てていこうと思っています)

それでは蒼羽の梟と黒羽の烏。二羽が竜撃弾を並び撃つ日を楽しみにしつつ・・・(ぺこり)

これからもどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/11/10(火) 16:11:51 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/366-01270b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。